家庭学習・宿題

1週間なら大丈夫? 夏休みの旅行中に植物を枯らさない水やりテクニック

1週間なら大丈夫? 夏休みの旅行中に植物を枯らさない水やりテクニック

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ママライターのあしださきです。

幼稚園や小学校に通うお子さんをお持ちの皆さん、2017年の夏休みいかがお過ごしでしょうか?

楽しい旅行の計画やお出かけの予定もたくさんあるのではないでしょうか。

小学生の子どもが2人いるわが家では、旅行のときにとても気がかりなことが毎年あるのです。それは、“植物への水やり”です。

小学校では低学年のうちは“生活科”と呼ばれる、後に“理科”や“社会”へと発展していく科目があります。小学生をお持ちのパパやママたちはご存じの方も多いと思います。

その“生活科”で扱う教材が植物です。私の子どもたちは、1年生で“アサガオ”、2年生で“野菜の苗”、3年生で“ホウセンカ”を育てます。

それらを夏休み中に育てて観察日記を書いたり、野菜を収穫して食べたりするのが宿題になっています。お盆の帰省、国内や海外へ長期の旅行を計画していると、どうしてもこの植物たちの世話を考えなくてはならないのです。

メーリングリストサービス『らくらく連絡網』を提供する株式会社イオレが2016年7月に実施した『夏休みの宿題に関するアンケート』によりますと、「ご家庭での夏休みの宿題“あるある”なのはどれですか」という質問に対して、「家族旅行から帰ってきたら、観察日記の植物が枯れている」と回答している割合が8.8%となっていました。

“夏休みの宿題あるある”というカテゴリーに挙げられていることからも、同様のお悩みを抱えるご家庭が多く存在していることが推測されますよね。

そこで今回は、1週間ほどの旅行で家を空ける際の植物の水やりテクニックについて、筆者の実体験に基づいた方法をご紹介したいと思います。

170807ashidasaki

家にあるもので簡単にできる、水やりテクニック

この方法は、実家の植木の手入れによく来てくれていた植木屋のご主人から教えてもらったものです。

今はこの方法以外にもホームセンターなどに行けば便利な水やりグッズは簡単に手に入りますが、家にもともとあるようなもので十分だというのが正直な感想だったので、あえて便利グッズの紹介は割愛させていただきますのでご了承くださいね。

【用意するもの】
・10Lほど入るバケツ(バケツでなくても水がためられるものなら何でも)
・ホース(長さは適宜カットして使用)
・使い古しのタオルなど
・ブロックやレンガなどバケツを乗せることができるもの

準備はこれだけです。どれも家にありそうなものばかりですよね。

【方法】
(1)使い古しのタオルなどを細く切り(裂ければそれでも可)、ひも状にしておく
(2)ひも状のタオルをホースの中に通す(両方の端は15cm~20cmほどホースから出して)
(3)バケツに水を張り、植木鉢を置いた地面より少し高い台の上に置く
(4)ひも状のタオルを通したホースの一端をバケツに入れ、もう一端は植木鉢の土に埋める

これで1週間程度は水やりをしなくても植物が枯れることはないです。

実際筆者の家庭でもこの方法で旅行中を乗り切って、植物は元気に夏を越すことができました。

最後にアサガオの鉢を置く場所として注意しなくてはいけないのは、

・西日の当たる場所は避ける
・夜間に照明が当たる場所も避ける

ということ。ぜひ参考にしてみてください。


いかがでしたか?

「親は夏休みの宿題にとてもプレッシャーを感じている」というお悩みがコラムのテーマの裏には隠れているということ、お気づきになりましたでしょうか。筆者自身も含め周囲の子育てママたちからよく聞かれる意見でもあります。

筆者自身が子どもであったときと比較してみると、子どもが低学年でも高学年でも、夏休みの宿題に対して親の担う役割が多いというのが実感としてもあるのですが、皆さんはいかがお感じでしょうか。

自由研究でも読書感想文でも、植物の水やりでも、家庭でのサポートに頼る部分が非常に多く、大変です。

わたしも親である以上、子どもの手助けはできる限りしてあげたいと思っていますが、専門外のことは分からなくて困ることも多いのが現状です。

その1つとして挙げた今回のテーマ。“植物の水やりを旅行中どうするか”。このコラムを参考にしていただいて悩めるママたちの手助けになるように祈っています。

【参考リンク】
夏休みの宿題に関するアンケート(2016年7月) | 株式会社イオレ

ライター紹介

あしださき

あしださき

3人の子育てに奮闘中の母。大学では経済学を専攻し、インテリアコーディネーターの資格は29歳の時に取得した。大学在学中からモデルの仕事を始め、結婚、出産、育児を経験。第一子との親子共演CMを最後に活動を休止。特に印象的だった仕事は、NIKEの広告モデル。才能に溢れる多くの人に出会い、クリエイティブな世界に魅了された。活動はCM、化粧品広告、スポーツメーカー広告を多く経験。ファッション、ヘアメイク、インテリア、子育ての経験、さまざま織り交ぜながら、読んで楽しく役に立つコラムを連載していきたい。

ライター紹介

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

2児のママをしています。ママになってもオシャレを楽しみながら子育ても頑張ってHAPPYな毎日を過ごしていきたいです☆

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る