子育てスタイル

日焼け止めは必須! 美人ママが娘に伝えたい魅力アップ術8選

日焼け止めは必須! 美人ママが娘に伝えたい魅力アップ術8選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ママライターのamuです。

美意識の高いママ友の娘さんをプールに連れていったとき、自ら日焼け止めを塗り始めたのを見て驚いたことがあります。

そこで、美人ママさんたちに、美容や人間関係、男性との付き合い方など、わが子にどんなアドバイスをしようと思っているか、こうしておけばよかったという点も含めて聞いてみたのでまとめてみたいと思います。

170830amu

美容

『登下校も日焼け止めを塗り、なるべく日陰を歩くよう言っている。私の二の腕の裏など白くて綺麗な部分を見せて、日に当たってきた顔と比べさせたら気にかけるようになった』(30代/小5女の子のママ)

たしかに、日に当たっていないところは小学生の顔と同じくらい綺麗な肌なんですよね。この部分の肌が全身ならいいのにと何度思ったことか。

『肘、膝、かかとだけは保湿するよう言っている。顔はまだ若いから何もつけなくていいと思うけど、硬くなりやすい部分は早いうちから保湿しておけば将来変わるのかもと思って』(30代/小2女の子のママ)

いくつになってもさらけ出せる肘や膝を保ってあげたいですもんね。

ここが出せるだけでかなり着られる洋服の幅が広がると思いますし、若く見える人はここが綺麗なんですよね。

また、若いうちに出せるところは出しておいたほうがいいという声も。

まだ20代や30代前半なのにもうおばさんだと思って守りに入ったけど、出しておけばよかったという声が多数でした。

『歯を大切にするよう教えている。歯周病リスクは20代、30代でもあり、老後に歯を失ってしまうこともあるから』(30代/小5女の子のママ)

定期的なクリーニングや歯の矯正は、親の役目かもしれません。昔と違って、クラスに何人か矯正器具をつけている子が見られます。

中学生、高校生と進学するたび、器具をつけるのに抵抗感が増すし、部活や受験のとき歯に違和感がないほうがいいので、できるだけ早いうちに矯正をしておくほうがいいのかなと思います。

『いくら食べても太らないからといって、いくらでも食べないこと。少食は習慣だと思うから、腹八分目を小さなうちから習慣づけさせるといいと思う』(30代/小5女の子のママ)

私も思っていました。私は太れない人間なのだと。30代、見事に太れる人間だと判明しました。

特に運動をしていると、しなくなったとき同じ食事量のため太ることってよくあります。

なるべく汁物や野菜でお腹を満たすようにし、ドカ食いしないよう伝えていきたいですよね。

人間関係

『義務教育中にできた友達は大切にするべし。もちろん、絆や思い出の面でもだけど、地元に友達がいると地元の男友達を紹介してもらえて交友範囲が広がったり、結婚してから家族ぐるみで集まれたりする』(30代/小3女の子のママ)

高校生のときは、特に地元で遊べる友達がいると楽しいですよね。お祭り、カラオケ、みんなでワイワイ行ってほしいと思います。

『面倒くさいと思う友達も、敬遠せずにどうしたらいいか考えて付き合って、成長すべし』(30代/小5女の子のママ)

命令されたとき、言いなりになったり喧嘩したりするのではなく、うまく逃げ、内緒話や悪口を聞かされたとき相手を傷つけることなく流すスキルなどですよね。

「今日こっちの道から帰ろう(明らかに遠回りで通学路外)」と言われたら、「いいねー。でも、今日早く帰らなきゃいけなくてさ」とか「行きたいけど、ママに見つかるとめっちゃ怒られるからな。うちのママ、ママ友多くてすぐそういうのバレちゃうから」と暗に怖いママというバックをちらつかせ、悪いことはバレると伝えるとか。

「○○ちゃんと私、どっちが好き?」の質問なども、「えー、どっちもかわいいしオシャレだし、大好きすぎて選べないなー」と褒めてうやむやにしたり、「○○って嫌じゃない?」と言われたら、「でも、○○は××ちゃんのこと好きって言ってたよー」とその子との関係をうまくいかせちゃったりするなんていう大人のスキルも知っているといいですよね。

子どもらしさも大事だけど、高学年は大人の対応も教えておくと人間関係がスムーズだと思います。

恋愛

こちらは、年齢があがったときに伝授したい項目ですが、

『好きな人がいると楽しいけど、若いうちは恋愛以外の楽しいことをたくさん見つけたほうがいい』(30代/小5女の子のママ)

愛情より友情のほうが長持ちするし大切なんですよね。

また、ゲームやゴロゴロすることはいくつになってもできるけど、部活や習い事などに一生懸命取り組むことは、そのときしかできない、青春は一度きりということを教えていきたいですよね。

自分もわからなかったように、なかなかわかってもらえないかもしれませんが、好きなことを見つける手伝いならできそうです。

『バカな男はさっさと見切りをつけること』(30代/小5女の子のママ)

別れたあとも付き合ってよかったと思えるほど好きな相手なら、別れないのが女性。

よっぽど利害関係が一致でもしない限り元カレなんて忘却の彼方へ消え去っていきます

それなのにダメンズと付き合っていると、進行形で付き合ってよかったと思えていないにも関わらず、幸せだと思い込もうとしてしまうんですよね。

でも、その時間は本当に無駄。

無理やり別れさせるのは難しいし、反対すると盛り上がることもあるので、小さなうちからイケメンをたくさん見せて見る目を養わせるとか、賢い努力家の男子が集まるような進学校へいける地頭になるように勉強をきちんと見てあげるとか、さみしさから共依存にならないように家庭を楽しくて居心地のいい場所にするとか、できることはしていきたいですね。

そんなに簡単ではないと思いますが。

『いい男を捕まえるなら、大学進学よりも有名大学のそばでバイトしろ』(30代/小5女の子のママ)

これは、まさにそれ! です。

美容も恋愛も遊びもそっちのけで必死で努力して進学したのに、クラスのイケメンにはバイト先にかわいい彼女がいて、「彼女のアホなところが好き」なんて聞いた日にはもう。

それにしても、都心の一等地の飲食店にはイケメンが集まりすぎてやいませんか?

目の保養がしたいので、郊外にも分けてくれー!

そうそう、娘がスマホを持つようになったら、写真を撮っておいたほうがいいと伝えたいという意見もたくさん出ました。

もちろん、加工ではないものを、です。

ライター紹介

amu

amu

内気な文学少女が、ガングロギャルや社会人を経てママに。SNS、オフ会、幼稚園、小学校役員、習い事、ママチアにママバスケ、友達の友達……と輪が広がっていき、気づけばママ友100人できました。春夏秋冬、口実を見つけては飲んでいます。飲酒時は、どこまでもハッスルし伝説を残すため、ママ友にはレジェンドと呼ばれています。小学生の娘には、ピアノ、図工、ダンス、英会話、通信教育を習わせる教育ママ。どんな芽が出てどんな花が咲くのかな? と楽しみにしながら、日々送り迎えに励んでいます。趣味は、愛犬と戯れること、ドライブ、読書、着物、料理、プチ旅行。

ライター紹介

赤松侑里(さゆりちゃん)

赤松侑里(さゆりちゃん)

1児の女の子のママです。育児も自分磨きも楽しく頑張ってママライフを過ごしています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る