運動

子どもの運動能力を鍛えるのは親!?幼少期から意識的な運動機会を

子どもの運動能力を鍛えるのは親!?幼少期から意識的な運動機会を

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

皆さんこんにちは。ママライターのあしださきです。

「運動の秋」と言われるように、秋は外で身体を動かすにはちょうどいい季節です。

2017年10月9日は体育の日でしたね。

毎年この体育の日前後にスポーツ庁が全国で行っている運動能力調査によりますと、6歳から19歳の青少年の運動能力を長期的に調査したデータに基づいて「問題である」と指摘されている項目に「握力」があるというのをご存じでしょうか?

1023monあしださき

過去の調査において体力水準が高かった昭和60年頃と比較すると、「握力」「走能力」「跳能力」「投能力」項目において現在も依然として低い水準になっているということです。

子どもの運動能力低下の原因については文部科学省も以下のように指摘しています。
(以下抜粋)

・国民の意識の中で子どもの外遊びやスポーツの重要性を軽視し、子どもに積極的に運動をさせなくなった
・子どもを取り巻く環境が便利になり日常的に体を動かす機会が減少した
・スポーツをする時間・仲間・空間が減少した
・発達段階に応じた指導ができる指導者が減少した
・子どもの生活環境の乱れ

では、握力が特に問題視されるのはどうしてでしょうか。

考えられる要因をいくつか挙げてみましょう。

①握力はスポーツ全般の基礎に役立つから

小学校の体育で必ず行う「鉄棒」や「跳び箱」、「マット運動」において、「握力」がないことでこれらの運動に支障をきたすことがあるからだと考えます。

またどのスポーツにおいても基礎の部分に握力が関わってくるからというのも一因であると思います。

②大きな怪我を防ぐ

握力がないと、転んだ時にとっさに体を支えられず大きな怪我につながってしまうことがあります。

各都道府県での取り組み

こうした子どもの握力低下に対し各都道府県でも独自に改善策に取り組み、子どもの運動能力低下に歯止めをかけようという動きが出てきています。

筆者の子どもたちの小学校では、市の働きかけにより「おうちでムキムキチャレンジ」という取り組みを夏休みなどに行っています。

具体的にやることは
・雑巾絞り
・おうちの人の肩を揉む
・お風呂の中でグー・パー運動

というメニューを毎日行うというものでしたが、始めたばかりの頃は「肩もみ」がとても疲れると言ってすぐにへこたれてしまうので全然コリに効かず、くすぐったくて気持ちが悪かったのを覚えています。

それが夏休みの後半になると徐々に長い時間肩を揉む力がついてきて、ムキムキチャレンジ効果を親も実感できたのが良かったです。

幼少期からの取り組みを考える必要性

小学校に入ると毎年スポーツテストが行われ、また日常的に体育の授業があるため運動の機会は増えていきます。

その時点で運動能力が劣っていると指摘されると、「運動苦手」という意識から、ますますスポーツから遠ざかってしまう懸念があると思いませんか?

ですから、就学前のお子さんたちには親が意識的に体を動かす機会を与えてあげることが必要なのではないかと考えます。

また、例に挙げた「ムキムキチャレンジ」のようなことは日常生活のスキマ時間に簡単にできることですよね。

子どもに肩を揉んでもらったり、掃除するときに子どもに雑巾を絞らせてみること。これだったらいつでも、今日から始められる小さな一歩です。

この積み重ねが握力の強化に繋がり、その後の子どもの運動能力向上に役立つということが期待できると思います。

「この子は私に似て運動神経が悪くて……。」とおっしゃる前に、おうちでもできる「握力」強化をコツコツと!

それが将来の運動能力に繋がる第一歩かもしれません。

参照/スポーツ庁 平成28年度体力・運動調査結果の概要及び報告書について
体力・運動能力の年次推移の傾向(青少年)
http://www.mext.go.jp/prev_sports/comp/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2017/10/10/1396897-2.pdf
文部科学省 中央教育審議会資料 子どもの体力の低下の原因
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/gijiroku/attach/1344534.htm

ライター/あしださき

ライター紹介

あしださき

あしださき

3人の子育てに奮闘中の母。大学では経済学を専攻し、インテリアコーディネーターの資格は29歳の時に取得した。大学在学中からモデルの仕事を始め、結婚、出産、育児を経験。第一子との親子共演CMを最後に活動を休止。特に印象的だった仕事は、NIKEの広告モデル。才能に溢れる多くの人に出会い、クリエイティブな世界に魅了された。活動はCM、化粧品広告、スポーツメーカー広告を多く経験。ファッション、ヘアメイク、インテリア、子育ての経験、さまざま織り交ぜながら、読んで楽しく役に立つコラムを連載していきたい。

ライター紹介

倉本麻貴

倉本麻貴

毎日の子育てを明るく元気に楽しんでいます!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る