いますぐマネしたい!「どこいった!?」にならない冷蔵庫収納術

こんにちは。フリーママライターの横山かおりです。

突然ですが、冷蔵庫の中に入っているもの、把握できていますか?

「あ、これ賞味期限過ぎている!」なんてもの、たまに見つけていませんか?

冷蔵庫の収納を見やすく管理しやすくしておけば、そんなこともなくなるはず。

今回は収納上手なインスタグラマー3名に、冷蔵庫収納のポイントについて伺ってみました。これを見ればすぐにでもマネしたくなるはず!

◎容器を使いわけて、見やすく管理

IMG_7176
出典:https://www.instagram.com/p/BZzu0yCBp3q/?hl=ja&taken-by=__mh.yumi_

なんてスッキリしていてうつくしい冷蔵庫! すべてが専用ケースの中に収まっていて、ケースにはラベルシールが貼ってあるのでとてもわかりやすい。

こちらを投稿されたYUMIさん(https://www.instagram.com/__mh.yumi_/?hl=ja)によると

「夫や子どもでもどこに何があるかわかるようにしておく。そして消費しやすくしておく、というのがポイントです。」

とのこと。
たしかにこれなら誰が開けてもどこに何があるかわかりやすい。ケースも中身がある程度見えるようになっているので、食品の管理がしやすそうですね。

使いやすい冷蔵庫はムダなゴミも出さないようにしてくれます。探す手間が省ければ電気代の節約にもつながります。

冷蔵庫をきれいにすると、いいことばかりですね!

◎冷蔵庫のスペースを余すことなく使う

IMG_7178
出典:https://www.instagram.com/p/BZ2HOd2D_rE/?hl=ja&taken-by=itdm.ho

冷蔵庫の扉をあけて、こんなにきれいなドアポケットが見えたらつい見惚れてしまいそう。

うつくしさの秘訣は統一された調味料ボトルでしょうか。すべて同じ容器に入れて並べ、倒れがちなマヨネーズ類も専用のホルダーに収納。

こちらを投稿されたいitdm.hoさん(https://www.instagram.com/itdm.ho/?hl=ja)はドアポケットだけでなく、冷蔵庫収納についてこんな風におっしゃっていました。

「収納のポイントは『奥行きを埋めること』です。何も考えずに冷蔵庫にモノを詰めていくと、どんどん奥のものが忘れられがちに。奥行きのあるトレイを使って収納することで、見やすく使いやすいだけでなく、冷蔵庫の掃除も楽になりますよ。」

奥のほうにあるモノって存在感がなくなりうっかり賞味期限切れになりやすいですよね。それをなくすためにも、容器は奥行きのあるものを使用しているそうです。

冷蔵庫もドアポケットも、スペースを上手に利用されていますね!

◎野菜室も仕切りボックスを使用

IMG_7179
出典:https://www.instagram.com/p/BZ_Qhz8F-0_/?hl=ja&taken-by=maru_home_

野菜室も見やすく管理しやすい仕切りBOXを使用されているmaruさん(https://www.instagram.com/maru_home_/?hl=ja)。

残りの野菜や使いかけの野菜なども一目でわかります。買い物に行く前にもチェックしやすいですね。

なんとmaruさんの冷蔵庫もこのケースで収納されていました!冷蔵庫収納のポイントを伺ったところ、

「のりの佃煮や鮭フレークなど、朝食セットなどにしてボックスにまとめています。他にはドレッシングやポン酢などの調味料ボックス、乳製品ボックスなどです。二重に買い物したり、買い忘れたりすることも防げますよ。」

とのこと。
食品別でボックスをわけるのもいいですが、「朝食用」など用途別にわけるのもいいですね。忙しい朝もポンとボックスを出すだけで準備できそうです。


冷蔵庫収納を上手にするためには、容器やボックスを使って見やすくわかりやすく管理するのが良いようです。

冷蔵庫をスッキリさせれば、毎回開けるのが楽しみになるかもしれませんね。

ライター紹介

横山かおり

横山かおり

一男一女、二児の母です。子どもが寝た後に執筆作業に取り組んでいるフリーママライターの横山かおりです。独身時代はモデルをしており、「いつまでも自慢できるきれいなママ」を目指して日々奮闘中。趣味は料理、映画鑑賞、食べること、ダイエット。調理師免許アリ。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡