子育て関連情報

全学年対応ってホント? 小学館の学習雑誌『小学8年生』を買ってみた

全学年対応ってホント? 小学館の学習雑誌『小学8年生』を買ってみた

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

小学館の学習雑誌『小学○年生』。私たちが幼いころには毎月発売され、書店では平積みにされているほど人気があるシリーズでしたよね。

しかし、部数低迷により2009年以降に相次いで休刊されてしまいました。

2017年4月からは、『小学1年生』のみが販売されるという寂しい状況だったのですが………実はこのたび、新しい学習雑誌が創刊されて話題になっているんです。

その名も『小学8年生』。

小学8年生ということは、中学2年生が読むための雑誌? いえいえ、実はこれ、小学1年生から6年生まで全ての学年に対応した、新しいタイプの学習雑誌なんです。

今回は学習雑誌『小学8年生』の魅力と活用法を徹底解剖! もちろん実際に買ってみて、小学生や保護者さんたちの反応も見てみましたよ。小学生ママさんたち、どうぞ参考にしてくださいね。

170331iwa01-compressor

『小学8年生』……ネーミングに込められた思いとは

なんとも不思議な『小学8年生』というタイトルですが、この名前には作り手の深い思いが込められているんです。

表紙の8の字のロゴは、よく見るとデジタル数字の形。

電卓を思い出してください。デジタル数字の8は0〜9のどんな数字にも変身しますよね。

つまり、「学年を問わず、全ての小学生が楽しめる雑誌を作りたい」というコンセプトを濃縮したネーミングとなっているんです。

実際の紙面はどんな感じ?

さて、中身はどんな感じなのでしょうか。今回は『小学8年生 第3号』(2017年7月発売)を購入してみました。

目玉はやはり付録の簡易顕微鏡でしょう。小さなスコープ型ながら、倍率は30倍あります。夏休みの自由研究にピッタリのアイテムですね。

夏休み前に発売されたとあり、紙面も自由研究ガイドに多くのページを割いています。「自由研究テーマ30連発」は、すぐにでも使えるお役立ちコンテンツといえそうです。

読み進めていくと、ドラえもんのマンガを題材にした戦争特集、トランプ大統領と安倍総理大臣が登場する歴史マンガまであり、なかなかの読み応えです。

その他にも、CDジャケットやお菓子のパッケージなどで大人気のデザイナー・中村佑介さんが、小学生たちの書いた絵を1枚ずつ添削する「中村佑介先生の絵ヂカラUP!!教室」、さかなクンによる魚研究、メンタリストDaiGoさんによる読書感想文の書き方特集など、豪華メンバーが登場する雑誌となっていました。

子どもたちの反応は……?

この小学8年生、子どもたちはどう受け止めるのでしょうか。

夏休み中のある日、筆者宅に近所の小学生と保護者さんたちを集め、実際に読んでもらいました。

『自由研究や工作をどうしようか悩んでいて、いろいろ本とかネットを見ていたんだけど、この本に載ってるのが一番ピンときた。大きな写真つきで見やすいし、作り方も分かりやすく書いてあるのがいいと思った』(小学4年生女子)

やはり、自由研究特集は大人気の様子。

まだネタが決まっていないという子たちが大半だったため、友だち同士であれこれ言いながら読み込んでいました。

研究の方法だけでなく、よく見せるためのまとめ方まで教えてくれているのも嬉しいポイント。サラッと読むだけでも、かなり参考になったようです。

ただし、紹介されているネタの難易度は少々高めです。親が手伝わずに最後までできるのは、5年生以上かなという印象はありました。

『謎解きゲームのページ、マンガのページ、読み物のページ。たくさん読むところがあってビックリした!』(小学5年生男子)

小学8年生はそれほど分厚い本ではないのですが、中身がギュッと詰まっていて読むところが豊富なんです。じっくり読むとしたら、高学年の子どもたちでも何日もかかりそうです。

ということは、帰省のお供に最適なのでは? 移動が長くても、帰省先でちょっぴり退屈しても、この1冊があれば困らず過ごせそうですね。

低学年のお子さんを持つママからは、こんな感想もありました。

『小学1年生の娘にとっては、内容が少し難しかったようです。付録の顕微鏡も見るにはコツが必要で、1年生がうまく扱うのはちょっと厳しいものでした。3年生のお兄ちゃんは楽しく読んでいたので、学年でこれだけ反応の差がでるんだなと興味深く思いました』(30代女性/3年生男の子・1年生女の子のママ)

1年生と6年生の差は大きいもの。

全学年対応型の雑誌とはいえ、どちらも同じように興味を持ち、楽しめるのかといえばちょっぴり難しいようです。

わが家に集まった子どもたちを見ても、1年生や2年生は写真を眺めて喜んでいる感じ。記事を読み、理解できるのは3年生以上の子どもたちかなと感じられました。

小学館の学年雑誌は『小学1年生』だけまだ出されていますから、1年生のお子さんにはそちらのほうが楽しく読めるかもしれませんね。


いかがでしたか?

『小学8年生』は、小学校中学年以上のお子さんがいるご家庭ではとっても役に立ちそうな1冊でした。

気になるママさんはぜひ一度書店で手にとってみてはいかがでしょうか。ママ自身も、幼かったころのワクワク感を思い出して嬉しくなってしまうかもしれませんよ♪

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

REIKO(SORAくん、UTAくん)

REIKO(SORAくん、UTAくん)

男の子2児のママです。ファッションが好きで、夫と子ども2人と仲良く楽しく日々くらしています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る