ライフハック

危険はつきもの? ネット恋愛をめぐる賛否の声とリアルで会う際の注意点

危険はつきもの? ネット恋愛をめぐる賛否の声とリアルで会う際の注意点

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

みなさんは「ネット恋愛」と聞いて、どんな印象を持ちますか?

一昔前であれば、ネット恋愛と聞けば“出会い系サイト”での出会いを思い浮かべたものですが、最近ではSNSやオンラインゲームなどを通して出会い、恋愛に発展するケースが多いといいます。

今やネット(オンライン)での出会いも一般的になり、偏見を持つ人は少なくなったと思うのですが、やはりまだまだ抵抗を示す人も多いようです。

そこで今回は、10代〜40代の女性へ、ネット恋愛についてどう思うのかお話を聞いてきました。

また、ネット恋愛をする際に注意したいポイントもまとめましたので、参考にしてみてください。

170802netrenai

ネット恋愛に賛成の意見

『知り合ったきっかけがたまたまネットだったってだけで、リアルで会って会話して惹かれ合って付き合うのなら別に問題はないと思う。友達にもSNSがきっかけで付き合ってる子はいるし』(10代女性/大学生)

『私も夫とはSNSで知り合って結婚しましたが、幸せですよ。同じ趣味を介して知り合ったため、実際に会ったときも話が盛り上がってすぐ意気投合しました。よく、「ネット恋愛なんてモテない人がすること」とか言う人がいますが、あの出会いは嫌だ、この出会いは嫌だって言っていつまでも結婚できずに40代とかになっている人こそ哀れだと思います』(30代女性/主婦)

『看護師をしている友人が職場で出会いがないということで、アプリで出会いを探していましたが、何人か会った中ですごくいい方とお付き合いして、結婚にまで至っていました。危険な面もあるかもしれませんが、人を見る目がある人なら大丈夫なのではないでしょうか』(20代女性/会社員)

『今の時代、SNSやゲームのオフ会で知り合って交際に発展、とか普通だと思うし、本人同士が幸せならいいと思います。ネット恋愛と言っても、利用するツールを選べば危険は減らせると思いますよ。実際、オフ会とかなら趣味や嗜好が合う人同士が集まるわけですし、1対1じゃないので安心感もあると思います』(20代女性/会社員)

賛成派の意見としては、自分自身や友人が実際にネット恋愛を経験して良い人と出会えたため「アリ」という人が多かったです。

また、怪しい出会い系サイトなどを使わなければ安全と考えている人もいることがわかりました。特に“趣味が合う人”との出会いには危機感をあまり感じないという人が多いようですね。

共通の話題があることで実際に会ったときにも話が盛り上がる、同じ趣味を持つ仲間から自然に恋人へと進展していける、というのがメリットになると言います。

ネット恋愛に反対の意見

ネットなんていくらでも自分を偽れる。公表してる顔写真だって全然別人のものかもしれないし、アプリとかで盛りまくってるかもしれない。実際に会ったら写真と全然違った! って声も聞くし、私はナシです。どうにか合コンや婚活パーティーで出会いたいと思います』(40代女性/会社員)

『素性もわからない相手と会うなんて怖くてできません。出会い系サイトで知り合った相手がきっかけになった事件も起きていることですし……。どんな目的で出会いを求めているかもわからないし、やめたほうがいいと思います。もし自分の子どもがネットで出会いを求めていたら、即止めます。何かあってからでは遅いですから』(40代女性/主婦)

『リア充な人はやらないと思う。現実で異性に相手にされない人がやってるイメージだから、どうせロクな人がいないと思う。まともな人は友達の紹介とかで出会えるはず』(30代女性/パート)

反対派の意見を見ると、かなり偏見のある人が多いようですが、比較的年齢が高い人のほうが否定的な気がします。やはり、ネット恋愛に対して「出会い系」のイメージが強すぎるのでしょう。

また、自分の子どもにはやらせたくないという回答も印象的でした。親としてはどんな人かもわからない相手と自分の子どもが会うなんて、考えただけでゾッとするのかもしれません。

ネット恋愛をする際に気をつけたいこと

ネット恋愛についての賛成派と反対派の意見をそれぞれ見てきましたが、いかがでしたか?

ネット恋愛には、メリットもあればデメリットもあるのは事実。大切なことは、使い方を間違えないことと、危機管理をしっかりすることです。

そこで、ネットで知り合った相手と実際に会う際、どんなことに注意したら良いのかをご紹介します。

できる限り1対1では会わない

どんなに話が合う相手でも、所詮はネット上だけでの話。実際に会ってみたら実は全然ウマが合わなかった……なんてことや、思っていた人と全然違った、なんてこともあります。

また、1対1で会う場合、女性は特に危険にさらされることになりますので、二人だけで会うのではなく、友達や仲間を交えて会うようにしましょう。

一番オススメなのは、オフ会を利用することです。オフ会であれば何人もで会えるため危険が少なくなりますし、狙っていた相手がイメージと違ってガッカリしても、他の相手と意気投合する可能性もあります。

密室には入らない

どうしても二人きりで会わなければならない場合は、必ず人の多い場所で会いましょう。たくさんの人の目がある場所以外では会ってはいけません。

人気がないところ、カラオケボックスや個室、ホテルなどに誘われてもキッパリ「NO」と断りましょう。犯罪や事件に巻き込まれる可能性もあります。

初対面でそうした場所へ誘ってくる男性は危険です。その後も連絡は絶ったほうがいいでしょう。

個人情報を伝える際は慎重に

住所や勤め先、フルネーム、家族構成などなど、個人情報は簡単に教えないようにしましょう。悪用されないとも限りません。

何回か会って行く中で、信頼できる人だということが確信できたら徐々に話していくのが賢明です。


ネット恋愛に対するハードルは低くなってはいますが、安全に利用するためにはガードを固くすることも大切。

いくらネット上で気が合うからといって、簡単に相手を信用してはいけません。反対派の意見にもあったように、ネット上ではいくらでも自分を偽ることができるのです。

残念ながらネット上には悪意を持った人もたくさんいます。そうした人たちから自分の身を守り、幸せな出会いをつかむためには、注意しすぎるくらいでちょうどいいと思います。

●文/パピマミ編集部
●モデル/香南TOYO

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

ページトップへ戻る