DIY

面倒くさい洗い物も頑張れる!?洗濯機まわりのおしゃれDIY収納術3選

面倒くさい洗い物も頑張れる!?洗濯機まわりのおしゃれDIY収納術3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。フリーママライターの横山かおりです。

冬は洗濯物がなかなか乾かなくて困ってしまいますよね。

ただでさえ洗濯機まわりは収納が少ないのに、なんだか余計ゴチャっとしてしまいがち。もう少しどうにかスッキリする方法があれば…!

そこで今回はDIYで洗濯機まわりをスッキリさせたインスタグラマー3名にお話を伺ってみました。どんな収納方法を実現させてくれたのでしょうか!?

フックと棚の設置で簡単DIY

木目で統一されたおしゃれな洗濯機まわり。もともとある棚に加え、下のほうに小さめの棚と壁にかけられるようフックを取りつけたそうです。

大幅に場所を取ることもなく、簡単なDIYで収納場所をおしゃれに増やせていますね。こちらを投稿されたAyumiさん(https://www.instagram.com/ayu__maman/?hl=ja )に洗濯機まわりのこだわりを伺ってみると、

「お掃除がしやすいよう、かけられるものはかけています。色も散らからないように、カラフルなパッケージのものは見えないように収納しています。」

ということ。

英字の紙袋の中にカラフルなものを隠してしまうことで、色や雰囲気を統一させおしゃれに見せることができます。DIYだけでなく、細かなところもマネしたいポイントですね。

原状回復必須の賃貸DIY

ナチュラルな雰囲気で統一されたおしゃれなサニタリールーム。

洗濯機まわりだけではなく、洗面台もステキです。こちらを投稿されたMegumiさん(https://www.instagram.com/megumi7965/?hl=ja )にDIYについて伺ってみると、

「タオルや洗剤は取り出しやすさを重視したので『見せる収納』が必須でした。そして賃貸なので原状回復も必須。色々考慮しディアウォールで棚を作りました。とにかく取りやすく、片付けやすく、多くのものを置かない、ということを意識してみました。」

ということです。

ちなみにディアウォールとは壁などを傷つけずに簡単DIYができる人気のアイテムです。これなら賃貸住宅に住んでいる人も安心して使うことができます。
(参考:https://www.wakaisangyo.co.jp/diawall/

ただ棚を作るのではなく、取りやすくて片付けやすいなどの実用性をしっかりと考慮して作られた棚。見せる収納でとてもスッキリされています。

あまったスペースを上手に活用したDIY

洗濯機置き場の下のほうって使えそうで使えない微妙なスペースが余っていませんか?

なんとそこに板を置くだけで新しい収納スペースを作ってしまったそう!

気づきそうで気づかなかったそのアイデア、排水ホースも隠れておしゃれに見え、一石二鳥のようです!

こちらを投稿されたerika.sさん(https://www.instagram.com/eri417k/?hl=ja)に洗濯機まわりのDIYについて伺ってみると、

「洗濯機まわりに収納が全然なかったので、収納棚やフックなどを取りつけて使い勝手をよくしました。賃貸の暗い洗面所なので、壁にベニヤを貼って白くペイントし、明るい雰囲気になるように仕上げました!」

ということです。

賃貸で直接壁に色を塗ることはできないので、ベニヤを貼ってからペイントしたんですね!

見た目も明るく、収納も使いやすいように改良され、ステキなスペースに仕上がっています。

むやみやたらに収納棚を増やすのではなく、あくまで自分が使いやすいようなDIYをしていきたいですね。

最近ではDIY初心者や賃貸住宅に住む人でも使えるアイテムがたくさん販売されています。洗濯機まわりの収納にお悩みの人は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ライター紹介

横山かおり

横山かおり

一男一女、二児の母です。子どもが寝た後に執筆作業に取り組んでいるフリーママライターの横山かおりです。独身時代はモデルをしており、「いつまでも自慢できるきれいなママ」を目指して日々奮闘中。趣味は料理、映画鑑賞、食べること、ダイエット。調理師免許アリ。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る