住まい

正直羨ましい!? 今どきの住宅購入資金事情と親から贈与を受けるメリット

正直羨ましい!? 今どきの住宅購入資金事情と親から贈与を受けるメリット

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

マイホーム購入は人生の中でも特に大きな買い物となり、資金計画がしっかりできていないと後々苦労したり、最悪の場合、せっかく購入したマイホームを手放さなくてはならなくなることも……。

そのため、できるだけ多くの頭金や余裕資金を作ってから購入することが望ましいのですが、そのときに頼りになるのが“親”の存在です。

女性のためのコミュニティサイト『ガールズちゃんねる』でも、『住宅購入の時に、親から援助受けましたか??』というトピックスが立てられ、親からの援助に対するさまざまな意見が飛び交っています。

170801jyuutakukounyuusikinenjyo

住宅を購入するときに親からの援助はあった? なかった?

トピ主さんは、友人がマンション購入の際に旦那さん側の両親から節税対策として2000万円もの援助を受けることについて、妬みがとまらないとのこと。

そこでトピ主さんは、「住宅購入のときに親からの援助がありましたか?」と問いかけています。

この問いかけについて、

『私の親から300、旦那の親から500です』

『私も1000万援助してもらいました』

『私の両親から50万、主人の両親からは300万ほど援助してもらいました』

『実親から500万、義理親から50万』

など、さすがに2000万とはいかないまでも「援助があった」という声は多く挙がっていました。もらえる人はかなりの金額をもらっているようで、羨ましい限りです。

しかし一方で、

『受けてません。親にちょこっと頭金の話したら、頭金すらも自分で払えないってことは身の丈に合わないものだからやめろって言われた』

『1円も援助してもらってません』

『ないよ。結婚したんだから金銭面は自分たちでがんばる。親にも、今まで手をかけてくれたんだから、自分のためにお金を使ってほしい』

『1円ももらってない逆に援助してるから』

など、「1円ももらっていない」とする声も多く挙がっています。

それぞれのコメントをざっくり見てみると、資金援助があった派となかった派は半々くらいというところでしょうか……。

ちなみに、わが家も住宅購入の際は親からの援助を一切受けていません。結婚して新しい家庭を持ったからには、自分たちでやりくりするべきだというプライドがあったためです。

住宅購入時の親からの資金贈与額は平均564万円!?

不動産情報サイト『アットホーム』が2014年に、子供が住宅を購入した際に購入資金を贈与した親300名と、
贈与していない親300名を対象に行った『住宅購入時の「親の資金贈与」実態調査』によると、購入資金を贈与した親の平均贈与額は564万円だったということです。

564万円あれば、自分たちで貯めた頭金がなくても十分な頭金になりそうですね。親の援助に頼れる家庭が羨ましくなる気持ちもわかります。

また、親子の居住地域が同じであった場合には、違う居住地域であった場合に比べて平均贈与額が203万円も多かったという結果が出ています。

子どもが自分たちと同じ居住地域(近所)に住んでくれるというのは親にとって大変嬉しいことですから、多く出したくなる気持ちもわかりますね。

親や祖父母からの住宅資金贈与には大きなメリットがある!?

親や祖父母から住宅購入資金を贈与してもらうことには、住宅購入資金の一部として利用できるというメリット以外にも大きなメリットがあります。

通常、親や祖父母から1年間で110万円を超える財産をもらう際には、『贈与税』がかかります。

しかし、住宅購入のための資金をもらう際には、一定額まで非課税になる『住宅取得等資金贈与の非課税』という制度を利用できるのです。

たとえば、一定基準を満たす消費税8%の住宅を購入する場合は最大1200万円まで(基礎控除額である110万円を足して1310万円まで)贈与税がかかりません。※『住宅取得等資金贈与の非課税』制度を受けるためにはいくつかの条件があります。

一般的な財産贈与を受ければ多額の贈与税が発生してしまいますが、住宅購入の際に住宅資金贈与を受ければ贈与税を支払わなくてよいというわけです。

そのため、子どもにゆくゆくは譲ろうと思っている財産がある家庭では、贈与税対策として住宅購入の際に贈与を行うというケースもあるということですね。

親から資金援助を受けても周りには言わないのがベター

なお、住宅購入の際に親から援助(贈与)を受けたとしても、友達など周りにべらべらしゃべらないのが身のためです。

お金の話はデリケートなものですし、誰もがみんな親から資金援助を受けられるわけではありません。

「自分で努力もしていないのに親からもらったお金でいい家に住んで……」などと嫉妬されたり、自慢されているだけというように受け取られたりしてしまいます。

いずれにしても、良い印象を与えないのは事実。自分たちで汗水垂らして貯めたお金で家を買った場合と、ほとんど親からもらったお金で家を買った場合では、印象が全然違います。

友情にヒビを入れないためにも、親からの援助(贈与)は内緒にしておきましょう。

【参考リンク】
住宅購入の贈与税と非課税枠 お金・制度編マニュアル | SUUMO
住宅購入時の「親の資金贈与」実態調査 | アットホーム

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

貴子(優くん、綾ちゃん)

貴子(優くん、綾ちゃん)

ママになっても自分の時間を大切にし、笑顔でいることで子どもたちも笑顔でいられるよう、楽しくやっています♪

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る