行事・祭事・イベント

友達の投稿に嫉妬! 思わずイラッとしたSNSの“夏休み自慢”3選

友達の投稿に嫉妬! 思わずイラッとしたSNSの“夏休み自慢”3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

みなさん、夏休みは満喫されましたか?

働いているとなかなかまとまった夏休みがとれないものですが、中には10連休がとれたという羨ましい人もいるようです。

十人十色というように、夏休みの過ごし方も人それぞれ。自宅でまったりのんびり過ごす人もいれば、あちこちへ出かけて夏を満喫する人もいます。

そして、充実した夏休みの様子をSNSに次々とアップする人も……。

今回はSNSで見かけて思わずイラッとした“夏休み自慢”投稿について調査してみました。

170817snsnatuyasumijiman

(1)家族で海外旅行へ行き実況中継するウザいママ友

『ママ友が家族で1週間ハワイに行き、実況中継並みに現地の様子がひっきりなしに写真付きでつぶやかれていた。水着写真やら泊まったホテルの写真やら、どうでもよすぎてウザかった。でも、子ども同士の仲が良いので無下にもできず、とりあえず「いいね」を押しておきました。わが家は近所の大型ヨッピングモールへ行ったくらい。その格差にちょっとダメージを受けましたね。子どもが不憫ですが、喜んでいたので良しとします……』(36歳女性/パート)

海外旅行は自慢するのにもってこいのネタです。羨ましがったら負けな気がしますが、羨ましがらずにはいられませんよね。

あまり人が行かないような国であれば、嫉妬というより素直に「すごい!」と思えるし、「もっと写真をアップして詳細を教えて!」とも思えるのですが、ハワイとなると、行けそうで行けない感じが嫉妬心を煽ります。

とはいえ、海外旅行へ連れていけなくても、近所に出かけただけでも、お子さんが喜んでくれたならそれが何よりです。

(2)音楽好きでもないくせに音楽フェスへ行った友達に激しく嫉妬

『私はロック大好きで、もちろん夏の音楽フェスは行きたくて仕方なかったけど、どうしても仕事が休めず断念。にも関わらず、友達は特に音楽が好きなわけでも詳しいわけでもないのに、かっこつけで音楽フェスへ行き、自慢をしているのがイラつく。悔しいから、友達が絶対知らないであろうバンドについて質問しまくってやった。あー、ほんとに羨ましい』(25歳女性/会社員)

これは激しく同意します。「なんであの子が?」と思うような人が音楽フェスへ行って自分のファッションやら食べたものやらの写真を投稿していると、「演奏聞けよ! ステージ見ろよ!」と思ってしまうんですよね……。

また、自分が好きなバンドについて知ったような感想を書かれていると余計に腹が立つものです。

(3)職場の仲間が自分抜きでナイトプールやBBQに行ったことが判明

『職場で仲の良い同僚の子が男女数人のグループでBBQやナイトプールに行った写真を投稿していて衝撃を受けました。だって、そこに写っていたのはみんな同じ職場の人たちだったから。私は誘われてないのに……。ショックすぎてフォロー外しました。仲間外れ感が半端ないです』(30歳女性/会社員)

これはショックです。実際に行く行かないは別にして、普段仲が良いのなら一声かけてくれてもいいものを、なぜ誘ってくれなかったのかと悶々としてしまいますよね。

休み明けに職場で顔を合わせたときにも気まずいですし、見なかったことにするしかありません。

それにしても、BBQにナイトプールとは、リア充感満載ですね……。余計に腹立たしい気がします(笑)。


夏休みの思い出をSNSに投稿したい、みんなに見てもらいたいという気持ちはわかりますが、あまりにやりすぎると友達に引かれてしまう可能性もありますし、反感を買ってしまうこともありますので、注意が必要そうです。

友達のSNS投稿を見ていると、「充実していて羨ましいな」と思うことも多いでしょうが、実際にはそうとも限りません。

みんなに羨ましがられそうなところへ無理して行っていたり、人からどう思われるかを気にしすぎていたりする人も少なくないでしょう。

案外、SNSで何も発信していない人のほうが心から充実した日々を過ごしていたりするものです。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

福永桃子

福永桃子

バレエ、ミュージカルのダンサー活動のかたわら、モデル仲間とアパレルブランド『Black Peach』を設立。さまざまなことに挑戦したいと思っています!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る