・鈴木かつよし(エッセイスト)

転勤族のパパとママに贈る“西”と“東”の常識集

転勤族のパパとママに贈る“西”と“東”の常識集

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。コラムニストの鈴木かつよしです。

筆者は東京の出身ですが22歳で就職と同時に兵庫県の神戸市に赴任しました。

それからは山形県の山形市や栃木県の那須塩原市など、38歳で東京に戻ってくるまで東西の数か所に移り住んだ経験を持つ元・転勤族です。

全ての土地に単身で赴任した経験から申しますと、できることならママやお子さんたちにもパパと一緒にいろんな土地の文化と親しんでいただけたらいいなと思います。

ただ、その際ですが、知っておいた方がいい「西日本」と「東日本」の“常識の違い”というものがあるのも事実です。今回はそんなお話しをさせていただこうかと思います。

28890296784_d17f7af5e2_z (1)

阪神地区に「きつねそば」や「たぬきうどん」は無い

社会人になった自分がはじめて暮らした西日本の街・神戸では、お蕎麦屋さんに入って「きつねそば」を注文しても「お兄さん、そんなのは無いよ」と笑われました。

同様に「たぬきうどん」もありません。あとで分かったことですが、神戸や大阪といった阪神地方では東京で言う「きつねうどん」のことを『きつね』の一言で表し、東京で言う「きつねそば」のことを『たぬき』の一言で表していたのです。

東京で言う「たぬき○○」に該当する“天かすがのったそば・うどん”はそもそもお蕎麦屋さんのメニューには無いのが一般的で、これでは何の予備知識もなく赴任した筆者のような者が困惑するのも無理のないことでした。

この例だけではなく、“食べ物”は西日本と東日本の違いを際立たせる分野です。

代表的な例としては次のようなものを挙げることができます。
・東京では人気のおでんダネ「ちくわぶ」は西日本ではあまり知られていない
・お正月に食べるお餅、東日本では四角いのが一般的だが西日本では丸いのが普通
・雛あられは東日本では砂糖でコーティングした甘い米菓子。西日本では丸いお煎餅。
・長ネギは東日本では白ネギが一般的だが西日本では青ネギが普通
・すき焼きは東日本では「鍋物」だが西日本では砂糖をまぶして焼く「焼肉」

文化や生活習慣の違いは慣れるしかない!

食べ物の違いは東日本と西日本で大きく違うものがありますが、ただ今どきは自分の出身地の食べ物が食べたいと思えばネット通販もありますし、どうにだってなる時代になりました。

それよりも文化や生活習慣の違いの方が実際に生活するうえでは重要で、これはもう慣れるしかないことばっかりだとも言えます。例えば以下のようなことです。
・電源周波数が東日本は50Hzだが西日本は60Hz
・エスカレーターの追い越し車線、東京は右側で大阪は左側
・東日本では雪かきに使う大型の掘削用具がスコップで小型のがシャベル、西日本では逆
・某大手ハンバーガーチェーンの呼び方、東日本は「マック」、西日本は「マクド」
・東日本ではポリタンクの色が赤、西日本では青

「人」の“気質”の違いがいちばん興味深い

さて、ここまで東と西の食べ物や慣習の違いについて見てきましたが、筆者がいちばん興味を持っていることは東日本と西日本の「人」の“気質”の違いです。

みなさんは“朝ドラ”をみていて、東京局制作のドラマと大阪局制作のドラマとでは“随分と趣きが違うなあ”と思ったことはありませんか?

筆者はこの点について次のようなことを感じています。
・大阪局制作のドラマは姑が嫁を苛めるが東京局制作のドラマでそれはあまり見られない
・大阪局制作のドラマは子役の子どもたちの演技が“わざとらしい”が東京のは“自然体”


いかがでしょうか。

これは「いい」とか「わるい」とかの問題ではなくて、“その方がその地域ではウケがよくなるのでマーケティング戦略としてそういった手法を採用する”という話しです。なので筆者から何かしらの「価値判断」をすることはいたしません。

気質の違いということでは、これも筆者の印象ですが
・東日本は個人主義的、西日本は集団主義的
・東の人は落ち着いた色づかいを好み、西の人は比較的派手な色づかいを好む
・東の芸人は自分からはけっして笑わないが、西の芸人は身内のネタで自分がゲラゲラ笑う
などの特徴が挙げられるかと思います。

いずれにしても「郷に入っては郷に従え」です。何かの縁で赴くことになった土地での暮らしを満喫するには、その土地での“常識”をいったん丸ごと受け入れて、楽しんでしまうのが近道ではないかと思います。

●参考文献  『東日本と西日本』大野晋・宮本常一著、洋泉社MC新書(2006年)

●ライター/鈴木かつよし(エッセイスト)

ライター紹介

鈴木かつよし(エッセイスト)

鈴木かつよし(エッセイスト)

慶大在学中の1982年に雑誌『朝日ジャーナル』に書き下ろした、エッセイ『卒業』でデビュー。政府系政策銀行勤務、医療福祉大学職員、健康食品販売会社経営を経て、2011年頃よりエッセイ執筆を活動の中心に据える。WHO憲章によれば、「健康」は単に病気が存在しないことではなく、完全な肉体的・精神的・社会的福祉の状態であると定義されています。そういった「真に健康な」状態をいかにして保ちながら働き、生活していくかを自身の人生経験を踏まえながらお話ししてまいります。2014年1月『親父へ』で、「つたえたい心の手紙」エッセイ賞受賞。

ライター紹介

神山みき

神山みき

はじめまして! 1児の男の子ママです★ 「ママになっても活躍したい!」という思いから現在、親子でモデルの活動をしています! 子育ての疑問や悩みを皆さんと一緒に共有して、子育てライフを楽しみたいです! よろしくお願いします♡♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る