家計・生活費

1000万でも足りナイ!? 年収が高いのに貯金できない人の特徴3選

1000万でも足りナイ!? 年収が高いのに貯金できない人の特徴3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

なかなか貯金ができないのは収入が低いから、と思っている方も多いと思いますが、必ずしもそうとは限りません。

『金融広報中央委員会』が発表している『家計の金融行動に関する世論調査「二人以上世帯調査」(2014年)』の結果によると、年収1,200万円以上の世帯でも、11.8%の世帯が貯金ナシということでした。

年収1,200万円以上もあったら余裕のある暮らしをしてでも貯金はしっかりできそう……と思ってしまいますが、意外と高年収であっても貯金できない人というのは少なくないのです。

そこで今回は、年収が高いのに貯金できない人の特徴について見ていきたいと思います。

170829kousyuunyuunanonityokindekinai

(1)お金の流れがわかっていない

『共働きのため、結婚してからも財布は別でお互いに独身時代と同じようにお金を使っていました。特に贅沢をしているという意識もなかったし、お互いに相手が貯金しているだろうと思っていたら、ぜんぜん貯金できておらず、愕然。家計簿もつけていなかったので、お互い何にいくら使っているのかもわかっていませんでした。

子どもも欲しかったので、このままじゃダメだと思い、家計は私が一括で管理することにして家計簿をつけ始めたところ、食費・外食費、交際費、被服費でかなりの出費をしていることがわかったんです。そこのムダ使いを減らすようにしてお小遣い制にしたら、だいぶ家計も改善されました』(30代女性・会社員/世帯年収1,000万)

毎月、何にいくら使っているのかを把握していないと、無駄遣いにも気がつきません。

特に共働きで財布が別だと、相手のお金の使い方もわからず、実は二人とも貯金ができていないという恐ろしい事態になりかねませんので、管理は別にしてもお互いに収支を共有できるようにしておくことが大切です。

(2)見栄を張ってしまう

『年収1,000万を超えた途端、うちは平均家庭より上という意識が芽生えてしまって……。家も子どもの教育も、お金のことを気にせずとにかく“レベルが高いものを”と思うようになってしまったんです』(40代女性・専業主婦/世帯年収1,100万)

適正な額を上回る物件を購入し、住宅ローン返済で苦しむことになったり、子どもの習い事をいくつもさせたり、小さいころからずっと私立に通わせたり……。

そういった見栄から大きな出費がかさむと、貯金ができないどころか赤字家計になってしまう恐れもあります。

(3)こだわりが強い

『食べ物や水ひとつとっても、体に良いものをと考え、徹底的にこだわって購入しています。衣料品に関しても百貨店でしか購入しません。身の回りのものすべてに対するこだわりが強いんですよね。単価が高くても、自分たちが気に入ったもの、安心できるもの以外は購入したくないので、必然的に家計を圧迫します』(40代女性・専業主婦/世帯年収900万)

すべてにおいてワンランク上のものを求めると、知らず知らずのうちにお金が出ていってしまいます。

品質や素材にこだわるのは良いのですが、行き過ぎると家計を圧迫し、貯金ができない体質になってしまうので要注意。

今や安くても品質の良いものはたくさんあります。安いものに対する偏見を持たず、幅広い視野を持つことも大切でしょう。


高収入を稼いでいるはずなのになぜかお金が貯まらないという人は、もう一度自分たちのお金の使い方を見直してみてください。

今はどうにかなっていても、将来まとまったお金が必要になったとき困ることになるかもしれません。

老後貧乏な“下流老人”になりやすいのは現役時代に高収入を稼いでおり、プライドが高く見栄っ張りな人だとも言われています。

一度上がってしまった生活レベルを下げるのは容易なことではありませんが、これからの自分たちの生活のためにも、収支の見直しは必須と言えるでしょう。

【参考リンク】
家計の金融行動に関する世論調査「二人以上世帯調査」(2014年) | 金融広報中央委員会(PDF)

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

前田彩(桃花ちゃん)

前田彩(桃花ちゃん)

将来の夢は明るく楽しい人生を送ることです。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る