子どものおかげでアウトドア派に。家族で行うハロウィンバーベキュー

みなさんこんにちは。ママライターのあしださきです。

2016年8月にベルメゾン生活スタイル研究所が行ったアンケート調査によりますと、あなたの休日の過ごし方はアウトドア派ですか、インドア派ですか?という質問に対して、「アウトドア派」と答えた割合は33.2%だったという結果が出ました。

インドア派に比べると何だか少ないなという印象がありますが、年代別の結果をみるとある傾向があるという事が分かりました。

注目すべき年代の結果は20代の47.8%、30代の40.8%です。これはともに全体の平均を上回る数字でした。

この20代、30代という世代にアウトドア派が多いという傾向は、実は「子育て」と大きな関わりがあるのです。

実際、「もとはインドア派だったが、子どもを出産後、休みの日に家でダラダラしたくないので積極的に外で過ごすようになった。(30代 主婦 鹿児島県)」

という意見が出ていたことからも、子どもを育てている世代には「アウトドアの楽しさ」を味わってもらいやすいのではないかと感じています。

そこで今回は、外で過ごすにはちょうどいいこの季節に家族で楽しめるアウトドアのアイデアをご紹介したいと思います。

1012thr

ハロウィンキャンプ・バーベキュー

ハロウィンを楽しもうという流れはすっかり日本でも定着しつつあるようですね。

幼稚園や小学校でも仮装してパーティをしたりして子どもたちにもすっかりおなじみです。今年はハロウィンをアウトドアで楽しんでみるのはいかがでしょうか。

筆者も2016年に友人家族とバーべキューをしに行った際、隣のテントはハロウィンパーティーで盛り上がっていって、その様子がとても楽しそうだったのをよく覚えています。

大人も子どもも本格的な仮装をして、テントやその周りもハロウィンカラー一色という感じでした。テントの周囲の木々にガーランドなどを張りめぐらせた飾りつけもしていました。賑やかで楽しげな様子が印象的でしたね。

一方ハロウィンの用意をしていなかった私たちも、十分にアウトドアを満喫できました。子どもたちはいつもとは違う外の雰囲気の中で一緒に料理をして、楽しく食事をし、広い芝生で思い切り走って遊ぶことができてのびのびと楽しんでいました。素晴らしい経験になり十分それでも満足でしたが、今度はぜひハロウィンをやりたいねと、みんなで言い合っていましたよ。

インドア派の方々の意見でよく聞かれる、「アウトドアは支度や片付けが面倒そう」という意見もご心配には及びません。

バーベキューやキャンプをもっと手軽に楽しみたい人たちのために「手ぶらでOK」という施設もたくさんできています。ぜひ探してみてくださいね。

また郊外のキャンプ場では今、ハロウィンイベントを開催している施設が多いそう。

子どもを自然の中でのびのびと遊ばせることが出来ると同時に、ハロウィンの季節限定の楽しいイベントに参加できるなんてとてもお得ですよ!

家族でアウトドアするメリット

・子どもは思い切り身体を動かして遊べる

・大きな声を出す、走る、飛び跳ねるのも自由!怒られたりしません

・親もおおらかな気持ちで子どもに接することができる

・鳥や虫、草花、自然に触れ合うことで興味が広がる

・子どもはお手伝いができるようになる


いかがでしたか?
キャンプやバーベキューの装備を持っていなくても、現地で準備がされていたり、宿泊のためのコテージや温泉施設まで充実していて快適なキャンプもできるようになった今日この頃。ぜひ家族の思い出作りに出かけてみてはいかがでしょうか?

参照:ベネッセ生活スタイル研究所 夏のアウトドアレジャーについてのアンケート(2016年8月) http://www.b-desse.jp/report/1402/

ライター紹介

あしださき

あしださき

3人の子育てに奮闘中の母。大学では経済学を専攻し、インテリアコーディネーターの資格は29歳の時に取得した。大学在学中からモデルの仕事を始め、結婚、出産、育児を経験。第一子との親子共演CMを最後に活動を休止。特に印象的だった仕事は、NIKEの広告モデル。才能に溢れる多くの人に出会い、クリエイティブな世界に魅了された。活動はCM、化粧品広告、スポーツメーカー広告を多く経験。ファッション、ヘアメイク、インテリア、子育ての経験、さまざま織り交ぜながら、読んで楽しく役に立つコラムを連載していきたい。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡