自分好きの柄で!抱っこひものよだれカバーの作り方

こんにちは!

わくわくすることが大好きな、ママライターのmikkaです。

小さなお子さんを連れてのお出かけには、欠かすことのできない抱っこひも。

家事の最中には、抱っこひもを使って、おんぶをしながら洗濯物を干したり、洗い物をしたり。

抱っこひもの中でないと、お昼寝をしてくれないなんていう赤ちゃんもいるかもしれません。

そんな子育てママの味方である抱っこひもですが、肩紐のベルト部分がちょうどお子さんの舐めやすい位置にあって、よだれで汚れるのが心配じゃありませんか

多くのママたちが、肩紐によだれカバーを着けて使しているかと思うのですが、これがまた意外と高いんですよね。

そこで、手作りしようと材料を揃えてみたら、とても簡単に作ることができたので、ご紹介したいと思います。

mikka1 (3)

よだれカバーの材料

mikka2 (2)

・ガーゼ生地(表地)×2枚
・ガーゼ生地(裏地)×2枚
※表地と同じ生地を使用しても大丈夫です。
※わかりやすいように写真は変えていますが、実際は裏表同じ生地で作りました。
・古いフェイスタオル(芯地)×2枚
・マジックテープ×2枚
※スナップボタンの場合は、3個ずつくらい用意してください。
・A5サイズの紙
※A4コピー用紙を半分に折って使います。

もちろん手縫いでも作れますが、ミシンだと短時間で簡単に仕上がります。

チャコペンやハサミ、まち針などは、適宜必要に応じて道具を用意してください。

よだれカバーの作り方

①好きな柄や、お好みの素材の生地を用意します。

今回は、吸水性の高いダブルガーゼの生地を用意しました。

A5サイズの紙を生地にあて、チャコペンなどでしるしをつけていきます。

mikka3 (2)

②しるしに沿って裁断したら、今度は、縫い代分として外側から1~2㎝の部分にしるしをつけます。

③布地すべてを同様に裁断し、縫い代分のしるしをつけます。

④布地を中表にして、まち針で留めていきます。

mikka4 (2)

※表地→裏地→芯地の順番に重ねていきます。

⑤真ん中あたりに、返し口を5~6cmほど残して、ミシンで縫い合わせます。

⑥厚みがあるので、ひっくり返す前に角を落としておくと、きれいに返せます。

mikka5 (2)

⑦返し口からひっくり返して表にし、アイロンをかける。
※かけなくても問題ないですが、かけたほうが仕上がりは、きれいでした。

mikka6 (2)

⑧表側からステッチをかけ、返し口も縫い合わせます。

mikka7 (2)

⑨抱っこひもに巻き付け、幅を確認し、マジックテープの位置を決めます。

⑩マジックテープを縫い付けて完成!

mikka8 (2)

※アイロンで接着するタイプもありますが、直接縫い付けるほうが丈夫です。

mikka9 (2)

いかがだったでしょうか。

最大のポイントは、サイズを測らなくても、A5の用紙をあてるだけで生地をカットできるというところです。

今回は、エルゴベビー用の抱っこひもカバーを作製しました。

お手持ちの抱っこひもによっては、サイズの調整が必要かもしれませんので、裁断前にサイズの確認をお願いします。

頻繁に洗い替えするために、いくつか欲しいなと思ったのがきっかけですが、お気に入りの生地を使うことで愛着も沸きますし、手作りならではの温かみが出ます。

オリジナルのよだれカバーを使って、ぜひおしゃれも楽しんでくださいね。