産後の体

出産後のぽっこりお腹を戻すのに適切な時期と方法

出産後のぽっこりお腹を戻すのに適切な時期と方法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、1歳の息子の母であり5か月目の妊婦でもある金融ライターの齋藤惠です。

産後ダイエットというと、さまざまな情報やノウハウがネットに出回っていますが、果たしていつ・どのように始めるのがもっともベストなのでしょうか?

今回はそんな疑問にお答えすべく、専門書から産後ダイエットについてまとめてみます。

もちろん、個人差がありますので、参考程度にご覧ください。

29480896046_2c72289341_z (1)

産後すぐに本格的なダイエットをはじめていいの?

医学博士の本田由佳氏は著著で、産後すぐの激しいダイエットに警鐘を鳴らしています。

急なダイエットを行っても水分や筋肉しか減らず肝心の体脂肪はすぐには落ちないそうで、健康的に痩せることはできないどころか髪・肌・爪などにダメージを与えてしまうことがあるそうです。

本田氏いわく、「産後のダイエットは1か月に1キロダウンくらいのペースが理想」とのこと。

ただでさえ育児は体力が必要なので、無理なダイエットによって体調を崩しては健康的な美しさを取り戻すことはできません。

産後すぐにダイエットに取り組むという高い意識を持つのは良いことですが、最初からストイックにならずに少しずつ産後の身体をダイエットに慣らしていくよう心がけましょう。

妊娠前の体重に戻したい!

梶田了氏(ライフ快療院院長・かじた式骨盤矯正スクール主宰)の著書によると、体重を戻すときのポイントは大きく3つあるそうです。

1、筋力を動かす

2、食事のコントロール

3、睡眠時間を確保する

これら3つをすべて完璧にこなそうというのは、産後のママにとって不可能なことです。

しかし、筋力アップならラジオ体操から始めてみる、食事ならタンパク質、ビタミン、ミネラルなどをどこか1回の食事で最低限摂取することで1日トータルでの栄養バランスアップを目指す、睡眠なら子どもの寝ているときにもっと積極的にとる(省略して支障ない家事はどんどん省く!)といった小さな工夫を日々積み重ねていくことで、数か月後の体質や体調に大きな変化が表れるはずなのです。

専用の補助ベルトで骨盤矯正からはじめるのもおすすめ!

産婦人科医として有名な宋美玄氏が著書で推薦している産後のセルフケアの中に、補助ベルトを使うという方法があります。

産後ダイエットに大切な骨盤などの回復に効果的なのだそうです。

骨盤が整うことで体重や体型も戻りやすくなるので、運動や生活改善が難しいママにはとくにおすすめですね。

健康的な生活習慣と専門の道具を使うことによって、無理せず自分に合ったダイエットを継続してみてください!

参考書籍:
・『ママと赤ちゃんにやさしい産前・産後のボディケアとビューティーメゾット』本田由佳
・『30歳からの産後骨盤ケア セルフエクササイズと日常生活のアドバイス』梶田了
・『産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK』宋美玄

ライター紹介

齋藤惠

齋藤惠

2015年8月から執筆活動を開始。専業主婦として家事と子育てが生活のメイン。合間にのんびりとコラムを書く毎日。金融機関に勤めていたことから金融知識や社会保障についての執筆・取材依頼が多い。他にも恋愛、結婚、育児、旅行など執筆ジャンルは多岐にわたる。

ライター紹介

神山みき(れんくん)

神山みき(れんくん)

はじめまして!1児の男の子ママです★「ママになっても活躍したい!」という思いから現在、親子でモデルの活動をしています!子育ての疑問や悩みを皆さんと一緒に共有して、子育てライフを楽しみたいです!よろしくお願いします♡♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る