ネイル

嫌な臭いがしない? “水溶性ネイル”の選び方と塗るときのコツ

嫌な臭いがしない? “水溶性ネイル”の選び方と塗るときのコツ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、フリーライターの鈴木ハナコです。

サンダルにお世話になりっぱなしのこの季節。けれど、子どもが小さいとフットネイルでニオイのきついマニキュアを使うのはちょっとためらってしまいますよね。

そんなときにオススメなのは、水溶性のネイル。マニキュア特有のあの嫌なニオイがしないネイルです。

一昔前は水溶性ネイルというとぬるま湯で溶けたりはがれたりするネイルが主流でしたが、今では有機溶剤を使用せず、一般的なマニキュアのような塗り心地と使用感、持ちを実現したネイルがたくさんあるんです。

170816suzukihanako

水溶性のネイルを選ぶときのポイント

可能であれば、一般的なマニキュアを選ぶときのように試し塗りをするのがベター、さまざまな色展開がありますが中には塗りムラが目立つ色も。

『店員さんに聞いて塗りムラが目立ちにくい色の中から選びました。赤ちゃんがいるので時間もかけられないかなと思い、一度塗りできれいに塗れる濃い色にしました。濃いピンクや赤、紺色、赤茶などが目立ちにくく、夏にも良さそうな色だなと感じました。逆にパステルカラーっぽいものは、塗りムラがちょっと目立つ印象です』(東京都/30代ママ)

水溶性ネイルを塗るときのポイント

通常のネイルと同じように爪の表面の凹凸をヤスリをかけてなくしたり、汚れを取ったりしてから塗るようにしましょう。

水溶性ネイルは、間違って肌についたときに落ちにくいものもあり、修正しづらいので爪の端はほんの少し開けながら塗るのがオススメです。

『水溶性ネイルだとたっぷり使っていても本当に嫌なニオイがしないので、愛用しています。気持ち多めに筆にとって伸ばす感じで使っています』(千葉県/30代ママ)

ネイルアートは控えめシンプルに

よく見かけるネイルシールなどももちろん使用できますが、持ちが悪くなるのでなるべくネイルアートはシンプルに

最近流行のスタンピングネイルや、爪楊枝の背を使ったドットネイル、スポンジを使って色を重ねる程度がよさそうです。

『水溶性ネイルに限った話ではありませんがいろいろ重ねすぎるとネイルの持ちに影響があります』(千葉県/20代ネイリスト)


子どもがいるからとフットネイルを諦めているママは、水溶性ネイルを活用して夏のおしゃれを楽しんでくださいね。

ライター紹介

鈴木ハナコ

鈴木ハナコ

幼い時から医師や歯科医師などの医療関係者に囲まれて育ち、反発したものの大学卒業後自身も結局医療関係職に就く。本職の傍ら医療分野のコラムを執筆。現在結婚し、これまた医療関係職の夫と2児と暮らす、母親業と子どものことはわからないことだらけながらも日々奮闘中。気になったらとことん調べたいという性格が影響するためか、調べ始めたら止まらない。専門家へのインタビューも積極的にこなします! “キチンと知りたい”をモットーに取材、執筆活動中。趣味はお手軽アウトドア。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る