離婚はただの経験値?バツイチ女性がうまく行くわけ

離婚はただの経験値。なぜバツイチ女性の方が婚活でうまくいくのか?

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

婚活市場の優等生、サクッと数か月でお相手を見つけて卒業していく方は離婚経験者が多いというのは婚活業界の共通認識です。ご存知でしたか?

もちろん、離婚経験者のすべてがモテるわけではありませんよ。浪費癖、DV、働かない、実家依存などの原因で離婚してそこを本人が自覚して改善する気がないなら厳しい。

本人が「相手が100%悪いんです!私は被害者」という場合も再婚は難しいかもしれません。かりに過去の配偶者を100%悪く言う離婚経験者に会ったなら「そんなことあるかな?なぜ結婚したの?」と疑いたくなりますよね。

とはいえそんな身勝手な方はごく一部で多くの離婚経験者は普通の方。なぜバツイチの方が婚活がうまくいくのかをご説明させていただきます。

28774476270_b2177b33c2_z (1)

(1)出会い方や結婚に非現実的な夢やあこがれがない

一番はこれでしょう。私のところにご相談にくる方は9割が未婚者です。

「自然に出会いたいです」「運命の人に出会うのを待っていました」といって婚活サービスを使うのをかたくなに拒み、気がつけば30代という方が多い。

受け身で心は10代の乙女のままの幼いおばさんなのです。

どんなサービスを使っても出会える人、出会いえない人はいますし出会ってしまえばそれは恋愛結婚なのに。

(2)結婚する相手として理想を描いている

また相手の男性に対して自分を棚に上げて未婚者は外見やスペックで選びがち。

「生理的に受け付けない。この人と手をつなげない」「軽自動車の男とは付き合えない」など。

ですが結婚したことがある方なら分かりますよね。不細工だから離婚するわけでもないし、安い車だから離婚するわけではない。

離婚原因になりやすいのは、年収より金銭感覚、外見より性格です。

幸せな結婚生活とは関係ないところで足踏みをする未婚者も経験していないから憧れや夢が大きくなりすぎて、仕方がないといえばそうなのですが、離婚を経験している方は譲ってもいい条件が明確。

過去の経験から自分が幸せな生活をするために必要な条件が明確なのでお相手選びが順調なのです。

(3)腰が低い。選んでいただくという姿勢

バツイチが優秀なのは立ち位置をわきまえているから

結婚となれば家族も絡んできますし中には「離婚経験者はダメ」という方もいます。

そして、「離婚経験者でもいい」という人はいても「離婚経験者がいい」と積極的に離婚経験者を選ぶ方がいるわけでもありません。

そういう人がいることを承知したうえで自分のターゲットも明確。「一度離婚を経験している私を選んでくれた」と男女とも腰が低いのです。

自称普通の30代未婚者が自分と向き合わず上から目線で「向こうから誘ってくるなら会ってやってもいい」みたいな姿勢でいる間に、バツイチの方々はサクッと婚活を卒業していきます。


再婚する人は男性の方が割合が多く、離婚を経験した女性で再婚するのは4割程度のようです。

「もう結婚はこりごり!」ならいいのですが「離婚したしもう私は結婚ムリだわ」と自信がない方は婚活の場に出ていってみませんか?

思っているよりはスムーズだと思います。

再婚応援プランがある婚活パーティーやマッチングサイトもありますね。ミクシィグループが運営するユーブライドというマッチングサイトは4人に1にが再婚希望者のようです。

●モデル/リキヤ・福永桃子

ライター紹介

菊乃

菊乃

女性向けエッセイ執筆、セミナー講師。私生活は子なしオタク夫婦。28歳まで女らしいことを全くせず、手抜きを個性と勘違いしていたが、「このままだと一生独りかも」と気が付き、女磨きをスタート。モテ期突入、彼氏ができるその過程をブログで公開したところ、具体的で面白いと人気になり本を出版する。2011年に独立し、執筆活動を行う。著書に『なぜか愛される女がしている73の習慣』(双葉社)など他4冊。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡