ネイル

繊細な柄も一瞬!? スタンピングネイルを簡単キレイに仕上げるコツ

繊細な柄も一瞬!? スタンピングネイルを簡単キレイに仕上げるコツ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、ヨーロッパ在住ネイルアーティストのMacelovaです。

こちらチェコでは数年前からよく目にしているスタンピングネイル。今や、日本では100均でも手に入るとか。それもかなりのクオリティーと耳にしています。

スタンピングネイルとは、道具を使って爪に絵柄を転写させるネイルデザインのやり方です。今回は、ちょっとしたコツで簡単にできる方法をご紹介します。

170824macelova1

道具の名称

スタンパー

170824macelova2

スタンパーといって、ここに柄を写して爪に転写させます。

使用前に、ゴム部分を台所用の中性洗剤で優しく洗います。買ったままの状態ではうまく転写されないことがあります。

スクレーパー

170824macelova3

余分なマニキュアをこそぎ落とすスクレイパーという道具です。樹脂でできているスクレイパーの方がプレートに傷が付かないと思います。

こちら少々使いにくかったので、私は名刺で代用しています。

プレート

170824macelova4

こちらがプレート。柄のくぼみにマニキュアをたらして使います。購入時は透明の保護フィルムが付いています。忘れずに外してくださいね。

スタンピングネイルのやり方

【必要な道具】
・ベースコート
・カラーマニキュア
・トップコート
・スタンピングネイル道具(スタンパー、スクレイパー、プレート)
・除光液
・綿棒

【使い方】
(1)ベースコートを塗ります。

(2)カラーマニキュアを2度塗りして乾かします。

(3)プレートの使いたい絵柄の上に、多めにマニキュアを塗ります。

170824macelova5
170824macelova6

このような状態になります。マニキュアが乾かないようにできるだけ手早くやります。1度塗りで色の出るマニキュアを選びましょう。

(4)スクレイパーを斜め45度に傾け、軽く押し付けるような気持ちで横に余分なマニキュアをすり切ります。余分なマニキュアが残っていると綺麗にスタンプできません。また、強くえぐってしまうとマニキュアが取られすぎて絵柄が出ません。

170824macelova7

(5)スタンパーを転がすようなイメージでプレートから絵柄を写します。上から下へ押し付けるだけでは全面に柄が写りません。スタンパーの形を確認してください。余分な柄まで写った場合は、綿棒に除光液をつけて取ってあげるといいです。

170824macelova8

(6)爪のカーブに合わせて、位置を確認しながら転がすように押し当てます。

170824macelova9

(7)仕上げにトップコートを塗って完成です。

170824macelova10

使用後の道具は、除光液を使ってきれいにお掃除してください

まずは道具の扱いをマスターするために、紙などに転写させて練習をしてみるといいかもしれませんね。

今回のまとめ

いかがでしたか?

驚くほど繊細な柄までできるスタンピングネイル。ちょっとしたコツを知っているだけで、仕上がりがうんと変わってきます。

ぜひ試してみてくださいね!

ライター紹介

Macelova

Macelova

ヨーロッパはチェコの片田舎で、三姉妹の母親業の傍らネイルアーティスト、ライターとして活動中。1978年生まれ。美容専門学校ネイル講師、プライベートネイルスクール&サロン主宰を経て、2011年に夫の故郷チェコへ移住。執筆分野はビューティー、ファッション、ワークスタイル、ライフスタイル、トラベル等手掛ける。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る