メイク

どのタイプが良い? ハイライトを使った“ツヤ肌”メイクのコツ

どのタイプが良い? ハイライトを使った“ツヤ肌”メイクのコツ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、1歳の娘を育てているライターのchocondです。

ここ数年、ベースメイクはツヤ肌が主流に。立体感や潤いのある若々しい肌を演出できることからツヤ肌はもはや当たり前のようになっています。

そこで重要なのはハイライトの使い方。肌をツヤツヤに見せたいからといって顔中にハイライトを乗せてしまうのは逆効果。

頰の高い位置や顎先、鼻筋、鼻根、おでこに柔らかな光のツヤを入れると今っぽい雰囲気に仕上がります。

今回は、今さら聞けないツヤ肌作りに欠かせないハイライトの種類と使い方をご紹介します。

(1)ウェットなツヤはクリームタイプ

th_170921chocond

濡れたようなみずみずしいツヤ肌になりたいときにはクリームタイプがオススメ。

発色が良く肌になじみピタッと密着してくれます。スキンケアが終わった後のようなツヤなので、すっぴん風メイクや生肌メイクに取り入れてみてください。

ただ、クリームタイプはヨレやすいのでこまめなチェックが必要になります。

(2)ふんわり柔らかなツヤはパウダータイプ

th_170921chocond2

ふんわり自然なツヤ肌になりたいときにはパウダータイプがオススメ。ブラシに取り肌を磨くように塗ると上質なツヤが生まれます。

好みの量を調節でき、ベースメイクもヨレにくいので初心者さんでも安心です。ラメやパール入りの物を選べばキラキラと華やかな印象に。

(3)ピンポイントで使いやすいスティックタイプ

th_170921chocond3

ピンポイントでツヤを出したいときなど部分使いに便利なスティックタイプ。ベースメイク後の肌にスッと乗せて指で軽く馴染ませればOKなのでこちらも初心者さんには使い勝手の良いアイテムです。

鼻筋には細く入れた方が鼻がスッと高く見えるので、入れる場所に合わせて他のテクスチャーと併用するのもオススメです。肌に乗せるとサラッとする物や、オイルのようにウェットな物まであるのでなりたい印象の物を選びましょう。

2017年の秋冬もツヤ肌のトレンドは継続。なりたい肌印象に合わせてテクスチャーを選んでみてください。

ライター紹介

chocond

chocond

1児の母。子どもを寝かしつけてから私の執筆時間が始まります。毎日限られた時間の中で子どもとたくさん触れ合うことを一番に考えながら、仕事や趣味にも手を伸ばしています。「ママでもキレイ」を目指して日々奮闘中。メイクアップ系の記事を得意としています。ブログやインスタグラムでは自身のメイクや芸能人のものまねメイク等を紹介。かわいい人、キレイな人を観察し、どうしたら自分も近づけるのかを研究。メインはプチプラコスメ、たまにデパコス。ネイリスト検定、化粧品検定2級所持。コスメコンシェルジュになるべく勉強中。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る