読書嫌いを克服する! 図書館を使った子どもを本好きにさせるコツ

こんにちは。子育て支援を専門にする臨床心理士の今井千鶴子です。

秋といえば、“読書の秋”ですね。

「お子さんと読書を楽しみたい!」と考えているママもいるのではないでしょうか。

今回は、読書を楽しむうえで図書館を上手に活用するアイデアをご紹介します!

29447214842_e376c2773a_z (1)

図書館に行った回数

皆さんは普段どのくらい図書館に行っていますか?私は子どもたちと月に2回ほど図書館を利用しています。

日本経済研究所(2005)では、1ヶ月の間に地域の図書館に行った回数を調査しています。

それによると、小学生の約半数は、1ヶ月の間に1度も図書館に行っていないことがわかりました(小学校2年生:47.2%、小学校5年生:58.3%)。

また、日本経済研究所の調査では、1ヶ月の間に本を読まなかった人を対象にその理由を尋ねています。

その結果、小学2年生の本を読まなかった理由のトップは、「読みたい本がないから(46.2%)」であることがわかりました。

私は、本を読まないのはてっきり“本が嫌いだから”だと思っていたので、“読みたい本がないから”という理由に驚きました。

この調査からわかることは、子どもは読みたい本があれば本を読むということです。

ぜひ、お子さんが読みたいと思える一冊を一緒に探してみましょう!

なんといっても蔵書の数が魅力

読みたい本を探すために本屋さんに行くのももちろんオススメなのですが、図書館の魅力は何といってもその蔵書の数です。

例えば、一口に動物に関する本といっても、赤ちゃんが対象のイラストのみが描かれた本から専門家が読む本まで、さまざまな種類の本が置かれています。

ですから、お子さんの好みにあったお気に入りの一冊が見つかる可能性が高いです。

普段なかなか本を読まないお子さんなら、まずはたくさんの蔵書の中から、お子さんがどの本を選ぶかを(口を挟まずに)じっくり観察してください。

5冊くらい選んでもらえば、お子さんの好みはだいたいわかると思います。

ちなみにわが子の場合は、恐竜や動物、昆虫がテーマの本ばかりを選びます。

また、なぜか自宅にある図鑑の旧版(中身はほとんど同じ)も借りようとします。私からみると「同じでしょ?」と思うのですが、旧版と新版の違いを見比べたり、旧版に自分の知っていることが紹介されたりしているのが楽しいようです(笑)。

そして、お子さんの好みの本がわかったら、同じ系統の本を定期的に自宅の本棚へ加えておくとよいでしょう。そうすれば、本を読み機会が増えていきます。

くれぐれも注意したいのは、本を読んでほしいからと言って、本を読みなさい!」と強制してしまうことによって“本嫌い”にしてしまうことです。

多くのお子さんは強制されればされるほど本を読むのを嫌がるようになるのは、教科書に載っている小説などに興味を持てない子が多いことからもわかります。

シリーズの本に注目する

本によっては、シリーズ化されているものもあります。シリーズ本のよさは、1冊気に入ると、全シリーズ読んでみたくなることです。

シリーズ化されている本の裏表紙にはたいてい別のシリーズの本が紹介されていますので、一緒に眺めてみましょう。

わが子の場合は、「次はこれを読みたい!!」と必ず言うので、次に行く時はそれを優先的に借りるようにしています。次に図書館に行って借りるのを楽しみに待っています。

また、お気に入りの作家さんがいるなら、全作読んでみるのも楽しいです。

たとえば、ある絵本に登場したキャラクターが、同じ作家さんの別の絵本に脇役で登場することがあります。また、人気の絵本だと、脇役たちのスピンオフのお話もあったりするなど、より楽しめるようになっているものもあります。

子どもは自分の知っていることを“発見”するのが大好きです。少しでも知っていることがあると親近感がわき、もっともっと好きになっていくことが多いです。

このようなワクワクや喜びの経験を重ねることによって、子どもはどんどん本が好きになっていきます。

他の子が本に親しむ様子を見ることができる

図書館には地域でも指よりの本好き親子が集まってきます。

お子さんだけで食い入るように本を読んでいる光景も珍しくありません。

実はこのモデルになる親子を“みる”体験が大切なのです。言葉であれこれ伝えなくても、本が大好きな親子の行動を見るだけで、“本を読むのは楽しいことだ”ということが伝わりやすくなるからです。

ただ、そうはいっても、本が嫌いなお子さんの場合は図書館に誘っても行きたがらないことがあるかもしれません。

そのような場合は、無理やり連れて行っても逆効果です。お子さんが行きたがらない時は、「(ママが)図書館で借りたい本があるからついてきてもらえる?」などと軽く誘ってみましょう。

そして、子どもの本が置いてあるコーナーにさりげなく立ち寄ってみてください。お子さんの反応を見て、もし興味がありそうなら本を借りてみましょう。

また、図書館の帰りに、お子さんが喜ぶご褒美を用意してみるのもオススメです。

初めのうちは「図書館に行くと嬉しいことがある」というように、図書館の経験にプラスのご褒美をそえてみるのもよいと思っています(永遠にご褒美が必要なわけではありません。本が好きになってくれば、特別なご褒美を用意しなくても、図書館で本を借りること自体がご褒美になっていきます)。

我が家の場合は、家族で休日に図書館に行った帰りは、子どもたちが大好きな“うどん屋さん”に行くことが定番になっています(笑)。

本が苦手なお子さんには、まずは“きっかけ”を作って行くことが大切だと思います。


いかがでしたか?今回は、読書を楽しむうえで図書館を上手に活用するアイデアをご紹介しました。

お互いに読書の秋を楽しみましょう!

参考リンク
財団法人日本経済研究所(2005) 親と子の読書活動等に関する調査 平成16年度文部科学省委託事業 図書館の情報拠点化に関する調査研究
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/tosho/houkoku/05111601/001.pdf

ライター紹介

今井千鶴子

今井千鶴子

短大卒業後、一般企業に就職。退職後、オーストラリアの小学校にてボランティアの日本語教師アシスタントを経験。オーストラリア滞在中に臨床心理学に興味を抱き、帰国後大学進学を決意。一念発起で受験勉強をし、25歳で早稲田大学人間科学部に入学。その後2007年に臨床心理士、2009年に博士学位を取得する。専門は認知行動療法。現在は「楽しく子育て」をモットーにいくじ(育児・育自)に関するサポートを行っている。また、勉強への興味が乏しかった幼少期の経験をもとに、子どもたちが「楽しみながら学ぶ」ための活動も展開中。2児の母。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡