陣痛きたけど歩いて帰宅!?私の”まさか”をまとめてみました

2017.11.07

こんにちはライターのいるみです。
今回は私が第1子妊娠中に体験した仰天エピソードを紹介します!

いるみ(1) (1)
いるみ(2) (1)
いるみ(3) (1)
いるみ(4) (1)
いるみ(5)
いるみ(6)
いるみ(7)
いるみ(8)
いるみ(9)
いるみ(10)
いるみ(11)
いるみ(12)
いるみ(13)

ということがあったんですよ……。懐かしい。(遠い目)

『歩いて帰りなさい。』と助言くださった看護婦さんはその産院で一番ベテランの看護婦長さんだったので、きっとこの看護師さんが言うことは正しいはず!!(今思えば安易すぎ)

と思い歩いて帰宅したのですが、これがもの凄いきつかった!!

陣痛の波が不規則に来て、でも歩いて帰らなきゃならないので立ち止まりながら頑張って帰りました。

その後、その話を他の看護婦さんに話したら、爆笑され、入院中だけでなく2人目出産で入院した時までそのことを看護師さんにいじられました。

なにが正解かわからないことが多い出産体験ですが今思えば歩いて帰ったことによって陣痛が進み、スムーズなお産が出来たので看護師長さんには感謝しています! 

と、その時何事もなかったからいい話風に出来ていますが出産はうまいことばかりではないので帰宅中に破水したり、倒れてしまったら大変なことになるのでリスキーなことは避け、母体第1で行動した方がいいですよね!



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ