夫婦の子育て方針の違い

比べる必要ナシ! 教育方針が違う夫婦が大切にしたい子育てのポイント

比べる必要ナシ! 教育方針が違う夫婦が大切にしたい子育てのポイント

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。子育て支援を専門にする臨床心理士の今井千鶴子です

皆さんは、夫婦で教育方針について話すことはありますか?

2017年9月12日〜13日の間、パピマミ読者の皆さんに『夫婦で教育方針の「違い」を感じますか?』というアンケートを行いました!

86名の方々にご協力いただきましたので、その結果をランキング形式で発表したいと思います。

170926imai

夫婦で教育方針の「違い」を感じますか?

・1位:どちらかといえば「違い」を感じる……45%(39人)
・2位:非常に「違い」を感じる……27%(23人)
・3位:どちらかといえば「違い」を感じない……24%(21人)
・4位:まったく「違い」を感じない……3%(3人)

※有効回答者数:86人/集計期間:2017年9月12日〜2017年9月13日(パピマミ調べ)

このアンケート結果からわかることは、教育方針に違いを感じない夫婦などほとんどいないということです。

実は、教育相談の場面でも「教育方針の違いから夫婦喧嘩になってしまった……」といったご相談が頻繁にあります。

お話をうかがっていくと、パパもママもお子さんを思うがゆえに、「こうしてあげたい」「ああしてあげたい」と感じていることが伝わってきます。

そのため、お子さんへの“愛”が、結果的に夫婦間の溝になっていることが残念でなりません。

もし、教育方針の違いによって夫婦間に大きな溝を感じているようなら、一度冷静に夫婦の子育てを振り返ってみませんか?

教育方針に違いがあっても、強力なタッグを組んで子育てをしている夫婦の特徴

教育方針の違いが少なかったり、違いがあったりしてもうまく“統合”しているご夫婦にはある共通した特徴があります。

それは、“お子さんの現状を正確に理解している”ことです。

つまり、お子さんの性格や成長、発達などについて、これまで一緒に見続けながら理解しているご夫婦は、教育方針を地道に作りあげているように感じます。

よくみられるのは、習い事に対する考え方の違いを発端に夫婦喧嘩が始まるというものです。

たとえば、小学校に入学する前から、「他の子もやっているから」という理由だけで多くの習い事をしているお子さんがいます。

「少しでも才能を伸ばしてあげたい!」という親の期待や思いがあるのもわかります。

ただ、もしそれらの習い事をお子さんがイヤイヤやっているとしたら……、才能を伸ばすどころか挫折経験につながるリスクの方が高いのではないでしょうか。

あくまで、子どもの体力や性格、動機づけなどを夫婦で理解しながら、どのタイミングで何を習得させるかということこそが“教育方針”です。

親の過度な期待を押しつけることが“方針”ではなく、お子さんのタイミングをみながら成長や発達を促す計画が必要になります。

これは極論になるかもしれませんが、一流大学に入学すれば幸せになれるという考えがもし根底にあるのだとしたら、それは捨てた方がいいと思います。

これまで多くの“優秀”と呼ばれる学生をみてきましたが、苦労して一流大学に入学したからといって必ずしも幸せになれるわけではないからです。

つまり、大学入学後に生き生きと活動できる子もいれば、何をしたらいいかわからなくなってしまう子もいます。

前者の大学生は“幸せを感じ取る能力”が高く、自分でどんどん挑戦していきますが、後者の大学生は“適切な自尊心”が低い傾向にあります。

たとえば、与えられた課題などはこなせるのですが、誰かと比較したり競ったりしていて、いつも自分の能力の高低を気にしています。

誰かと比較することでしか自分の幸せを感じられないようにも映ります。

また、就職活動の時期から“自分”について悩み始め、傷ついた状態で卒業することも珍しくありません。

前者の学生たちに共通していると感じるのは、子どものときの習い事に親がしっかりと“関与”しているということです。

ここでいう“関与”とは、単純に習い事ばかりをさせるのではなく、子どものことをよく理解して、家でも一緒に親が練習したり、話をしたりする活動を積極的に行なっているということです。

多くのことを学ばせるのであれば、パパとママも多くのことに関与する覚悟が必要だと思います。

また繰り返しになりますが、親がお子さんの性格や成長、発達などについて、正確に理解しながら関わることが何よりも大切です。

子どもにはそれぞれの個性があり、成長のスピードも同じではありません。

他の子を基準に考えるよりも、世界に1人だけのお子さんの成長に目を向けていきませんか。

もちろんお子さんが楽しく学んだ結果として、学習環境が整っている一流大学に入学することは理想的ではあります。

ただ、一流大学への入学だけを前提に教育方針を立ててしまうと、お子さんは大学卒業後にツラい思いをするかもしれません。


いかがでしたか?

今回は、夫婦間の教育方針の違いについて考えてみました。

綺麗ごとのように聞こえてしまうかもしれませんが、教育方針の違いで喧嘩しそうなときには、パパとママは“敵”ではなく、“最強の味方”だということを思い出してください。

共通して思う気持ちはお子さんの“幸せ”です!

●モデル/藤沢リキヤ福永桃子

ライター紹介

今井千鶴子

今井千鶴子

短大卒業後、一般企業に就職。退職後、オーストラリアの小学校にてボランティアの日本語教師アシスタントを経験。オーストラリア滞在中に臨床心理学に興味を抱き、帰国後大学進学を決意。一念発起で受験勉強をし、25歳で早稲田大学人間科学部に入学。その後2007年に臨床心理士、2009年に博士学位を取得する。専門は認知行動療法。現在は「楽しく子育て」をモットーにいくじ(育児・育自)に関するサポートを行っている。また、勉強への興味が乏しかった幼少期の経験をもとに、子どもたちが「楽しみながら学ぶ」ための活動も展開中。2児の母。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る