ストレス解消!育児の合間に観てほっこりできる映画3選

こんにちは、波乱万丈系フリーライターのサクです。

独身時代は洋画を好み、映画館へ足しげく通っていたのですが、産後はDVDレンタルを待つか、テレビ放映を心待ちにしています。

でも、乳幼児を抱えるうちは、落ち着いてテレビも観られませんよね。

そこで今回は、チャンネル権がまわってこないママのためにも、DVD化されているほっこり映画についてまとめてみました。

1019サク

(1)ターミナル

スティーブン・スピルバーグ監督作品。主演はトム・ハンクス。

2004年公開作品なので、やや懐かし映画に分類されるでしょうか。

祖国がクーデターによって無くなってしまい、パスポートも無効になってしまったがために、空港ターミナルから出られなくなってしまった主人公。

言葉も通じないため、事情を説明するにも困難を極めます。なにより、彼には絶対に果たさねばならない約束があるのですが……。

「トラブル空港に住み着くことになるんだけど、出会うひとたちとのやりとりとか、深まる絆が心をあっためてくれて、日頃の疲れが癒されるよ。約束がどうなるのかもしっかり観てほしい」(主婦歴6年・30代2児の母)

およそ2時間ほどのストーリーなので、寝かしつけ後にいかがでしょうか。

(2)アメリ

筆者おすすめほっこり映画は、何と言ってもアメリです。主演はオドレイ・トトゥ。日本でもヒットしたフランス映画ですので、ご存知の方も多いかもしれません。

フランス・パリの日常を独特のアングルからのカメラワークで演出。日常を描いているのに、非日常を味わうという不思議な感覚が病みつきになります。

アメリは人付き合いが少し苦手で、空想癖のある変わった女性。だけど、他人をハッピーにする才能がありました。

ひょんなことから探偵ごっこをはじめるのですが、最中に出会った人たちとの関わりのなかで、自分の幸せについて考えるようになります。

そんな彼女が見つける答えとは。

アメリを視聴するときは、心地よく、どこかノスタルジックな音楽も注目してください。

(3)こま撮りえいが こまねこ

ものづくりが大好きな猫の女の子こまちゃんと、一緒に暮らすおじい、メカいじりが得意なラジボーや、内気ないぬ子。彼女たちが繰り広げるのは、壮大なストーリーではなく、誰もが大切にしていたはずの毎日。

NHKのキャラクター、どーもくんの制作スタッフが集結し、1コマずつ人形を動かして撮影した「こま撮り」の映画です。

こまちゃんをはじめとした、各キャラクターデザインの愛らしさだけでなく、セリフがないからこそ心揺さぶられる、感性で観る作品とも言えます。

「サクさんのおすすめからハマりました。好きなものに打ち込む楽しさや、純粋に何かを信じることって、オトナになるといつの間にかできなくなっていて。こまねこはそうした、人間の素の一面を思い出させてくれる。観るたび気がつくと泣いてます(笑)。きっと心のデトックスをしているんだと思います」(主婦歴3年・20代1児の母)


毎日あっという間に過ぎてしまい、ひと息つく暇もない。

そんなときこそ、周囲の目を気にせず、泣いたり笑ったりして気分転換しましょうね。

参照:
こまねこ http://komaneko.com/
ターミナル DTSスペシャル・エディション [DVD] 角川書店 (映像)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0002U8NPM/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_5433zbRZKY6GT
アメリ [Blu-ray] ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
https://www.amazon.co.jp/dp/B003UTHU92/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_l633zbTBWYPGG

ライター紹介

サク

サク

フリーランスのライター、コラムニストのアラサー。6歳と0歳児のオカン。子連れ再婚したため、我が家はステップファミリー。長子は自閉症スペクトラムの診断を受け、療育に通っています。毎日が勉強と発見。大変だねと言われるけれど、過去が波乱万丈な日々だったので、いまの方が平和。美容、育児、IT、アニメ、漫画が好物。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡