ネイル

実は簡単!?すぐにできるヒョウ柄ネイルの作り方

実は簡単!?すぐにできるヒョウ柄ネイルの作り方

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、1歳の娘を育てているライターのchocondです。

秋冬人気のヒョウ柄ネイル。一見すると複雑そうなデザインでセルフでは難しそう……と敬遠していませんか?

実はヒョウ柄ネイルは不器用さんでもかわいく仕上がるほどとても簡単なのです。そんなヒョウ柄ネイルのやり方をご紹介します。

th_170929chocond

ヒョウ柄ネイルのやり方

(1)用意するもの

th_170929chocond2

ヒョウ柄ネイルに必要なのは、お好みのマニキュア3色とヒョウ柄を描くドット棒やネイル用細筆。爪楊枝でも代用できます。

カラーはベースカラー、ドットカラー、囲みカラーを同色系濃淡3色で選ぶと失敗しにくいです。

ブラウン系であればベージュ、ミディアムブラウン、ダークブラウン、ピンク系であればナチュラルピンク、濃い目ピンク、ボルドーなど、選び方は自由。使う色によって印象がガラリと変わります。

今回筆者はベースカラーをピンクベージュ、ドットカラーをローズピンク、囲みカラーをブラウンとボルドー。左手はブラウンメイン、右手はボルドーメインでアシンメトリーデザインにしてみました。

(2)ベースカラーを塗る

th_170929chocond3

まずはベースコート→ベースカラーの順で塗っていきます。ピンクベージュ、ブラウンともに二度塗りしています。

(3)ランダムにいびつなドットを描く

th_170929chocond4

ドットカラーでいびつなドットを描いていきます。キレイな円ではなく歪んでいてOK。いびつな形をしている方がヒョウ柄っぽくなります。バランスを見ながら適当に数個描いてみてください。

(4)いびつな“こ”の字で囲む

th_170929chocond5

先ほど描いたドットを囲みカラーで“こ”の字に囲んでいきます。こちらも適当でOK。

たまに“く”の字も混ぜてみるとしっかりデザインされたように見えます。描き終わった後に隙間が気になる部分には囲みカラーでドットを乗せるとバランスが良くなります。

囲みカラーの表面が乾いたらトップコートを塗って完成です。


実は簡単なヒョウ柄ネイル。不器用さんにもオススメなデザインなのでぜひ試してみてください。

ライター紹介

chocond

chocond

1児の母。子どもを寝かしつけてから私の執筆時間が始まります。毎日限られた時間の中で子どもとたくさん触れ合うことを一番に考えながら、仕事や趣味にも手を伸ばしています。「ママでもキレイ」を目指して日々奮闘中。メイクアップ系の記事を得意としています。ブログやインスタグラムでは自身のメイクや芸能人のものまねメイク等を紹介。かわいい人、キレイな人を観察し、どうしたら自分も近づけるのかを研究。メインはプチプラコスメ、たまにデパコス。ネイリスト検定、化粧品検定2級所持。コスメコンシェルジュになるべく勉強中。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る