エンタメ

上原多香子vs今井絵理子! 不倫報道がショックだったSPEEDメンバーはどっち?

上原多香子vs今井絵理子! 不倫報道がショックだったSPEEDメンバーはどっち?

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

SPEEDメンバーである今井絵理子議員の不倫が報じられ、大きな話題を集めました。

さらに時期を同じくして、上原多香子さんのショッキングな不倫報道があり、SPEEDのメンバー2人に同じタイミングで注目が集まることとなっています。

デビュー後、数々のヒット曲を生み出し輝きを放っていたメンバーたちですが、このような形で再び注目を集めることになるとは誰も予想していなかったでしょう。

人気が高かっただけに、ショックを受けたという人も多いはず……。

そこで、パピマミ読者のみなさまに8月11日〜16日にかけて「上原多香子と今井絵理子、不倫報道がショックだったSPEEDメンバーはどっち?」という二択アンケートを実施し、301人の方々から回答を得ましたので、その結果を発表したいと思います!

170817nitaku

上原多香子vs今井絵理子! 不倫報道がショックだったSPEEDメンバーはどっち?

・上原多香子……87%(263人)
・今井絵理子……13%(38人)

※有効回答者数:301人/集計期間:2017年8月11日〜2017年8月16日(パピマミ調べ)

上原多香子さんを選んだ理由

『あまりにもショッキングな内容過ぎて、全然笑えない。自分の不倫が原因で夫が亡くなったというのに、のうのうと芸能活動をしていたとか信じられないです』(40代女性/主婦)

『大人しい子だと思っていただけに、今回の不倫はショックでしたね。本人はどう思っているか知りませんが、不倫のあとも他の男性と熱愛報道があったし、男好きの悪魔にしか見えなくなりました』(30代女性/事務)

SPEED内で一番のルックスを持つとも言われており、女優としても活躍していた上原多香子さん。

2012年にET-KINGのTENNさんと結婚した上原さんですが、わずか2年後にTENNさんが自死するという出来事に見舞われ、当時は同情の声が集まっていました。

しかしその後、上原さんの不倫をほのめかす遺書が公開され、世間のバッシングを受けることに。

遺書では、俳優・阿部力さんとの不倫のほか、TENNさんが子どもができない体であることを謝罪する言葉などもありました。

単なる不倫にとどまらず、それが一因となって一人の命が失われることになっていたということが発覚し、世間が受けたショックは計り知れないものとなっています。

今回の件について上原さん本人はまだ口を開いていませんが、たびたび不倫が報じられる芸能界においても最大の衝撃を与えたと言っても過言ではないかもしれません。

今井絵理子さんを選んだ理由

『SPEEDではボーカルとして目立ってたし、議員にまでなって本当に期待していたぶん、残念な気持ちが大きいですね。新幹線で撮られた写真も、だらしなさ過ぎて失望しました』(30代女性/アパレル)

『国会議員が仕事もせずに不倫っていうのが許せません。しかも子どもを使って当選したといってもいいぐらいなのに、その子どもをないがしろにして遊んでたと思うと余計に腹が立ちますね』(40代女性/飲食店)

SPEEDではメインボーカルを務めて華々しくデビューした今井絵理子さん。

不倫の報道とともに公開された無防備な寝姿写真は世間に大きなインパクトを与え、国会議員としての資質を問われることになりました。

「一線は越えていない」という言葉で不倫関係を否定した今井さんですが、その言葉を信じる人は多くはないでしょう。

また、お相手の橋本市議が不誠実な釈明をしたことで、さらなるバッシングを受けることに。

シングルマザーで障がいを持つ子どもを育てるという面があったことが当選を後押ししたとも言えるため、より「裏切られた」と感じた人が多いようです。

すでに政治生命は終わってしまったと言えるのではないでしょうか。


いかがでしたか?

どちらも世間に大きなショックを与えたことに違いありませんが、人の生死にまで影響を与えることとなった上原さんに対するショックはやはり大きい様子。

解散後、数度の再結成をへて活動を続けていたSPEEDですが、再び4人が集まる姿を見ることはできるのでしょうか。

【参考リンク】
【二択アンケート・結果】上原多香子vs今井絵理子! 不倫報道がショックだったSPEEDメンバーはどっち?

●文/ぶるーす(芸能ライター)
●モデル/SAYAゆみ

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る