結婚前の同棲は普通!? 同棲によってわかることとは?

こんにちは。臨床心理士の今井千鶴子です。

皆さんは、結婚前の“同棲”に対してどんなイメージがありますか?

今回はいくつかの調査結果と私の経験をもとに同棲について考えます。

28439927914_254558cbd5_z (1)

結婚前に同棲している割合とその理由

第一生命経済研究所の調査(2006)によると、結婚前に同棲したことがある人は、12.5%でした。

また、同棲した理由として最も多くあげられたのは、「好きだからとにかく一緒にいたいと思った(41.7%)」というものでした。

また、2番目に多かった回答は「なんとなく、成り行きで(13.5%)」というものです。

この結果からは、同棲をする時は“情熱”だけでなく“タイミング”も1つのポイントといえそうです。

実際に私の場合も、夫が住んでいたアパートが大学から近かったことや、いつも一緒にいたかったことから、大学学部生にも関わらず、ついつい同棲を始めてしまったという経由があります。

ただ、お互いに社会人を経験してからの同棲生活でしたので、結婚を意識したものでもありました。

今思うと、結婚してからの生活がスムーズなのは、同棲の時にお互いを理解できたところが大きかったと思います。

同棲によってわかったこと

明治生命生活福祉研究所(2009)では、「結婚前に同居してわかったこと」について調査しています。

それによると、「相手の生活スタイル」がわかったとする回答が最も多いものでした。

また、相手の性格や価値観、我慢しなければならないポイントがわかったとする意見も多くみられました。

確かに、一緒に住むことによって、互いに都合のよい時のみ会っていただけでは気づきにくい相手の性格や価値観がみえやすくなると思います。

離婚をしたい理由としてよくあげられるのは“性格の不一致”だといわれますが、明治生命生活福祉研究所(2009)の調査結果をふまえると、同棲することでそれらの問題を回避することが期待できそうです。

さらに、第一生命経済研究所の調査(2006)では、「同棲経験が結婚への自信につながった」とする回答が多くみられました。また、同棲することで「家族に近い親愛の気持ちが生まれた」「結婚への迷いがなくなった」とする回答もありました。

同棲することによって、相手の生活スタイルや性格・価値観等を十分に知り得たことが、結婚への自信につながったものと思われます。

同棲によって結婚のストレスが軽減される可能性

古典的なストレス研究では、結婚のように喜ばしいはずのライフイベントもストレスをもたらすことがわかっています(たとえ喜ばしいはずの出来事であっても、新しい環境に慣れるまではパワーがいりますし、ストレスがかかるということです)。

そのような点から考えると、同棲していればパートナーとの生活には慣れているので、結婚へのストレスは少なくなるといえそうです。

ただ、その反面、同棲後の結婚の場合は結婚後に一緒に住む場合に比べて、新婚生活におけるトキメキは感じにくくなるかもしれません。笑

ある研究では、恋愛時のような気分の高揚が続くのは、長くても3年程度とも言われていますが、一緒に暮らすことによってその期限が早まるかもしれません…。

また、結婚前の同棲に対して世間帯が悪いと考える方がいるのも事実です。

同棲生活が結婚生活に与える影響

土肥(1999)によると、恋愛中のカップルは“男らしさ・女らしさ”といわれる性役割にしたがった行動が増えるといわれます。

このデータから考えられることは、同棲中に“食事を作る”、“掃除をする”などの家事パターンを女の人が自主的に行っている可能性が高いということです。

この生活スタイルは、“結婚”という区切りがあったとしても急に変更することは難しく、結婚後も続いていく可能性があります。

ですから、もし、結婚を意識して同棲をしていて、結婚後は家事を分担したいと考えているなら、同棲の時から家事などを均等にシェアすることも重要だと思います。


いかがでしたか?

今回はさまざまな調査結果をもとに同棲について考えてみました。

何かの参考になったら嬉しいです!

参考リンク
「同棲とプロポーズに関するアンケート調査」 第一生命経済研究所
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/news/news0604.pdf
「第5回 結婚・出産に関する調査」明治安田生活福祉研究所
http://www.myilw.co.jp/research/report/pdf/myilw_report_2009_02.pdf
参考文献
ジェンダーに関する自己概念の研究:男性性・女性性の規定因とその機能 土肥 伊都子 著

ライター紹介

今井千鶴子

今井千鶴子

短大卒業後、一般企業に就職。退職後、オーストラリアの小学校にてボランティアの日本語教師アシスタントを経験。オーストラリア滞在中に臨床心理学に興味を抱き、帰国後大学進学を決意。一念発起で受験勉強をし、25歳で早稲田大学人間科学部に入学。その後2007年に臨床心理士、2009年に博士学位を取得する。専門は認知行動療法。現在は「楽しく子育て」をモットーにいくじ(育児・育自)に関するサポートを行っている。また、勉強への興味が乏しかった幼少期の経験をもとに、子どもたちが「楽しみながら学ぶ」ための活動も展開中。2児の母。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡