ベッドルーム

適度なハズシがカギ? おしゃれなベッドルームを作るコツ3つ

適度なハズシがカギ? おしゃれなベッドルームを作るコツ3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。フリーママライターの横山かおりです。

少しずつ暑さがやわらいできて、寝苦しい夜から解放される日も近いかもしれません。

良質な睡眠をとるためには、ベッドルームの環境を整えることも大切。ベッドルームが今よりもっとお気に入りの空間になれば、寝ることも楽しみのひとつになりますよ。

そこで今回はご自宅のおしゃれなベッドルーム写真を投稿されていたインスタグラマー3名に、ベッドルームインテリアのコツを伺ってみました!

(1)テーマカラーやイメージを決める

まるでモデルルームのようなおしゃれなベッドルーム。青と白のコントラストがとてもさわやかです。

こちらを投稿されたaquaさんから『テーマカラーを決めるとまとまりやすいですよ。わが家は丸窓なので、船をイメージしています。ロールスクリーンもそれに合わせ波のようなデザインを選んでいます』とコツを教えていただきました。

たしかにテーマカラーやイメージがあると、アイテムがバラバラにならずにおしゃれにまとまりそうですね。まずはイメージをしっかり決めておくことが大切です。

(2)単調にならないように気をつける

こちらはグレーで統一されたベッドルーム。小物アイテムも色がまとまっていて、スッキリとしていますね。

こちらを投稿されたYOUさんによると『好きな色で揃えてはいるのですが、すべての色や柄が同じにならないように組み合わせています。すると単調にならずにおしゃれにすることができますよ』とのこと。

色も柄もすべて同じだと単調になってしまうということ。たしかにそれでは「おしゃれ」とは感じられなさそうですね。

適度に揃え、適度に外す。さじ加減が難しそうですが、そこでおしゃれ度が決まってきそうです。

(3)参考にするものを明確に目指す

まるでホテルのような寝室! 照明やクッションのセンスも素晴らしいですね。

こちらを投稿されたemy303303さんによると『ホテルライクを目指しているので、ホテルのベッドルームを参考にしています。寝室には絨毯を敷き、ベッドスローもホテル備品を扱っているお店で購入しました』とのこと。

もうすでにホテルライクは完成しているのでは……! ホテル備品を扱っているお店できちんと購入されているとは、目標へ明確に進んでいることがわかります。

「こんなふうにしたい」という理想がきちんとあればあるほど、おしゃれなベッドルームは実現しやすいのかもしれませんね。


みなさん理想のイメージをしっかりと持って、それを実行されていたんですね。

まずは「どうしたいか」をしっかりと考えること。少しずつでもそれに合わせていけば、お気に入りのベッドルームが完成すること間違いなしですよ。

ライター紹介

横山かおり

横山かおり

一男一女、二児の母です。子どもが寝た後に執筆作業に取り組んでいるフリーママライターの横山かおりです。独身時代はモデルをしており、「いつまでも自慢できるきれいなママ」を目指して日々奮闘中。趣味は料理、映画鑑賞、食べること、ダイエット。調理師免許アリ。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る