夫婦円満の秘訣

一生の記念orムダ遣い? 結婚式を挙げることに対する賛否

一生の記念orムダ遣い? 結婚式を挙げることに対する賛否

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

人生最大の晴れ舞台とも言える“結婚式”。一生の思い出に残るものですから、思いっきりおめかしして、豪華なホテルや料理を用意して……と気合いが入ってしまうものですよね。

とある調査によると、結婚式費用の平均相場はなんと約350万円。一夜にしてこれが吹き飛ぶのですから手痛い出費ではありますが、最高の思い出作りのためには仕方ないと割り切って行う人も多いのではないでしょうか。

しかし、近年では挙式や披露宴を行うことに疑問を持つ人々が増えてきており、挙式や披露宴を行わない“ナシ婚”派の人が非常に多くなっていると言われています。

女性のためのコミュニティサイト『ガールズちゃんねる』では、『結婚式って必要?』というトピが立てられさまざまな意見が寄せられています。

170818kekkonnsiki

豪華な式や披露宴に疑問を持つトピ主

トピ主さんは、豪華な結婚式や披露宴に対し、ウェディング業界が儲けたいだけのイベントだと思っているとのこと。自身は小さな結婚式と食事会で済ませたい派なのだそうで、最後に「皆さんはどう思いますか?」と投げかけています。

結婚式はやったほうがいい派の意見

『やっちゃった方が楽だよ。いっぺんにあいさつできるから』

『金があるならやった方が良い。一生ものの思い出になるよ』

『私は結婚式して正解だと思いました。人生であんなに大勢の人から祝福されることなんて、この先一生ないはず』

『やったほうがいいと思うな〜。あの日だけは人生で唯一自分が主人公になれた気がした。旦那とケンカしたときとかに結婚式のDVD見ると初心に返れるし』

『式は自分たちのためだけじゃなくて、これまでお世話になって人たちへの恩返しでもある。きちんとやった方が周囲からも好かれる夫婦になる』

結婚式をやってほうがいい派の人たちの意見としては、「一生ものの思い出になる」という主旨のものが多く見られました。

たしかに一度に何十人、何百人から祝福されることなんて人生でそうそうないですよね。きらびやかなウェディングドレスに身を包み、皆からおめでとうと言われる……女性にとってこれほど幸せなことが他にいくつあるでしょうか。

また、式はタイミングを逃すとなかなか挙げづらくなりますから、後で後悔するナシ婚夫婦も少なくありません。

心の中で少しでも憧れがあるという人は、やっておいた方がいいかもしれませんね。

結婚式はやらないほうがいい派の意見

『たった3時間ぽっちのために300万も400万も払うなんて馬鹿げてる。そのお金で海外旅行とか欲しい物を買った方がいい』

『自分の自己満足のためにご祝儀払わせるのが申し訳ないからやらなかった。その分浮いたお金で欲しかった新車買ったから満足』

『私自身が他人の披露宴をつまらないと感じる性格だから、自分がやるなんて想像できない。わざわざ休日を潰して3万払わせて無理矢理祝福させるとかよく考えたらおかしい文化』

『身内だけで高級レストランで食事会が理想。紀香と陣内みたいに大々的に結婚式挙げたからって必ずしも幸せになれるわけじゃないし』

『将来の子どものために貯金したほうが合理的だよ』

結婚式をやらないほうがいい派の意見としては、「大金払うなら別のことに使った方がいい」「周囲に申し訳ない」という主旨のものが多く見受けられました。

それほど結婚式に憧れを持っていない場合、たしかに一夜にして300万円がなくなるなんて非合理的すぎますよね。

人によっては年収に近い金額ですから、冷静に「別のことに使ったほうがいい』と考えるのも頷けます。

また、自分がご祝儀の支払いに苦労した経験から、他人に迷惑をかけたくないと思ってやらない人もいるようです。

結婚式よりもお金をかけたいものがある人の場合は、無理にやる必要もないかもしれませんね。

“ナシ婚”を選択した人たちがやったこと

株式会社みんなのウェディングが2017年に調査した結果によると、結婚式をしなかった人の理由の1位は「経済的事情」、2位が「セレモニー的行為が嫌」、3位が「結婚式以外のことにお金を使いたい」となっています。

不景気かつ価値観が多様化した現代社会の影響が色濃く投影されている感じがしますね。

とはいえ、ナシ婚を選択する夫婦でも、結婚を機に何もしないということではないようです。

同調査によると、ナシ婚を選択した夫婦が結婚を気に行ったことは1位「結婚指輪の購入」、2位「身内だけの食事会」、3位「メールで結婚を報告」となっており、やや順位は落ちますが、約22%の人が「ハネムーン」に行ったそうです。

また、婚礼衣装で写真撮影をしたという人も約25%いました。

指輪の購入や写真撮影など、式を挙げなくても記念に残ることはしたいという気持ちが汲み取れます。

皆“結婚”自体に興味がないというわけではなく、お金がかかりがちな式や披露宴だけを敬遠しているという人が多いのかもしれませんね。


いかがでしたか?

結婚式を挙げる必要があるかどうかは、やはりその人それぞれによって異なるようです。

式を挙げるにせよ、挙げないにせよ、自分たち夫婦が納得できるような選択をしたいですね。

【参考リンク】
「ナシ婚」に関する調査2017 ~ナシ婚層の実態~ | 株式会社みんなのウェディング

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

ゆみ

ゆみ

社会人になって新しいことをしてみたい、新しい自分に出会いたいということで挑戦させていただきました♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る