苦手なママ友との付き合い方

あなたの周りにも!? 付き合うと面倒な“ブラックママ”の特徴と対処法

あなたの周りにも!? 付き合うと面倒な“ブラックママ”の特徴と対処法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

子育ての情報や悩みを共有できる貴重な存在である“ママ友”。

とくに初めての子育てのときなどは非常に頼りになる存在で、中には一生付き合っていけるような“親友”レベルのママ友が現れることだってあります。

しかし、一方では“ママ友イジメ”などの陰湿な関係に巻き込まれることもあり、そうなれば非常に厄介な生活を送るハメになります。

そこで今回は、付き合うと面倒な“ブラックママ”の特徴と上手な接し方についてお話ししていきたいと思います。

170823mamatomo

(1)ボス系ママ

『うちの小学校にもブラックママがいました。旦那が医者で儲けてるとかなんとかが口癖で、主催するママ友ランチはいつも3,000円超えの高級レストラン。参加しないママ友は片っ端からイジメの標的にするので、皆我慢して参加していたようです。私は最初からママ友イジメなんてどうでも良かったので距離を置いていましたが、案の定私が不倫してるだの子どもに虐待してるだのとテンプレのような陰口を叩かれていました。私は私で気の合うママ友グループを作っていたので全然気にしませんでしたが』(44歳女性/販売)

“ママ友トラブル”を引き起こす代表格と言えるボスママ。とにかく自分の言う通りに動かないことが嫌いで、自分に反発するママ友がいれば孤立させようと躍起になります。

そのため、取り巻きのママ友も多く人気者であることが多いですが、そのほとんどがマウンティングによって支配されているか、次の標的になりたくないがためにくっついているだけです。

「旦那が金持ち」「美人」「顔が広い」「子どもが優秀」などの要素によってボスママになっていることが多いと言われています。

(2)八方美人系ママ

『個人的には仕切りたがりのママよりも陰口に賛同してるような八方美人ママが嫌い。こういうタイプは常に「悪口に付き合わされている」という感覚を持っているため、罪悪感なくママ友イジメに参加しているところが厄介です。誰にでも良い顔する分、誰の陰口でも言う優柔不断な性格なので見ていてイライラします』(37歳女性/事務)

一見愛想が良くて気さくな印象がありますが、実は誰にでも良い顔をして他人の陰口を言いまくる八方美人ママ。

たとえば仲の悪いAさんとBさんがいた場合、八方美人ママはAさんと話しているときはBさんの悪口を言い、Bさんと話しているときはAさんの悪口を言います。

自分自身では“中立”だと思っているため、それに対する罪悪感を持っていないことも多く、非常に厄介な存在と言えます。

(3)腰巾着系ママ

『ボスママのウザさも半端ないけど、奴隷のように忠実な腰巾着タイプのママもかなり厄介。ちょっと前まで仲のよかったママ友に対しても、ボスママが仲間外れ認定したらその日から態度が180度変わる。実は自分たちが一番ボスママにビクビクしてるくせに、いつもぴったりくっついて何がしたいのって感じですね』(33歳女性/通信)

ボスママの周りに必ずといっていいほど存在する腰巾着系のママ。

本人たちにはママ友カーストの頂点に立つ才能もセンスもありませんが、ボスママの精神的な奴隷になることで自分の地位をかろうじて向上させています。

常にボスママの意向に沿う形で行動しているため、ボスママの機嫌次第では昨日まで仲良くしていたママ友にもいきなり敵対することがあります。

ブラックママとの付き合い方

狡猾で悪質なブラックママの標的にされないためには、とにもかくにも“賛同”の意思を示しておくことが大切です。

彼女たちは自分に逆らう人間を標的にするため、心の中でどう思っているにせよ「味方ですよ」というスタンスを取ることが賢明と言えます。

もちろん、「気に食わないから迎合しない」という選択肢もありますが、一緒に戦ってくれる仲間がいるか村八分にされても平気な鉄の心を持っていないと厳しい場合もあります。

逆に、一緒に戦ってくれる仲間が多いヤンママや性格が豪快な肝っ玉母さん系のママなどは、イレギュラーな存在としてカーストから除外される傾向にあるそうです。

もう一つ、ブラックママとの付き合いで大切にしたいのは、“目立たない”こと。

ブラックママたちは自分たちの格付けに敏感ですから、自分よりも優れていると思うママを見つけると引きずり下ろそうとする傾向にあります。

現実世界でもSNSでも謙虚な姿勢でいることが賢明です。


ママ友付き合いのしがらみは想像するよりも厄介であることが多く、「私は大丈夫」と高を括って配慮のない振る舞いをしている人ほど標的になりやすいです。

余計な面倒事に巻き込まれないように賢く立ち回るようにしたいですね。

●文/パピマミ編集部
●モデル/ゆみSAYA

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る