愛の石、”ローズクォーツネイル”の作り方

こんにちは、ヨーロッパ在住ネイルアーティストのMacelovaです。

癒されたい。新しい恋を見つけたい。恋人との絆を深めたい。美しくなりたい。

今回は、そんなあなたにピッタリの天然石、ローズクォーツを指先に落とし込みます。

やり方はとっても簡単。マニキュアと白のアクリル絵の具があれば、すぐに完成します。

天然石1 (1)

ローズクオーツネイルのやり方には、天然石であるローズクォーツの柄を爪に落とし込むものと、本物のローズクォーツを爪に乗せるものと二通りありますが、今回はピンク色が指先をきれいに見せてくれる、前述のやり方をご紹介しますね。

ローズクォーツネイルのやり方

【使用する道具】
・ベースコート
・カラーマニキュア(ピンク、ラメ)
・トップコート
・白のアクリル絵の具
・綿棒
・アルミホイル

【手順】

1.ベースコートを塗ります。

2.ピンクを2度塗りします。

3.ラメを1度塗りします。

工程2と3を分けずに、最初からパール系のピンクを選んでもいいです。

その場合は2度塗りで完了。

ここまでは片手5本順番に一気に仕上げましょう。

天然石2 (1)

4.白のアクリル絵の具をアルミホイルに少量だし、少し多めの水で溶きます。

アクリル絵の具は乾くと取れにくいので、ここからは1本ずつ仕上げます。爪の全体に絵の具を綿棒で広げます。

あまり神経質にならず、適当に!

天然石3 (1)

5.天然石の柄のように、白が要らない部分の絵の具を吸い取ります。

この時、最初に綿棒を濡らしておくと繊維が付かずやりやすいです。

天然石4 (1)

取りすぎたと感じた場合は、また絵の具を足し直します。

修正がききやすいので、あせらずに!波間をイメージしてもらうと描きやすいでしょう。

6.5本の指が出来上がったら、順番にトップコートを塗り完成。

この時あまり力を入れすぎないように気を付けましょう。

天然石5 (1)

ゴールドの囲みやモチーフは、ラメがザクザク入っているタイプのマニキュアで描いています。お好みでプラスすると、さらに天然アクセサリーのようなイメージができますね。

今回のまとめ

いかがでしたか?

ローズクォーツネイル。指先を眺めるだけでも、愛しさ倍増ですね。

ぜひ、試してみてくださいね。

ライター紹介

Macelova

Macelova

ヨーロッパはチェコの片田舎で、三姉妹の母親業の傍らネイルアーティスト、ライターとして活動中。1978年生まれ。美容専門学校ネイル講師、プライベートネイルスクール&サロン主宰を経て、2011年に夫の故郷チェコへ移住。執筆分野はビューティー、ファッション、ワークスタイル、ライフスタイル、トラベル等手掛ける。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡