苦手なママ友との付き合い方

子供が高熱なのに遊園地!? 「あり得ない」と感じたママ友の言動と対処法

子供が高熱なのに遊園地!? 「あり得ない」と感じたママ友の言動と対処法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

子育てライフを楽しいものにしてくれる“ママ友”。

子どもに関する情報や悩みを共有できるので心強い存在ですよね。

しかし、一方では個性が強過ぎて理解できない行動をとるママ友と遭遇することもあります。

今回は、周囲のママたちから「あり得ない」と感じたママ友のエピソードについて聞いてみました!

tonndemonaimama

(1)子どもが高熱なのに遊園地

『前にママ友数人と子どもたちも交えて遊園地で遊びに行くことになりました。その際、一人のママが顔を真っ赤にした子どもを連れていて、「顔赤くない?」と指摘すると「風邪かな〜39度近くあるし」と答えました。いやいや、休ませてあげてよ! とビックリしました』(37歳女性/営業)

子どもの体調がすぐれないのに、自分の都合だけで連れ回す親っていますよね。

ここまでヒドくなくても、子どもが眠そうにしているのに真夜中にファミレスに来るなど、日常でもそういう人はたびたび見かけます。

もしかしたらこのママ友はドタキャンしたら迷惑をかけると思ったのかもしれませんが、何よりも子ども優先で考えてほしいですね。

(2)家でくつろぎすぎる

『つい先日の話ですが、仲良くなったママ友を初めて家に上げました。最初は普通に楽しく会話してたのですが、だんだん態度が大きくなっていって、最終的には床でゴロゴロしたり勝手に部屋を開けたりしてやりたい放題。おやつを出しても「ありがとう」の一言もなし。もう二度と呼びたくないですね』(35歳女性/販売)

“親しき仲にも礼儀あり”という言葉はなんのその、仲良くなってそこまで時間が経っていないのに図々しくなるママ友っていますよね。

図々しい系でいうと、勝手に車に乗ってきたり頻繁にLINEを送ってきたりする人たちも同類だと思います。

こちらがどんなにイライラしても、向こうには全く罪悪感がないあたりが厄介なタイプですね。

(3)家を突き止めてきた

『過去に一人、ゾッとするようなママ友がいました。その人はいつもママ友たちの輪に入らずポツンとしていて、可哀想だからと時々話しかけてあげていました。しかし、私が数か月後に新築に引越して遠くなってからはあまり会わなくなりましたし、住所も教えていませんでした。ある日、急にインターホンが鳴ったので見てみると、なんとそのママ友の無表情な顔がモニターに映っていました。私はビックリして居留守を使いましたが、住所を教えてもないのに突き止めてきたことにゾッとしました』(38歳女性/主婦)

向こうに悪気はなかったとしても、住所を教えていないのに突然来られたら誰でもビックリしてしまいますよね。

しかも、それがそこまで仲の良いママ友でないならなおさらです。これはちょっとした恐怖体験ですね……。

とんでもない行動を取るママ友に遭遇したら

大半のママ友はいい人たちばかりですが、中にも常識では考えられないような行動を取る人もいます。

そういう人に遭遇した場合、一番有効なのはやはり“距離を取る”ことです。“触らぬ神に祟りなし”ではありませんが、親しく接するのを避けることでムダなストレスを抱えずに済みます。

また、向こうが天然で悪気なくやっているようなら、指摘してあげるのも一つの手です。相手が素直にこちらの言うことを聞いてくれそうな場合に限りますが、指摘することで行動を改めてくれるかもしれません。


何かとトラブルが生まれがちなママ友関係。

余計な面倒を抱えないように適切に対処するようにしたいですね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

倉本麻貴(和くん)

倉本麻貴(和くん)

毎日の子育てを明るく元気に楽しんでいます!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る