夫婦関係

知っておいたほうがいい?「主人?」「夫?」「旦那さん?」配偶者の正しい呼び方

知っておいたほうがいい?「主人?」「夫?」「旦那さん?」配偶者の正しい呼び方

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

皆さんこんにちは。ライターのあしださきです。

この前ふと知人と会話をしていて思ったことがあります。

ママ同士の話題の中には、自分の子どもの話が8割。他だとよく出るのが『自分の配偶者ネタ』です。

その方は、「うちの旦那は○○で~。」のような形で自分の配偶者の話をしてくれるのですが、私の個人的意見としては「旦那」という呼び方は1番「ないな」と思う呼び方なんですね。

28774490820_8d316eaae5_z (1)

なぜなら”旦那”は脳内で”ダンナ”という変換が行われ、どうしても時代劇に出てくる悪代官と越後屋が暗い屋敷の中で悪巧みをしている姿が想像できてしまうからなんです。

「○○ですぜ、ダンナ。」「そちも悪よのう。ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ。」

一度想像し始めたら面白くて、絶対自分は”旦那”と呼ぶことができなくなってしまいました。

テレビに出てくるママタレントさんはその配偶者も有名人であることが多く、トーク番組等ではよくご自分の配偶者の事をネタにしているのを見かけますよね。

例)
鈴木奈々さん 「旦那さん」
北斗晶さん 「パパ」もしくは「健介」
藤本美貴さん 「旦那さん」
山口もえさん 「パパさん」(オフィシャルブログより)
福田萌さん 「パパ」(オフィシャルブログより)、「夫」

など、「旦那さん」「パパ」という呼び方に市民権があるように感じます。

確かに、子どもがいると家での呼び方に「パパ」や「お父さん」が多くなるのは便宜上よくあることかもしれません。

だって子どもに話す時と呼び方をいちいち変えるのって面倒ですから。

しかし、家の外で他人と話をするときはやはりそれ用の”よそゆき”な言い方を大人なので準備しておきたいと思いませんか?

『夫婦関係調査2011』(リクルートブライダル総研調べ)において、以下のような結果が出ているのでご紹介したいと思います。

他人に話すときの配偶者の呼び方を男性、女性別に調べたところ、

男性の1位は『嫁・嫁さん』
2位が『名前』
3位が『家内』

だったそうです。

一方女性は1位『旦那・旦那さん』
2位が『主人』
3位が『お父さん・パパ・お父ちゃん』

という結果になりました。

特に女性側の『配偶者の呼び方』については賛否両論、様々な意見があるということが調査していて分かりました。

「旦那さん」という呼び方はダントツ不人気

自分の配偶者を「旦那さん」と呼ぶママタレは嫌い。頭が悪い印象を与えるし、何となく甘ったれていて、ノロケ話をしているときに多く聞くから。(30代 2児の母)』

結婚したての頃はどう呼んだらいいか分からずに使ってしまっていたが、姑に「人様に自分の配偶者を旦那さんと呼ぶのはみっともないからやめなさい」と言われ以来「夫」が正しい呼び方と認識している。(20代 1歳の男の子のママ)』

「さん」付けしているところが不自然である。(30代 3歳男の子のママ)』

よく分からないが、聞くとイラっとする。(40代 3児のママ)』

”旦那”は乱暴な言い方?!

「うちの旦那が~」と言うと決まって悪口が始まる(30代 2児のママ)』

とにかく下品で乱暴に感じる言葉。(30代 1年生と年少の兄弟のママ)』

「旦那」というと、お店の主人がお得意さんに向かって使う、自らを謙った呼びかけというイメージ。(40代 小学3年生の女の子のママ)』

『主人』は自分を下げて夫を持ち上げているイメージ

「主人」は何となく主従関係を連想する言葉だから嫌いです。(20代 0歳児のママ)』

メイドじゃありませんから。そういう呼び方はちょっとな。(20代 未婚会社員)』

自分大人っていう感じで憧れる。恥ずかしいからまだ使えない。(30代 2児のママ)』

このように言葉の与える印象は人によって差があるものの、上記した3つの呼び方はマイナスイメージにつながるものが多いと感じました。

では、なんと呼べば正解なのでしょうか?

これがわからないと困ってしまうのです。

辞書で調べたところ、婚姻関係にある相手を呼ぶ呼び名としては「夫」が載っています。

因みに女性を呼ぶときは「妻」で良いそう。

それならこれを一般に広く浸透させてみたいなという野望が芽生えてきました。

テレビで影響力のあるママタレさんで、好感度抜群な人にぜひ「夫」呼びを広める活動のリーダーになってもらいたいものです。

例えば私の大好きな女優さんでママとしても有名芸能人の妻としてもその活躍が注目されている方……

それは木村佳乃さんです。しかし、今現在メディアなどでご主人の事をお話されている時は「うちの主人が……」とお話されています。

イメージなので実際にはわかりませんが、木村佳乃さんが「主人」と呼ぶのはやはりご主人を立てて自分より高い位置に置くよう意識的にそう呼んでいるのではないかという気がしてしまいます。

あまり悪いイメージにならないのも木村さんの人柄なんでしょね。しかし「夫」呼びを広める活動はまだまだ遠い道のりです。

せめてブログを書いているママタレントの皆さん!

世間の声、もう少し拾ってみませんか?

このまま「旦那さん」呼びしていると、好感度が下がって仕事が減ってしまうかもしれませんよ。ご注意あれ!


いかがでしたか?

このテーマは日々いろんな場面で家族の話をする機会の多いママにとっては興味のあるものであったと思います。

自分は何て呼んでいたかしら?その呼び名に世間的風当たりがきつかったとしたら、今が変えるチャンスかもしれませんね。

出典/リクルート ブライダル総研 『夫婦関係調査2011』
   http://bridal-souken.net/research_news/files/soukenRN_110907.pdf

   

ライター紹介

あしださき

あしださき

3人の子育てに奮闘中の母。大学では経済学を専攻し、インテリアコーディネーターの資格は29歳の時に取得した。大学在学中からモデルの仕事を始め、結婚、出産、育児を経験。第一子との親子共演CMを最後に活動を休止。特に印象的だった仕事は、NIKEの広告モデル。才能に溢れる多くの人に出会い、クリエイティブな世界に魅了された。活動はCM、化粧品広告、スポーツメーカー広告を多く経験。ファッション、ヘアメイク、インテリア、子育ての経験、さまざま織り交ぜながら、読んで楽しく役に立つコラムを連載していきたい。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る