夫婦円満の秘訣

人のものに手を出すな! 夫に近づく女のムカつき体験談と対処法3選

人のものに手を出すな! 夫に近づく女のムカつき体験談と対処法3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

夫が完全にオジサン化して何の魅力も感じなくなってしまうというのも嫌ですが、かといっていつまでも魅力的で女性にモテる、というのも妻としては心配ですよね。

優しい男性の場合は特に女性からモテますので、本人が意図せず相手の女性を勘違いさせてしまうなんてこともありえます。

すると、勘違いしてハートに火がついてしまった女性は、相手が既婚者であろうとアプローチしてくることもあるんです。

今回はそんな夫にアプローチしてくる女性にイラッとした体験談と対処法について、既婚女性たちにお話を聞いてみました。

170825ottonitikadukuonna

(1)妻として堂々とした態度で接する

『夫が大学時代の女友達と二人きりで食事に行ったことがありました。出かける前にその人のことも聞いていたし、二人で行くことも聞き、私は了承したのでそれだけなら問題ないんですが……。

その後も彼女から頻繁にメールや電話で誘いが来るようになったんです。夫は「忙しいから」と言って何度か断っていたものの、ついに根負けして飲みに行くことに。もちろん私もそれを知っていましたし、止めようと思えば止められましたが、しませんでした。

結婚していると知りながら軽率に誘うことができる女性と同じ土俵に立って戦ったら負けだと思い、妻の余裕を見せつけることにしたんです。夫に「彼女に渡して」と伝えて手作りのお菓子を持たせ、「今度は家に遊びに来てねと伝えてほしい」と伝言を頼んだんです。夫の行動やあなたの行動はすべて把握していますよ、私はあなたになんて嫉妬していませんよ、というようなことをわからせたくて。

それ以来、彼女からの誘いはなくなりましたね。夫の背後に私がいること、私の存在の大きさがわかったんじゃないでしょうか』(40代女性/会社員)

妻として堂々とした態度で臨むというのはカッコイイですね。夫が自分を裏切らない、相手の女性に負けるわけがないという自信を感じます。

旦那さんの行動や女性の行動が妻に筒抜けであるということを匂わせるのは有効かもしれません。

(2)怒るのではなく悲しいことを夫に伝える

『うちの夫は情に流されやすく、かわいそうな人を放っておけないんです。そこにつけこまれやすくて……。同じ職場で働くシングルマザーから、ことあるごとに「相談に乗ってほしい」と言われ、泣きつかれると断れなくて、ついつい面倒を見てしまうんです。

私もその方の話を聞かされていますが、どう聞いても夫に気があるとしか思えない。でも、夫はそれに気付いていないっていう困った状況でした。でもあるとき、夜遅くに会いたいという電話がかかってきて、さすがに私も怒りが爆発しそうになりましたよ。

だけど、夫の性格からして私がキレるのは逆効果だと思い、怒るのではなく他の女性のことばかり気にして出掛けて行こうとすることが悲しい、寂しいということを物悲しく伝えたんです。そしたら夫は「悪かった」と言ってその女性にキッパリ断りを入れてくれて、その後は「妻が悲しむから」と言ってあまり関わらないようになりました』(30代女性/専業主婦)

他人の相談に乗ることで一番大切な妻が傷ついていると知り、旦那さんも自分の間違いに気付いたというパターンです。

お相手の女性と同じく、旦那さんの情に訴えたわけですね。これは作戦勝ちというか、旦那さんのことをよくわかっている妻ならではの作戦と言えるでしょう。

(3)夫にお灸を据える

『夫が女性と二人で食事しているところを目撃した友達から連絡を受け、夫に問いただしたところ、彼女は職場の同僚で既婚者だということでした。特に深い仲なわけではなく、何度か仕事帰りに食事したり飲みに行ったりしているとのこと。さらに聞けば、その女性は旦那さんとうまくいっていないらしく、その相談をされていたといいます。

パートナーとうまくいっていないという相談を持ちかけるのって、女性の常套手段ですよね。夫に、「あなたにその気がなくても、相談に応じている時点で相手に気を持たせてしまっている」と伝え、私に誤解を与えるような行動をとったら、今の幸せがすべて崩れること、慰謝料を相手からも夫からももらって別れること、子どもの養育費もしっかりもらうことを伝えました。それを承知の上でその女性と仲良くしたり浮気したりしたいならどうぞ、ということで。

私の毅然とした態度に恐れをなしたのか、それ以来その女性とは二人きりで会っていないようです。どこに誰の目があるかもわかりませんしね。ヘタなことして今まで積み上げてきた幸せをすべて崩すほど夫もバカじゃないと思いますし』(40代女性/パート)

やましいことをしたらどうなるか、具体的にハッキリと伝えるという方法ですね。慰謝料の金額なども具体的に告げるともっと危機感を与えられるかもしれません。

大きなリスクをおかしてまでその女性と仲良くする意味があるのか、自問自答させるのには良い方法だと思います。


既婚者だと知りながら近づき、隙あらば奪ってしまおうと考える恐ろしい女性も世の中にはいるものです。

また、人のいい旦那さんだとそれに気付かず女性のペースに巻き込まれていってしまうこともありますので注意が必要でしょう。

自分の夫がそんな女性の罠にハマらないよう、妻としてはしっかり対処していきたいですね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

赤松侑里(さゆりちゃん)

赤松侑里(さゆりちゃん)

1児の女の子のママです。育児も自分磨きも楽しく頑張ってママライフを過ごしています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る