親の期待が足かせに? 子どもの習い事を長続きさせるコツ

こんにちは。メンタルケア関係を中心に執筆しているメンタルケア心理士の桜井涼です。

子どもが「習い事をやめたい」と言い出して、親が困る・怒るということって結構あると思います。

子ども自身が習い事に興味を失ってしまう前に、心に働きかける声かけをすることで、気持ちが習い事に向くことがあります。特に有効的だと考えている声かけのコツを紹介します。

170927sakurairyou

動機づけ要因を満たしてやる気アップ

モチベーションには、2種類あります。

・衛生要因……人間関係や習い事の環境、通いの不便さなど、不満のタネとなる
・動機づけ要因……おもしろさ・やりがい・評価・成果など、やる気のタネとなる

この2つのうち、『動機づけ要因』の方を満たしてあげることができると、やる気がアップして「習い事をやめたい」ということにはなりません。

この部分を満たすために、ちょっとした成果でもほめてあげることが大変有効です。

ポイントは、“具体的にほめる”です。それがうれしさのツボを突いて「もっと頑張ってみよう!」という気持ちになりやすくなります。

上達だけにこだわらない

親は、月謝を払っているため、どうしても上達することに目がいってしまいます。これは仕方のないことです。

しかし、子どもにしてみれば、習い事の上達ばかりに目を向けられてしまうと「うまくできればほめられるけど、できないとなじられる」という状態になってしまいます。

これでは、やる気や習い事の楽しさを阻害してしまい、本末転倒です。

親が、“上達”という部分にではなく、練習などのプロセスにも目を向けましょう。頑張りをほめてあげたり、励ましてあげたりすることが大切なポイントとなってきます。

子どもの声を聞く

子どもが「やりたくない」と言ってきたとき、「は? なんで?」と少し怒り口調で聞いてしまいがちになってはいないでしょうか。

なぜかというと、親の心の中にこんな気持ちが少なからずあるからです。

・「高い月謝を払っているのに」
・「やらせてあげているのに」
・「自分ができなかったから、できるようになってもらいたいのに」

これらの気持ちに共通するのは、親が主体となっていることです。

習い事をするのは子どもであって、親ではありません。ですから、まずは子どもを主体とするために、「どうしたの?」と理由を聞いてあげましょう。

解決できることなら親が手を貸すことができますし、相談することでやめないで頑張れる方向に向かわせることだってできます。

だから、まずは怒らずに話を聞くことを大切にしてあげてください。

おわりに

習い事をやめたいと言ってきたときに、親ができることを書かせていただきました。

モチベーションをアップさせることも大切ですが、不満に思っていることがありましたら、少しでも解消してあげるといいですね。

また、親はどうしても習い事に力が入ってしまい、記録を出すことや発表会などを重視してしまいがちです。

子どもも最初のうちは楽しいと感じますが、次第に子ども主体から親主体に変わってきたことを察知して、習い事がイヤになったり、苦手意識を持ったりすることもあります。

子ども主体で子どもが好きなことや楽しいと思えることを頑張らせるようにすることを中心にするようにしてみてください。

たとえやめることになったとしても、少しの期間でも習ったことは経験という財産になります。そこを大切に思ってあげると親の考え方も見え方も変わってきますよ。

【参考文献】
・『子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わるほめ方・叱り方〈3〉小学生編』明橋大二・著