・桜井涼(メンタルケア心理士)

歯磨き嫌い!親も知るべき子の歯磨き方法

歯磨き嫌い!親も知るべき子の歯磨き方法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。メンタルケア心理士の桜井涼です。

歯磨きって、幼児の時にちょっとでも痛い思いをしてしまうと、嫌がって歯を磨きたがらなくなってしまうことがあります。

痛いことってやっぱり嫌なものだと認識してしまいがちなので、「やだ!やらない!」なんてことになってしまいがちです。

今回は、子どもに歯磨きを仕掛ける方法を紹介したいと思います。

32675410435_76912a5c2a_z (1)

なぜ、歯磨きが嫌になってしまうの?

歯磨きが嫌いになってしまう理由の大半は、『痛さ』です。

子どもの口の中を見るとお分かりになると思いますが、歯より歯茎の方が広めです。

そのため、歯を磨いている時に歯ブラシが歯茎をこすってしまうことがあります。これが意外と痛いんです。

くちびると歯茎をつないでいる『小帯』と呼ばれる部分に歯ブラシなどの固い物が当たると、飛び上がってしまうくらいの痛さを感じる子もいます。

お母さんの膝枕で歯磨きをしていたとしても、早く終わらせようとするがために、力が入りすぎてしまうこともあり、やはり痛みに繋がってしまうのです。

歯磨きテクニックと歯磨きスキンシップ

歯磨きを嫌がるので、お菓子やテレビやスマホのゲームなど気をそらして歯磨きをさっとしているという話を聞くことがありますが、痛くしないことと、スキンシップを組み合わせると歯磨きを成功させることができます。

歯磨きテクニックを使う時は、お休みで時間があるときに行うようにすると慌てることがないのでうまくいきます。

無理強いすることは歯磨き嫌いをさらに嫌いにさせてしまいますので、その点には注意しましょう。

【歯磨きテクニック】

・小帯に歯ブラシがあたらないように指でガードする
・歯は歯ブラシで、歯茎は濡らしたガーゼなどで拭く
・歯ブラシをこまめに優しく動かして、磨いている状態を手鏡で見せる

使う歯ブラシの目安は、ブラシ部分が子どもの前歯2本分です。

それ以上の幅が長いと、当たる部分が多くなり、痛い思いをさせてしまうことになります。

歯ブラシを購入するところから一緒にやってみましょう。

【歯磨きスキンシップ】

子どもに「歯磨きをしよう」と言っても「やだ!」という返事しか返ってこないことがあります。

このような時は、怒ってしまうのは逆効果です。スキンシップをしながらやる方が習慣づけにもなります。

・子どもを抱きながら「なぜ歯磨きをしたくないのか」を聞いてみる
・お母さんの歯磨きを子どもにさせてみる(歯磨きごっこ:親と子が逆転してみる)
・スモールステップで進む(できたらハグやほおずりなどのスキンシップをする)
例:口を開ける→お母さんに歯を見せる→歯を1本だけ触らせる→濡れたガーゼで歯を拭かせる→歯を1本だけ磨く→部分的(前歯だけなど)に磨く→全部磨く

怒ってしまう気持ちをスキンシップに変えたら、子どもの態度も変わってきます。

親に構われることが大好きですから徐々にできるようになっていきます。


歯磨きって、いったん嫌ってしまったら小学校に上がっても嫌がってやらなくなってしまいます

ですから、なるべく小さいうちに嫌いを克服して、習慣づけができるようにしたいものですよね。

忙しいとイライラから怒ってしまいますよね。これは逆効果になりますので、最初は時間のあるときをスタートにしましょう。そこから徐々に進めていきます。

たいていは、スタートさせたら一気に「全部磨ける」まで到達します。(途中で叱りや、無理強いをしないことがポイントです)

笑いながら楽しんで「歯磨きイヤ!」に対処していきましょう。

【参考書籍】
ほめるとき、叱るとき、諭すとき、最強の子育て思考法
著:和田秀樹

ライター紹介

桜井涼

桜井涼

新潟県佐渡島出身。親が転勤族だったため、幼少期より引越し・転校を多数経験しました。母親が病弱だったこともあり、「地球が滅亡しても生きていける!」と呼ばれている父の元、家事からサバイバルまでを様々経験してきました(そのワザが震災時に大活躍!)。4人兄弟の長として奮闘してきましたが、現在は、2児の母をしています。妊娠中と出産のハプニングを乗り越え、今はフリーライターとして活動中です!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る