不倫

他人の夫を狙う“略奪女子”の特徴と対処法

他人の夫を狙う“略奪女子”の特徴と対処法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、波乱万丈系フリーライターのサクと申します。

突然ですが、男性の総人数をご存知ですか?
話題沸騰中の芸人、ブルゾンちえみさん曰く、「35億、あと5千」だそうです。

ネタではありますが、世の中にはたくさんの男性がいるなあと思いませんか?

これだけ多くの男性がいるにもかかわらず、あえて既婚男性を狙う女性は希少です。でも、世間には確かに存在しています。ハンターもとい、略奪女子が!

今回は、あなたのパートナーは大丈夫?略奪女子の特徴と対処法についてまとめます。

1013friさく

(1)略奪女子の特徴1・自分大好き女子

うちの夫に限って、浮気なんてありえない。本当にそう言いきれますか?

ちょっと若い女性に言い寄られたら、本当に浮かれない性格ですか?

少しでも不安になったら、パートナーの近くに略奪女子がいないか、目を光らせてみましょう。

まず警戒したいのが、自分が大好き系女子です。

注目されたい、ちやほやされたい、求められたい。いわゆる自尊心が高めなタイプは、既婚者との恋愛にも走りやすいので要注意。

なぜって、奥様よりも愛されている自分が愛おしいのですから。

(2)自分大好き女子から逃れる方法

腹立たしいかもしれませんが、奥様が翻弄されてはいけません。

そのうち飽きて帰ってくるのだからといった、余裕を見せつけてやるほうがスマート。

相手の熱も、張り合いがないと分かれば冷めやすくなるでしょう。

自分大好き女子は、他人よりも優位な環境であることを感じたいので、劣等感を感じる状況は好まないようです。

彼女の擦り寄りがなくなったとき、うろたえるであろうパートナーへの再教育も忘れずに。

(3)略奪系女子の特徴2・意外?質素地味め女子

あの人に限って略奪だなんて。そんな意外性をみせるのが、質素地味めなタイプによる略奪行為。

恋話にのってくるわけでもなく、一見して恋愛に慎重そうなのに、実はしたたか。正直、とても美人とはいえないのに、立っているだけで謎の色気を発するタイプもみられます。

きっと、「聞き上手」なのでしょう。じっくり、ゆっくりと魅力を発揮するのだと思います。

(4)質素地味め女子から逃れる方法

あらゆる略奪女子に対する方法に共通することですが、まずパートナーの目を覚まさせることが重要です。その上で、上手に仲を清算する必要があります。

パートナーとの溝の深さにもよりますが、まずはヒアリング、話し合いが有効的です。

怒り心頭かもしれませんが、感情的にならないように、家以外の場所が良いかもしれません。

クールダウンしながら、寂しさなどの本心を語りあうことで、家族以外に癒しを求める必要性の再確認ができます。

まずはパートナーの不満を知り、質素地味め女子の魅力を探りましょう。

彼女が聞き上手、甘やかし上手ならば、逆手に取るのです。



(5)略奪女子の特徴3・来るもの拒まず女子

よほどのことがなければ、来るもの拒まず。

ちょっとアプローチされたらOKしてしまう、恋愛ハードルが低めの女性も要注意です

恋愛経験を豪語するタイプも、同じようなタイプかもしれません。

この手のタイプは、火遊びをも楽しんでしまいます。その分、鎮火もしやすいでしょう。

(6)来るもの拒まず女子から逃れる方法

ちょっかいを出したパートナーの再更正も必要ですね。

自分が火遊びだった分、相手も火遊びだと知らしめましょう。そのうえで、長くない縁だとしっかりと理解してもらいます。

来るもの拒まず女子は、別の出会いがあれば、あっけなく去ってしまうことがあるでしょう。

つまり、去る者追わずの一面も期待できます。カッとなって一気に行動するよりも、しれっとフェードアウトするくらいの方が、無駄な労力を費やさずにすむかもしれません。

どんなタイプでも、相手が好意を示してくれるから好きになる心理が働いている可能性があります。

略奪女子は本気になる前に関係をクリアにするべきです。

そのために、可能な限りパートナーとの対話をし、本命は誰なのか自覚してもらいましょう。そして、上手に距離を置いて縁を切ってもらいましょう。

なにより、逆上して暴走する略奪女子が一番やっかいです。過剰な先手を打つよりも、パートナーの更正を重視した方が安全だと思います。

参考文献
ナツメ社:図解雑学人間関係の心理学/齊藤勇

●モデル/TOYO、沖まりね

ライター紹介

サク

サク

フリーランスのライター、コラムニストのアラサー。6歳と0歳児のオカン。子連れ再婚したため、我が家はステップファミリー。長子は自閉症スペクトラムの診断を受け、療育に通っています。毎日が勉強と発見。大変だねと言われるけれど、過去が波乱万丈な日々だったので、いまの方が平和。美容、育児、IT、アニメ、漫画が好物。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る