習い事

祖父母ナシでもできる! 保育園ママが子どもに習い事をさせるコツ3つ

祖父母ナシでもできる! 保育園ママが子どもに習い事をさせるコツ3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

子どもがある程度成長すると、気になりだすのが“お稽古ごと”。

保育園でも、3歳児クラスくらいになると少しずつ、英会話やスイミングに通い出す子どもが出てきます。

そこでメキメキと活躍しているのは、おじいちゃん・おばあちゃんたちです。

遅くまで仕事をしているパパ&ママにかわって、おじいちゃんたちが早めにお迎えに行き、お稽古先まで子どもを送り届けているんですよね。

でも、おじいちゃん・おばあちゃんの協力が得られない家庭では、どうやってお稽古ごとをさせたらいいのでしょうか?

核家族ワーママたちの前に立ちはだかる、“習い事への送迎の壁”。今回は、解決策を3つ紹介していきましょう。

170822iwa03-compressor

(1)実はたくさんある、オンラインでできるお稽古

『英語教室に通わせようと考えたのですが、やはり送迎がネックで諦め続けていたわが家。今年から、思い切ってオンライン英会話に申し込んでみました。その結果、とてもよかったと思っています。

オンライン英会話は送迎がないうえ、月謝がとても安いのが魅力。近所の英会話スクールの約半額でレッスンを受けることができるんです。

娘は毎週楽しみに受講しています。スクールに通っているお子さんたちと比べても、遜色ない英語力を身に着けていますよ!』(30代女性/4歳女の子のママ)

インターネットとテレビ電話を使って、ネイティブの講師とリアルタイムでやりとりができる“オンライン英会話”。

家にいながら楽しいレッスンが受けられるとあって、共働き家庭からの人気が高いお稽古ごとですね。

実は、オンラインでできるお稽古ごとは英会話だけではないんです。

インターネット上をくまなく探すと、リトミック、キッズヨガ、工作教室など、たくさんのオンラインレッスンを見つけることができるんですよ。

興味がある方は、一度お子さんといっしょに検索してみてはいかがでしょうか。

(2)短期集中レッスンでも、ちゃんと結果は出る

共働き家庭がお稽古に取り組むなら、あれもこれもと欲張るのは好ましくありません。

どうしても譲れないお稽古を、短期集中で行うのが成功のカギです。

『小学生になったときに、プールの授業で泳げないと困るため、どうしてもスイミングスクールには通わせようと思っていました。でも、もちろん平日は送迎の関係で無理。土日も大人気で、既に定員いっぱいでした。

そのため、私の夏休み・冬休みに、ギュッと濃縮して習わせることにしたんです。それだけでも、ずいぶん泳げるようになってビックリしました。

3歳から始め、卒園するころには“けのび”ができるようなっていましたよ。短期集中でも、ちゃんと結果は出せるんですね』(40代女性/小学1年生女の子のママ)

短期間だけのレッスンを受けさせる際は、目標の設定方法に工夫が必要。

子どもにとって手が届きやすい目標を、スモールステップで設定してあげましょう。

「できた」という達成感をたくさん味わうことができれば、短い期間だったとしても、そのレッスンを受けた意味は大きくなりますよ。

(3)安心・便利! 子ども専用送迎タクシー

『わが家は子ども専用の送迎タクシーを使っています。園に迎えに行ってもらい、子どもはドライバーさんに引き渡し。習い事まで送り届けたあと、「無事に送りました」と連絡を入れてもらいます。

ドライバーさんは元保育士の男性。とても明るくて穏やかな方だったので、息子はすぐになつきましたよ』(40代女性/5歳男の子のママ)

園からお稽古先まで、ドアtoドアで送り迎えをしてくれるのが、キッズ送迎タクシーです。

ドライバーはキッズ専任だったり、保育士や小児救急講習受講者だったりと、とても心強い顔ぶれです。

中にはホームページで、専任ドライバーの詳しいプロフィールを紹介しているタクシー会社も。これなら、初めて申し込むママにも安心ですね。

利用料金は多少かかりますが、共働き家庭にとっては大変便利なサービスですね。


調べてみれば、お稽古までの“送迎の壁”をこえる手段はいくつもありました。

核家族の保育園ママたち、どうかお稽古ごとを諦めないで。

お子さんの「好き」や「やってみたい!」を応援する手段、全力で考えてみようじゃありませんか!

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

貴子(優くん、綾ちゃん)

貴子(優くん、綾ちゃん)

ママになっても自分の時間を大切にし、笑顔でいることで子どもたちも笑顔でいられるよう、楽しくやっています♪

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る