ネイル

秋におすすめ! 初心者でもできる“べっ甲ネイル”のコツ

秋におすすめ! 初心者でもできる“べっ甲ネイル”のコツ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、ママライターのましゅままです。

秋ネイルで人気のべっ甲ネイル。ちょっとレトロなかわいさに、赤みがかったブラウンとやわらかなマスタードカラーが混ぜ合わさった上品さがたまらないですよね。

一見複雑そうな柄ですが、精巧なアートではなく自然なニュアンスを作っていく柄なので、意外とネイル初心者さんでも挑戦しやすい柄なんですよ。

今回は、べっ甲ネイルの手順とコツをご紹介します。

べっ甲ネイルのやり方

【用意するもの】
・イエローカラー……ベースとなるカラーです。
・ブラウン、ボルドー、濃いブラウン……べっ甲の濃い部分を表現するカラーです。ブラウン1色でも可能ですが、ボルドーとブラウンの2色を使うことでより立体的&深みのあるべっ甲柄をつくることができます。
・クリアジェル
・なじませるための筆

本格ジェルカラーでつくるべっ甲ネイル

【(1)ベースカラーづくり】
イエロー、茶色、ボルドー、クリアジェルを少しずつ混ぜ合わせてイエローの色味が強い茶系カラーを作ってベースにする。

【(2)べっ甲柄カラーA】
茶色+イエロー+ボルドー+クリアジェル

【(3)べっ甲柄カラーB】
濃い茶色+ボルドー+クリアジェル

(a)カラーAとカラーBを、それぞれ混ぜ合わせてつくっておく。

(b)(1)で作ったベースカラーを爪に薄く塗る。

(c)(1)のベースカラーを硬化させず、そのまま(2)と(3)のジェルをランダムにのせ、べっ甲の柄をつくっていく。

(d)平筆か細筆で、(c)でランダムに乗せた(2)と(3)の周りを撫でるようになじませ、硬化させる。

※中心から崩さずに、周りを少しずつなじませていくことがポイント。
※なじませる際、筆圧はなるべくかけない。
※なじませすぎるとマーブル模様になってしまうので様子を見ながらなじませる。

(e)最後に(3)の上から、(2)をごく薄く、一層塗って硬化する。

ジェルを使った本格的なべっ甲柄ネイルです。柄の色を二種類作ることで、べっ甲らしい自然な模様をつくることができます。

シンプルマニキュアべっ甲

マニキュアで手軽にできるべっ甲ネイルのやり方です。

・ベースカラーのイエロー
・べっ甲柄をつくるブラウン
・トップコート

(1)ベースカラーのイエローを薄めに塗る(固まってしまってもOK)。
(2)ブラウンカラーをランダムにドット状に乗せる。
※ドットの大きさをランダムにするとかわいい。

(3)(1)のベースカラーのマニキュアの筆か、トップコートをつけた筆で(2)の模様の外側からぼかしていく。
(4)上からトップコートを塗り、完成。

用意するものも手順もシンプルなものをご紹介しましたが、もちろんブラウンカラーを濃い色やボルドーを混ぜて何種類が作ってもOK。

べっ甲ネイルはコツを掴めばセルフでも定番化できる

いかがでしたか?

べっ甲柄は、つくる色味やなじませるコツさえ覚えてしまえば、セルフでも定番化できるデザイン。

秋らしいマスタード+ブラウン系のべっ甲柄だけでなく、春夏にはピンクやブルーなどのバリエーションにも応用できますので、ぜひ試してみてくださいね。

ライター紹介

ましゅまま

ましゅまま

母一人、子一人で大学卒業まで生活し、就職間際に実の父に再会・そして両親結婚。三人暮らしをするが「父親」の存在を認められず数か月後一人暮らしを始める。アパレル販売員として2年働き、その後同じ職場の現・夫と結婚、娘を出産。娘と父親の関係性について日々考える。夫は転勤族のため出産後も引っ越しを年1回のペースで2回経験。次はどこの街へ飛んでいくのか……。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る