介護施設・老人ホーム

面倒みなきゃダメ? “義母の介護”に対するヨメたちの本音

面倒みなきゃダメ? “義母の介護”に対するヨメたちの本音

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

いつの時代も嫁姑問題は消えてなくならないものですが、晩婚化が進む現代で、お嫁さんたちがそう遠くない未来に悩まされる大きな問題の一つが、義両親の介護問題です。

元気なときに姑からいじめられたりひどい態度をとられたりしていたのに、年をとって動けなくなった途端、嫁が姑の介護要員にされ、さらに苦労するという話もよく聞きます。

中には、義母の介護で疲れきっているにも関わらず手伝ってくれない夫に嫌気がさし、離婚に至ってしまう夫婦もいるようです。

女性のためのコミュニティサイト『ガールズちゃんねる』にも、「義母の介護どう思いますか?」というトピックスが立ち、盛り上がりを見せています。

170824gibonokaigo

「義母の介護は施設に任せる」という人が圧倒的多数! でも問題が……

トピ主さんは今、脳梗塞で倒れた旦那さんのお母さんの面倒をヘルパーさんに見てもらっているそうですが、旦那さんが長男ということもあり、いずれは自分が面倒を見なければならないだろうといいます。また、義母の介護をするためには仕事も辞めないといけなくなるそう。

そこでトピ主さんは、「義母が倒れた場合に介護しようと思いますか?」と女性たちに問いかけています。

この問いに対し、

『施設に入ってもらう(義母の貯金などで)』

『介護しませんよ。仕事しなきゃ生活もあるし』

『関係ない。知らない。いじめられた相手を介護するほど私は善人じゃない』

『よくしてもらってたなら少しは手伝うかもしれないけど、自分がメインで世話とか絶対に無理』

『見たくないので離婚すると決めてます』

『施設に入れちゃう。24時間365日考えただけで無理』

『仕事辞めて介護するくらいならバリバリ働いて施設費用に当てた方がマシ』

『絶対いや!施設に入れるよ。自分たちの人生を義母のせいで苦痛にしたくない』

など、「介護するつもりはない」とする声が圧倒的多数でした。

また、多くの人が「施設に入ってもらう」という意見でしたが、住んでいる地域によってはなかなか施設に入れず待機している人、いわゆる“待機老人”が多いのが現状です。

高齢者が増えているにも関わらず、老人ホームや介護スタッフが足りていない状況だといいます。

そうなると、やはり現実的にはヘルパーさんを頼んだり、夫婦で介護を行ったりすることになるのかもしれません。

介護で離職するのは8割が女性

なお、総務省統計局が発表している『平成24年就業構造基本調査』によると、平成19年10月~24年9月の5年間で介護・看護を理由に前職を離職した人の割合は48万7000人だといいます。

そのうち、女性は38万9000人で、全体の約8割を占めているそうです。

やはり、自分の親であっても夫が仕事を辞めて介護をするよりも、妻が仕事を辞めて介護をする家庭のほうが多いということですね。

一般的に男性のほうが収入が多いため、それもやむをえないのかもしれませんが、妻にとって義両親の介護は大きな負担になるでしょう。

特に、嫁姑の仲が悪かった場合、相当な苦労が強いられると思います。

施設に入れることができるなら施設に入れたいという人が多いのは当然ですが、お金の問題や空きがないという問題から、施設に入れることができない人もたくさんいるのが現状です。

夫の両親や自分の両親に介護が必要になったとき、あなたならどうしますか?

【参考リンク】
平成24年就業構造基本調査 結果の概要 | 総務省統計局(PDF)

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

REIKO(SORAくん、UTAくん)

REIKO(SORAくん、UTAくん)

男の子2児のママです。ファッションが好きで、夫と子ども2人と仲良く楽しく日々くらしています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る