スキンケア

ちゃんとケアしてる? “うなじと背中”を正しくお手入れするコツ

ちゃんとケアしてる? “うなじと背中”を正しくお手入れするコツ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、ママライターのましゅままです。

うなじや背中って、自分ではあまり見る機会がないのですが、意外と人から見られているものですよね。

そしてちょっとしたことで肌荒れしやすい場所でもあるので、常に清潔で健康なお肌にしておくことが大切です。

今回は、うなじと背中のお手入れ方法についてご紹介します。

170911masyumama

うなじと背中のお手入れ方法

(1)正しいむだ毛処理

ツルッとしたうなじや背中への第一歩はまずムダ毛の処理から。とはいえ、うなじ・背中は自分では処理しにくい箇所ですよね。

一番安全なのはシェービングのプロフェッショナルである理容室でキレイにしてもらうことです。美容室よりも専門の知識を持った施術を受けられますし価格も安価です。

セルフでムダ毛処理を行う場合は、以下の4ステップを遵守しましょう。

・1……ホットタオルで背中やうなじをあたためる。
・2……ローションを塗る。
・3……清潔なカミソリを使って撫でるようにそる。
・4……保湿し、冷たいタオルで引き締める。

(2)皮脂バランスを整える保湿

うなじや背中は肌荒れが起きやすく、顔同様に水分と油分両方を与えてあげるケアがおすすめ。

入浴剤はなるべく保湿効果のあるものを選び、お風呂から上がったらすぐに背中にローションを塗りましょう。広範囲に塗りやすいスプレーのものがオススメ。

水分を補給したらクリームを手にたっぷりと取って塗ります。背中は届きにくいですが指だけでなく手のひら全体を使ってまんべんなく塗るようにします。

(3)生活習慣の見直し

背中やうなじの肌荒れは生活習慣に左右されやすくなっています。

早寝早起きや規則正しい、なるべく和食中心の食生活を心がけましょう。

背中とうなじのお手入れ方法体験談

『わたしはずっと背中のニキビで悩んでいたのですが、シャンプーやトリートメントの流し残しを防ぐため、最後に体を洗うようになりました』(30代/男の子ママ)

背中はシャンプーやトリートメントの洗い残しや髪の毛や肌着の刺激が原因で肌荒れすることがあります。

背中が荒れやすい方はシルクや肌触りの良いコットンを肌着にし、なるべく低刺激の石けんでしっかり洗い流すようにしましょう。

『うなじは、髪を束ねたときや、上着を脱いだときなど自分が気が付かないようなタイミングで結構チェックされているので、定期的に理容室か、美容室でシェービングしてもらって、顔同様に保湿やUV対策もしっかりしています』(20代/女の子ママ)

うなじは顔に比べてUV対策を怠りがちなため、化粧下地を首やうなじにも塗るようにしましょう。

美容室でもシェービングをしてくれるところがありますが、専門は理容室ですので、女性向けの理容室を探してみましょう。

『背中は自分でクリームを塗りにくいので幼稚園児の子どもに塗ってもらってます。スキンシップにもなりますし、結構上手に塗ってくれますよ』(30代/女の子、男の子ママ)

背中は自分でケアしづらい、という方は家族に手伝ってもらうのもオススメ。子どもの手は柔らかく、タッチも優しいため上手に塗ってくれますよ。

うなじと背中はケアしづらいからこそ入念に

いかがでしたか?

うなじや背中は自分ではなかなか確認できない箇所。だからこそ、入念なケアが必要です。また、美しいうなじや背中は、1日や2日では手に入れることができません。

丁寧なお手入れで時間をかけて綺麗なうなじや背中をつくっていきましょうね。

ライター紹介

ましゅまま

ましゅまま

母一人、子一人で大学卒業まで生活し、就職間際に実の父に再会・そして両親結婚。三人暮らしをするが「父親」の存在を認められず数か月後一人暮らしを始める。アパレル販売員として2年働き、その後同じ職場の現・夫と結婚、娘を出産。娘と父親の関係性について日々考える。夫は転勤族のため出産後も引っ越しを年1回のペースで2回経験。次はどこの街へ飛んでいくのか……。

ライター紹介

赤松侑里(さゆりちゃん)

赤松侑里(さゆりちゃん)

1児の女の子のママです。育児も自分磨きも楽しく頑張ってママライフを過ごしています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る