親子関係

転んだらダメ!? 親が80歳に近づくときに持っておくべき心構え3つ

転んだらダメ!? 親が80歳に近づくときに持っておくべき心構え3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。コラムニストの鈴木かつよしです。

近年、40代後半から50代になっても「自分の親は元気だし、まだ当分のあいだは大丈夫だろう」みたいな安心感を持っているオトナが多くなったように見えます。

国の中枢にあって行政に携わる人が「今や人生90年、100年の時代。75歳くらいまでは現役で働いて、年金の支給開始もそのくらいからでいい」みたいな意見をマスメディアで発信するものですから、すっかり乗せられてその気にさせられている面もあるのでしょうか。

実際には80歳が近づいてきた高齢者は実にさまざまな問題を抱えているというのが本当のところで、筆者のように、それまでとても健康だった両親が二人とも80代に入ってからの急激な衰えであっという間に亡くなっていく時間を共に過ごした者は、80歳が近づいてきた高齢者の場合はある日突然に何かが起きても不思議ではないことを知っています。

今回は主に40代のパパ・ママ世代に向けて、ひと回り先輩にあたる筆者の世代(筆者自身と筆者の地元C市で暮らす50代の人たち)から“親の年齢が80歳に近づいてきたら持っておくべき心構え”について、僭越ですがアドバイスめいたことをお話しさせていただこうかと思います。

170919suzukikatuyosi

心構え1:自分の親だけは大丈夫と油断しないこと

40代のパパ・ママ世代への最初のアドバイスは、認知症についてです。ここでは、筆者が暮らすC市の地域ボランティア仲間である50代半ばの会社員男性による助言をご紹介します。

『自分の父親は70代の後半くらいから徐々に物忘れが目立つようになりましたが、病院で脳の画像を撮っても特に目立った委縮は認められず、日常生活も普通に送れていて体も丈夫だったので、90歳くらいまでは元気で生きていてくれるのだろうなと思っていました。

今40代のみなさんがもし当時の私と同じような意識で毎日を過ごされているようでしたら、それは油断です。80歳を境にして、認知症は急激に進行する場合があります。

父の場合は兄弟の死がきっかけでしたが、本人が大切にしてきたもの(人でも物でも、帰属している共同体でも)を失ったようなときが直接の引き金になる場合が多いので、十分に注意しておいていただきたいと思います』(50代男性/都内C市在住/会社員)

この50代男性のお話は、40代パパ・ママ世代のみなさんにはぜひ心にとめておいていただきたいと思います。

筆者の父親も80歳を過ぎて長年自分で切り盛りしてきた雑貨卸の商店を判断力の低下を理由に廃業してから、あっという間に認知症が進行して、それが誘因となって多臓器不全に陥りこの世を去りました。

親の年齢が80歳に近づいてきたら、親にとっての“生きるモチベーション”は何なのかということも、少しだけ考えるように心がけていただきたいと思います。

心構え2:家の中にも外にも“転ぶリスク”は常にある 「転んだらおしまい」と心がける

次にご紹介する40代パパ・ママ世代へのアドバイスは、中学校で養護教諭をなさっている50代前半の女性からのものです。

『私の母は80歳を目前にして近所のスーパーへ行く途中で転び、大腿骨の頸部を骨折して入院しました。手術はいったんは成功したかのようにみえましたが、患部周辺の母の筋肉は普通の人よりも衰えが進んでいて、人工骨が何度も外れ、何日もかけて作った装具は母に拘束感を与え、せん妄を起こして幻覚を見るようになりました。

長引く入院生活は全身に内科的な諸問題も引き起こすようになり、その後の経過はあまりにも悲しく思い出したくもありません。結局母は転んでから一度も退院することなく半年後に帰らぬ人となりました。40代のパパ・ママ世代のみなさんに申し上げたいことは、後期の高齢者ともなれば転ぶリスクは家の中にも外にもどこにでもあって、しかも母のように転倒イコール致命傷というケースもあるということです。

親が80歳近くになってきたなら油断をせず、とにかく“転ばないこと”を心がけて生活するように注意してください』(50代女性/都内C市在住/中学校養護教諭)

養護の先生のこのお話を聞いたとき、同じように転倒、骨折、手術の見込み違い、入院生活の長期化、全身の衰弱といった経過をたどって転んでからわずか4か月で81歳の生涯を閉じた母を見送った経験を持つ筆者は、涙が止まりませんでした。

養護の先生や筆者のように親が転倒をきっかけに亡くなってしまう例もありますが、そこまでではなくても寝たきりになってしまうケースは数多くみられます。

まだ小・中・高校生の子育て真っ最中の40代パパ・ママ世代にとってはいわゆる“ダブルケア”的な状態に陥るおそれも十分に考えられます。

高齢の親は「まだまだ元気」と安心せず、「転ぶことだけはさせない」くらいの気持ちで注意して見守ってさしあげてください。

心構え3:お金は孫のために使わないでいいから 自分の生活費・医療費用に確保して

最後にご紹介するのは妻のママ友でもあるC市内の植物園に勤務する50歳になられたばかりの女性の助言で、“お金”に関することです。

『相続税対策に頭を悩ますほどの資産がある方なら別ですが、そんな域には到底至らないわれわれ一般の子育てママ・パパの場合、高齢になりつつある親には「お金を孫のためにそんなに使わないでいいから、自分の生活費や医療費のために余裕をもって確保しておいてね」と、常日頃から話すように心がけた方がいいと思います。

今はなき実家の両親は生前、年金生活でけっして余裕があるわけではないのに姉の子どもたちやうちの子どもたちのために何だかんだとお金を出してくれたのですが、父が脳梗塞で、母が癌で病床に伏せるようになってからは桁の違うお金がかかるようになり、孫たちのためにばかりお金を使わせてしまったことが今となってはいくら後悔しても足りません』(50代女性/都内C市在住/団体職員)

この女性のご意見も傾聴に値すると思います。

筆者も母のときに経験しましたが、いったん病床に伏せてしまった高齢者にかかる医療費や介護費用は、それまでの日常生活ではありえなかったような桁の金額になりますので、孫たちのためにあんなにお金を使わないで自分のためにとっておいてくれたらと、本当に後悔するものです。


高齢の親とその家族にまつわる諸問題については、東北大学特任教授の村田裕之先生が、2011年の著書である『親が70歳を過ぎたら読む本』の中で、わが国では初めて現役世代に向けた包括的な問題提起をされたように記憶しています。

今はあれからさらに時代が進み、親が70歳どころか80歳を過ぎてもまだまだ安心しきっている現役のパパ・ママ世代の人が増えているように思います。筆者自身もそうでした。

でも、人間であるかぎりいくら元気だった親でも終末期は必ずやってきます

本稿が今40代でそろそろ80歳が近づいてきた親を持つパパ・ママ世代のみなさんにとって、「なるほど。そんなことも頭の片隅には置いておくか」と心にとめるきっかけになっていただければと思います。

【参考文献】
・『親が70歳を過ぎたら読む本』村田裕之・著

ライター紹介

鈴木かつよし

鈴木かつよし

慶大在学中の1982年に雑誌『朝日ジャーナル』に書き下ろした、エッセイ『卒業』でデビュー。政府系政策銀行勤務、医療福祉大学職員、健康食品販売会社経営を経て、2011年頃よりエッセイ執筆を活動の中心に据える。WHO憲章によれば、「健康」は単に病気が存在しないことではなく、完全な肉体的・精神的・社会的福祉の状態であると定義されています。そういった「真に健康な」状態をいかにして保ちながら働き、生活していくかを自身の人生経験を踏まえながらお話ししてまいります。2014年1月『親父へ』で、「つたえたい心の手紙」エッセイ賞受賞。

ライター紹介

貴子(優くん、綾ちゃん)

貴子(優くん、綾ちゃん)

ママになっても自分の時間を大切にし、笑顔でいることで子どもたちも笑顔でいられるよう、楽しくやっています♪

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る