ハンドメイド

飾るだけで女子力UP! おしゃれな“アロマワックスバー”の作り方

飾るだけで女子力UP! おしゃれな“アロマワックスバー”の作り方

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、ママライターのましゅままです。

アロマワックスバーとは、火を灯さないバー状のアロマキャンドルに、ドライフラワーやドライフルーツを飾ったもののこと。

クローゼットや玄関、トイレ、車に飾ると、アロマの空気清浄効果と見た目の華やかさで空間が魔法がかかったように美しく潤います。

市販でも完成品が売られていますが、実は手作りするのがオススメなんです。今回は、手作りアロマワックスバーの作り方をご紹介します。

アロマワックスバーの作り方

材料

・ソイワックス……50g(※ハードタイプのもの。パラフィンワックスとのブレンドのものでもOK)
・ミツロウ……50g
・アロマオイル……~60滴
・穴あけ用のストロー
・型
・リボン
・飾り用のドライフラワーやドライフルーツ

原料となるワックスは、ワックスとミツロウがブレンドされているものもあるので、初めて作る方にはオススメ。

ソイワックスは、ソフトタイプですと固めたあとに自立することできず型から外せないため、ハードタイプのものを選びましょう

アロマワックスバーの材料は、市販のお店では売っているところが少ないので、ネットで材料一式を仕入れている方がほとんどのようです。

作り方

(1)アロマオイルをブレンド

アロマ初心者の方は、王道のラベンダーがおすすめ。ラベンダーにはオレンジスイートやゼラニウム、ローズ、イランイランなどの甘めの香りのブレンドがおすすめです。

滴数の決まりはないのですが、100gに対し60滴程度(全体の5%)が限度です。

(2)デザイン決め

型にドライフラワーやドライフルーツを並べておおまかにデザインを決めます。

(3)ワックスとミツロウを溶かす

ワックスとミツロウを耐熱容器に入れ、湯せんで溶かしていきます。ミツロウが少し溶けにくいのですが、ここでしっかり溶かしておかないと固まりづらくなるので注意。

電子レンジで加熱し溶かす方法もありますが、失敗してしまうこともあるので確実なのは湯せんで溶かす方法です。

電子レンジの場合は、500wで20秒ずつ加熱し、かき混ぜながら繰り返していきましょう

(4)アロマオイル投入

溶かした(3)の粗熱が取れたら、アロマオイルを投入します。

(5)型に流し込む

(6)すばやく飾りつけ

固まってしまう前にサッと飾りつけをします。仕上げに、ストローでリボンを通すための穴をあけます。

(7)固まるまで待つ

完全に固まるまで待ちます。固まりきっていないのに型から外してしまうとヒビ割れてしまうので、注意。

(8)完成

型から外して、リボンを通して完成です。

かわいくラッピングしてプレゼントにも喜ばれるアロマワックスバー

いかがでしたか?

アロマワックスバーはその見た目からとても凝っているものに見えますが、実際は材料さえ集めてしまえば溶かして固めて飾るだけ、というシンプルな作り方で特別なコツやスキルもいりません

以前オシャレな雑貨屋さんで見かけたギフト用のアロマワックスバーは2,000円〜3,000円で販売されていたので、手作りならコスパも良く、プレゼントにもより喜ばれますよね。

手作りで、見た目がオシャレで、いい香り……。まるで女子力のかたまりのようなアロマワックスバー。

アロマポットなどの器具を購入し毎日芳香させる手間もないので、アロマに初めて挑戦する方にもオススメです。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

ライター紹介

ましゅまま

ましゅまま

母一人、子一人で大学卒業まで生活し、就職間際に実の父に再会・そして両親結婚。三人暮らしをするが「父親」の存在を認められず数か月後一人暮らしを始める。アパレル販売員として2年働き、その後同じ職場の現・夫と結婚、娘を出産。娘と父親の関係性について日々考える。夫は転勤族のため出産後も引っ越しを年1回のペースで2回経験。次はどこの街へ飛んでいくのか……。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る