夫婦円満の秘訣

将来はモラハラ夫に!? 亭主関白になりがちな男性の特徴4選

将来はモラハラ夫に!? 亭主関白になりがちな男性の特徴4選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

結婚相手の見極めは、その後の人生に大きな影響を与えるものです。

後悔しないようしっかりと相手の人となりなどを確認したいものですよね。

しかし、結婚した途端に豹変してしまうという男性も少なくない様子……。

中でも、ひと昔前までは男らしさの象徴のように思われることもあった“亭主関白”な男性は、高圧的として敬遠される傾向にあります。

できれば結婚前に、亭主関白化してしまう男性かどうか見抜いておきたいところ。

今回は、結婚後に亭主関白になりがちな男性の特徴をご紹介します。

170824teisyukanpaku

(1)プライドが高い

『うちの夫は、恋人だったころからデートで私に一度もお金を出させたことがありませんでした。食事も毎回おごってくれて、「紳士的だな」「男らしいな」と思っていたのですが、これが大間違い。

結婚後にわかったのですが、「男は女を養うものだ」という考えの強い人で、とにかくプライドが高い人でした。専業主婦になってほしいと言われて、しぶしぶ家庭に入っています』(30代女性/主婦)

見極めが難しいところですが、プライドが高く周囲の目を気にするような男性は、亭主関白になりやすいタイプです。

男尊女卑的な考え方の持ち主である可能性もあるでしょう。

デートする際、「たまには私にも出させてほしいな」と言ってみて、ムッとするようなことがあれば亭主関白になる可能性が高いと言えます。

また、社会的地位の高い職業に就いている男性は、自分が家族を養っているという考えを持っていることが多く、女性には家事に専念してほしいと考える傾向が強いと言えるでしょう。

この他、自慢話が多い、自分が悪くても謝らないなどもプライドが高い男性の特徴です。

(2)固定されたライフスタイルがある

『少し神経質なところがある人だと思ってました。朝食のメニューは常に同じものでなければダメだし、自分のペースを見出されると途端に不機嫌になるんです。結婚後は少しのミスも許さない厳しい夫になってしまいました。自分のこだわりをとにかく押し付けて、自分を曲げようとしないのは困りますね』(20代女性/販売)

これまで作り上げてきた生活スタイルを変えるというのは、誰にとっても負担になることです。

しかし結婚となれば、お互いに譲歩して共通の生活スタイルを作っていくということは当然のこと。

その際、よりこだわりの強い生活スタイルを持っている男性ほど、それを崩されることを嫌う傾向にあります

そのため、常に女性側が自分を押し殺してスタイルを変えなければならないという状況になってしまうのです。

干渉されることを嫌うため、話し合いの場すら持てないということもあるかもしれません。

(3)父親が亭主関白

『交際中は分からなかったのですが、結婚後は家のことを何もやらない人でした。掃除や洗濯、料理など、私がどれだけ大変で疲れていようとも、なにひとつ手伝おうとしません。

何で手伝ってくれないのか思い切って聞いてみると、「え? 男は家事なんてやらないでしょ? ウチではそうだったけど……」と全く悪気のない行動だったようです。小さいころから家庭で刷り込まれた考え方は簡単には変わらないでしょうね』(30代女性/アパレル)

その人の生活スタイルというのは、生まれ育った家庭によるところが大きいと言えます。

無意識のうちに、亭主関白的な家庭が普通だと思い込んでいるため、なかなか考えを変えることもできず、悪気がないため責めることもできません。

また、一人っ子の男性は母親から甘やかされて育っているかもしれないため、「人にやってもらう」ということが当たり前だと思っている可能性もあります。

(4)被害者ぶる

『貧しい家に育って苦しい生活をしてきたようで、ことあるごとにそれを持ち出して悲劇のヒロインのような振る舞いをする人でした。「どうせ俺なんて」が口癖で、弱い人だと思っていました。

ところが結婚してから、次第に「俺がこんなに苦しんでいるのにどうしてお前は……」というような考えが出てくるようになって、恐怖を感じるようになりました』(30代女性/パート)

DVやモラハラをする人の特徴として、自分が受けたストレスを他のものに発散するように八つ当たりするというものがあります。

特に、自分が受けた被害を盾にして、相手の振る舞いを非難することがあるのです。

「俺が苦しんでいるのに」「お前が悪いことをしたから」というのはその典型的な言葉。直接的な言動がなくても、悪いのは自分だと被害者ぶるような男性には注意が必要でしょう。


いかがでしたか?

ひとくちに亭主関白と言っても、その程度はさまざま。

男らしいと感じられるのは喜ばしいものですが、将来的にDVやモラハラといった夫になってしまうことになる可能性があることも否定できません。

もし今回紹介したような傾向が感じられれば、より慎重に見定める必要があるかもしれませんね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

倉本麻貴(和くん)

倉本麻貴(和くん)

毎日の子育てを明るく元気に楽しんでいます!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る