芸能

鈴木砂羽、涙を浮かべ“パワハラ”否定! ネットでは「降板は無責任」「これは相手が悪い」と擁護の声

鈴木砂羽、涙を浮かべ“パワハラ”否定! ネットでは「降板は無責任」「これは相手が悪い」と擁護の声

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

二人の女優から「土下座を強要された」などと訴えられている女優の鈴木砂羽さん(44)が主演・演出を担当する舞台『結婚の条件』が2017年9月13日に初日を迎えました。

『デイリースポーツ』によると、鈴木さんは舞台終了後に報道陣の前に立ち、涙を浮かべながら『土下座をさせたという事実は一切ありません』と自身のパワハラ疑惑を否定したとのこと。

また、公演直前で降板した二人の所属事務所が発表している『鈴木砂羽氏より二人の受けました人道にもとる数々の行為』という点についても、『人道的に彼女の人格や尊厳をめちゃくちゃにするような罵声を浴びせた事実はございません』と完全に否定しました。

今回の件については、俳優の高橋克実さん(56)や梅沢富美男さん(66)らが鈴木さんを擁護する発言をするなど、芸能界からも注目を集めていますが、ネット上でも鈴木さんを擁護する声が多く挙がっています。

170914geinou

鈴木砂羽、初日舞台後に涙の反論! ネット上では擁護の声多数

今回の騒動に対してネット上では、

『演技の世界なんて厳しいのが当たり前。これは降板した女優側が悪いでしょ』

『蜷川幸雄も厳しいことで有名だったよね。怒鳴って灰皿とか投げてたらしいし(笑)。そういう業界でやってるんだから、二人は我慢すべきだった』

『どんなに許せないことがあったとしても、公演2日前に降板はないわ。プロとしてどうかと思う』

『無事に初日が終わって良かった。あの二人は女優として最低なことをしたからもう仕事ないだろうね』

『これがせめて1か月前とかなら世論を味方にできたかもしれないけど、2日前降板はありえない。やり方を間違えたね』

『普通の民間企業なら損害賠償レベルの案件。この二人がいかに適当に仕事してたのかが伝わってくるわ』

『本当にパワハラがあったなら公演終了後に暴露すれば良かったこと。今回の件は無責任すぎる』

『この降板した女優は鈴木砂羽の批判よりもお客さんに謝罪すべき。それができないなら女優失格だよ』

など鈴木さんを擁護する声が多く挙がっています。

真相はまだはっきりとしていませんが、鈴木さんにとって初演出舞台は最悪のスタートとなってしまいました。

※画像はイメージです。

●文/ぶるーす(芸能ライター)

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る