不倫

娘の担任からも!? ママたちが経験した“不倫のお誘い”エピソード3つ

娘の担任からも!? ママたちが経験した“不倫のお誘い”エピソード3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

有名アーティストのゲス不倫に始まり、芸能界も政界も不倫だらけの昨今。

テレビをつければ誰かが必ず、釈明したり謝罪したりと話題になっていますよね。

でも、不倫は遠い世界の見知らぬ出来事ではありません。実は私たちのすぐそばにも、その入口が突然ぽっかり開くことがあるんです。

今回は、私たちの周りにいる“普通のママ”たちが遭遇した不倫の入口体験談を紹介します。

どんな女性が、誰に、どのように誘われたのか……こっそり聞いてきました。

170905iwa03-compressor

(1)娘の担任から、思わぬ誘いが

色白で、スラリとしたスタイルのAさん。化粧っ気はありませんが、切れ長の瞳にキュッとした口元が印象的な、雰囲気美人の主婦です。

そんなAさんを誘ったのは、小学校の教師。お嬢さんの担任をつとめる、30代の既婚男性でした。

『当時、娘が学校に馴染めなくて、毎日のようにトラブルを起こしていたんです。先生は娘を心の底から心配してくれて、「不安なことがあったらいつでも学校に相談に来てくださいね」と言ってくれました。

だから、多い時は毎週のように連絡を取り、面談してもらったんです。何度も顔をあわせ、じっくりと話を聞いてもらううち、私の方も気が緩んだのでしょうね。話題は娘のことではなく、わが家の家庭環境……主に、私と主人の不仲についてがメインになりました。それでも、先生はイヤな顔ひとつせず、私の気持ちを受け止めてくれました。

そんなある日のこと、面談の終わり際にポロリと「家庭の環境は、娘さんの状態に大いに関係していると思います。特に夫婦の不仲を子どもはすぐに察知するんです。僕だったら、そんな思いは絶対にさせないのに」と先生が言ったんですよね。

それって私への告白!? と、舞い上がって、その日はフワフワした足取りで帰途に。眠れない夜を過ごしました』(40代女性/主婦)

しかし翌朝、学校に行こうとしている娘さんの姿を見て、Aさんは考えを改めたそうです。

『いくらなんでも、立場があると気づいたんです。先生はあくまで教師であり、娘の担任。一番に考えるべきは私への想いではなく、娘をどう学校になじませていくかであるべきですよね』

Aさんの中で先生が「男性」になってしまったとき、それまで寄せていた信頼がサッと醒めてしまったのでしょう。

その後、相談事は先生ではなくスクールカウンセラーにするよう切り替えたとのこと。

ギリギリで思い直すことができてよかった……と、Aさんは苦笑いで語っていました。

(2)職場のアイドル上司からアプローチ

Bさんは小柄で、いかにも女子力の高いタイプ。守ってあげたいオーラ満点のママさんです。

彼女は、パートで働いていたコールセンターで思わぬ誘いを受けました。

『うちの部署に、とても素敵な50代のおじさまがいたんです。どんなに重たいクレームにも折れず、ひとつひとつ丁寧に対応し、お客さまから何を言われても決して荒れない。

物腰やわらかなのに、誰よりも仕事ができる。彼は、女性みんなのアイドルでした。ある日、職場の飲み会のあと、彼からサッとメルアドを渡されたんです。それまで特別な感情を抱いていたわけでもないのに、そんなことをされて急にドキドキしてしまいました。

みんなのアイドルからアプローチされて、有頂天にもなっていました。結局、その晩は2人で遅くまで過ごしたんです』(30代女性/パート)

そんなBさんのブレーキになったのは、帰宅後に見た息子さんからの手紙でした。

『テーブルにおいてあった手紙には、今日見たテレビの内容と学校での出来事が書いてありました。普段なら、夕飯を一緒に食べながら話す内容です。その時にハッと目が覚めたんですよね』

息子さんはいつものように、ママと夕飯を食べたかったのかもしれません。話を聞いてもらえなかったぶん、手紙にしたためて先に眠ったのでしょう。

子どもに寂しい思いをさせてまで、自分の欲望を満たそうとするわけにはいかない……そう考え、グッと踏みとどまることができたんですね。

(3)SNSで知り合った年下男性に……

Cさんは50代の介護職員。すでに4人のお子さんを育て上げた立派な主婦ですが、こんな不倫の入口にハマりかけました。

『子どもの影響で、SNSを始めたんですよ。これが想像以上にずっと面白くて。趣味の仲間が集うコミュニティで、ワイワイと雑談をするようになったんです。その中にいたのが、自称20代・妻子持ちの彼でした。

最初は大勢のなかの1人として、特に意識せずに会話していました。でも、ふとしたことから彼が同業者だって分かったんです。当時、職場でパワハラにあっており、退職するか否かを毎日悩んでいた私は、彼に悩みを打ち明けるようになりました。

同業だからこそ分かってもらえることがたくさんあり、アドバイスも的確で、気がつくと私にとって彼は心の支えのようになっていたんです。やり取りするうちに、どちらからともなく「好き」と言い合うようになりました。ふざけたニュアンスだったのが、だんだん本気モードに……お互いに好意を持っているのは明らかでした。

そしてあるとき、彼から「我慢できない。次の週末会いたい。一晩あけておいて」と言われたんです。いざ会うとなると、慌ててしまいました。だって、私はどこにでもいる普通のおばちゃん。

年齢だって親子ほど離れている。会ったら彼をガッカリさせるのは分かりきっています。とても辛かったけれどお断りし、SNSのアカウントを消しました』(50代女性/契約社員)

実はCさん、SNS上で年齢や家族情報などを一切明かしていなかったそう。

素性を明らかにしないままやり取りができるSNS。直接顔をあわせないため、現実の人間関係よりも急速にくっついたり離れたりしがちなんですよね。

でも、逆を言えばお相手だった彼のステータスだって真偽の程は明らかではありません。

「20代・妻子持ち・同業者」と言いつつも、全く違う人となりの男性である可能性だってあるんです。

情にほだされてホイホイと会いに行ったら、大きなトラブルに巻き込まれていたかもしれません。そう考えれば、Cさんの判断は正解だったといえるでしょう。


ドキドキの体験談、いかがでしたか?

不倫の入口は、思わぬところにぽっかり開いているんですね。健全な主婦のみなさんには、ぜひとも踏みとどまる勇気を持っていただきたいものです……。

●文/パピマミ編集部
●モデル/福永桃子藤沢リキヤ

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る