防災・防犯対策

命の危険も? 夏休み中に子どもだけのお留守番で注意すべきポイント

命の危険も? 夏休み中に子どもだけのお留守番で注意すべきポイント

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。メンタルケア関係を中心に執筆しているメンタルケア心理士の桜井涼です。

共働きが多いこの時代、小3までは夏休みでも児童館などに子どもをお願いすることができます。しかし、小4以上となるとそれもかないません。

子どもだけで留守番させることは不安になることでしょう。今回、特に注意したい点を5つ挙げました。

これは、事故だけでなく、体調不良などさまざまなことを考えての注意点ですので、ご家庭の事情を踏まえて、親子で相談する話のタネとしていただければと思います。

170802sakurairyou

防犯対策

夏場だと、玄関は戸締まりをしても窓が開けっ放しになっていたなんてことも少なくありません。

子どもが塾などで外出する際は、窓の戸締まりもさせるように注意します。

また、子どもの在宅時に訪問客があっても鍵を開けないことが大切です。

どうしてもの場合は、インターホンやチェーンロックなどを利用して対応することを徹底させます。

電話は留守電にして出ないようにさせるか、親の携帯に転送する機能を使って出させないようにします(子どもだけで留守番していることを悟られないようにするためです)。

【まとめ】
・窓もドアもしっかり戸締まりを
・対応できる場合でもインターホンやチェーンロックのみの対応が必須
・電話は留守電か、親の携帯に転送して子どもを出させない

体のこと

暑い日が続くと、室内でも熱中症になってしまうことがあります。水分不足もセットと考えましょう。

アイスノンなどの保冷剤の使い方を教え、水分補給をするように話しましょう(ジュースではなく水やお茶などが望ましいですが、スポーツドリンクを用意しておくのもいいです)。

熱中症の初期症状(頭痛やぼーっとする、体が熱っぽいなど)が現れたときにどうするかを話し合って対処法を教えます。書き記しておくのもいいですね。

【まとめ】
・熱中症予防の対策を話し合う
・体を冷やす物や飲料水の準備をしておく

火のこと

火を使いたがる子どもが増えてきます。家庭科で調理を習ったり、理科の実験で火について学んだりしているからです。

しかし、火は火事を起こしてしまう原因となるものです。留守番時には火を使わせない(コンロも不可)ようにします。

マッチなど火を起こすものについても家に置かないようにしましょう。

火事は、家も家財道具も命も奪います。また、他人にも迷惑をかけてしまう危険なものです。ここについては、しっかり話し合わなくてはいけません。

【まとめ】
・親のいないところで火を使わないことを徹底させる
・なぜ火を使ってはいけないか、子どもと十分に話し合う(火の危険性について)

たまり場について

親がいないのをいいことに、留守宅が子どものたまり場になってしまうことがあります。

学校で“親が不在の家にはあがらない”という決まりごとがあっても、親のいない自由にできる空間を求めて集まってしまうことがあります。

家をたまり場にして、盗みや性的なことを目的としていたなんてことになったら、それこそ大変です。ネットを自由に扱えるようなお宅は特に注意が必要です。

親がいないときは家の中に上げないことを十分に話し合いましょう。時々、様子を見に来る大人(親戚や隣近所、ママ友など)がいれば、たまり場になってしまうことが防げます。

【まとめ】
・“親が不在の家にはあがらない”を徹底させる
・ネットにはセキュリティをかけておく
・近所の人やママ友と連携して時折様子見をする(子どもに来ることを伝えておく)

災害のとき

2017年4月に起きた熊本地震は夜間でしたが、日中に起こることも考えられます。

大きな地震が来たというときにどのようにやり過ごすか、地震がいったんおさまった後はどこへ避難するかなど、いざというときにすぐ行動が取れるようにします。

話し合って、ルールを決めておくことはとても重要です。

【まとめ】
・地震時に家の中のどの部分でやり過ごすか、避難はどこへするか話し合う
・震災だけでなく、何かあったときにどうするかルールを決めておく

おわりに

留守番は、子どもにとって一人の時間を楽しく過ごすことであり、ちょっと不安を持ちながら大人気分を味わう勉強の機会でもあります。

でも、各家庭で話し合ってルールを決めることは本当に大切です。子どもにとって、守らなければならないルールがあることを学ぶ良い機会となるでしょう。

【参考リンク】
夏休みは危険がいっぱい!? 子供の非行・被害を防ぐために | 政府広報オンライン

ライター紹介

桜井涼

桜井涼

新潟県佐渡島出身。親が転勤族だったため、幼少期より引越し・転校を多数経験しました。母親が病弱だったこともあり、「地球が滅亡しても生きていける!」と呼ばれている父の元、家事からサバイバルまでを様々経験してきました(そのワザが震災時に大活躍!)。4人兄弟の長として奮闘してきましたが、現在は、2児の母をしています。妊娠中と出産のハプニングを乗り越え、今はフリーライターとして活動中です!

ライター紹介

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

2児のママをしています。ママになってもオシャレを楽しみながら子育ても頑張ってHAPPYな毎日を過ごしていきたいです☆

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る