ツヤをプラス! 日焼け肌にこそ映えるポイントメイクのコツ3つ

こんにちは、1歳の娘を育てているライターのchocondです。

毎日のように子どもと一緒に公園やプールへ行っていると、しっかり日焼け止めを塗っていてもうっかり日焼けをしてしまうこともあると思います。

一度焼けてしまったら元の肌色に戻るまでしばらくかかりますよね。そんなときに困るのがメイク。

いつものメイクがなんだか似合わなくなっていませんか? 日焼け肌にこそ映える色やツヤを足して晩夏〜初秋のメイクを楽しみましょう。

日焼け肌に映えるメイク

(1)ゴールドを効かせたアイメイク

170901chocond1

日焼け肌に映えるアイシャドウのカラーといえばやはりゴールド。そこにブラウンアイラインを足して華やかでなじみの良いアイメイクを施しましょう。

アイホール全体にハイライトカラーを広げ、二重幅にゴールドシャドウを重ねます。

下まぶたは目頭側にハイライトカラー、目尻側にブラウンシャドウを細く引きます。

ブラウンのアイラインをひき、まつげはあまりカールをつけずにブラックマスカラを塗り完成です。

アイラインに使うブラウンは明るめをチョイスすると抜けのある目元に

(2)頬にはツヤ&コーラルピンク

170901chocond2

カサついて見えがちな日焼け肌にはしっかりとツヤを足して潤っているように見せましょう。

まず頬の高い部分にクリームハイライトを乗せ、こめかみに向かってぼかします。

次にコーラルピンクのクリームチークを黒目より内側に入らいないように乗せてふんわりぼかします。

(3)日焼け肌になじむオレンジリップ

170901chocond3

日焼け肌になじむリップといえばオレンジ。ビビッドなオレンジは難しいカラーなのでミルキーな色味やベージュ寄りのオレンジを選ぶと使いやすいです。

オレンジリップ単品でも良いですが、艶っぽくしたい場合にはオレンジグロスを重ねてみてください


日焼けはNGだと思っている方も多いですが、毎日外に出ていれば多少焼けてしまうのは自然なこと。

せっかくの日焼け肌、普段とメイクを少し変えて楽しんでみませんか?