ライフハック

水温に要注意! 自宅でビニールプールを楽しむためのポイント3つ

水温に要注意! 自宅でビニールプールを楽しむためのポイント3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ママライターのあしださきです。

暑い季節のお楽しみ、水遊びをお家で手軽に楽しむことができるビニールプール。

わが家も毎年夏になると子どもたちに「出して!」とせがまれます。小5の長女もまだまだ楽しく遊べていますよ。

もちろん、流れるプールや波のプールがあるところへも遊びに行きますが、またそれとは違った楽しさがビニールプールにはあるようなのです。

まだ歩くことができない1歳前後のお子さんのいるご家庭では、「大きなプールへちびちゃんを連れて行くにはちょっと早いかも……」とお考えのパパ、ママも多いことと思います。

そんなご家庭にはビニールプールがピッタリですね。ちょっとしたベランダのスペースさえあれば十分に楽しむことができますし、少しの工夫で快適に涼しく遊べます。

そこで今回は、家庭でビニールプールを設置する方法や注意点を体験談に基づいてまとめてみました。

ぜひご参考にしていただいて、皆さんがこの夏快適で楽しい水遊びができますようにと願っています。

170731asidasakinew

(1)設置する場所の正確な寸法を測るべし!

『わが家には、ベランダぐらいの広さの細長くて小さな庭があります。子ども3人が楽しく遊べるようにと大きめのビニールプールをインターネットで購入。届いて設置してみると、サイズが思ったより大きく庭の幅いっぱいにピッタリはまった状態になってしまいました。素材がビニールなので尖ったものが当たると穴があいてしまうし、いつも出すときに苦労しています……。きちんと置く場所の広さを測ってから購入することをおすすめします!』(40代/3人兄弟の父)

まず、ビニールプールを家のどこに設置するかということは非常に大切なことです。

お庭なのか、ベランダなのか? またベランダなどはエアコンの室外機などが置いてあることもあって実際に自由に使えるスペースが限られてしまう場合もあるので注意が必要です。

お店で購入する場合は事前に必ず設置場所の広さを計測しておくことが必要です。

たとえ店頭で実物を見て「置けるだろう」と思ってもその感覚が案外当てにならないことはよくあります。インターネットでの購入の場合はより正確に測っておく必要がありますね。

(2)プールの下には少し厚みのある敷物を用意すべし!

『硬いタイルの上に直接ビニールプールを置いて失敗しました。遊び終わって片付けようと水の入ったプールをちょっと引きずったら……見事に穴があいてしまったのです。遊んでいるときも、子どもがはしゃいで飛び跳ねると「足が痛い!」と言っていたので、プールの下には厚みのあるレジャーシートのようなものを敷いて設置したほうが良いと思います』(30代/3歳男の子と5歳女の子の母)

設置する場所が決まったら、その場所に合った敷物も用意しておくと良いようですね。

例えば土のお庭なら、やはり片付けのときの手間を考えて、大きめのレジャーシートで土の出ているところを広く覆っておかないと大変だと思います。

なぜなら排水したときに必ず水が土に流れていって「ドロドロ」状態になってしまうからです。

排水もどの方向にするかをあらかじめ考えておくといいでしょう。排水口のある方向に向かって傾斜をつけてあまり広範囲に水が流れないように工夫すると片付けがぐんと楽になります。

(3)水は朝から汲んで温かくしておく! 遊ぶときはプールに日陰を作ろう

『幼稚園のお友達を何人か家に呼んでビニールプールで遊ぼうということになり、朝から準備で忙しくしていました。プールに空気を入れ、設置完了! と安心して水は後で入れようと。そのまま忘れて、お友達が来る直前に水を張ったら、「水が冷たい! 寒い!」と子どもたちはあまり遊んでくれず……。

朝からの準備が水の泡に。水は朝一で張って太陽に十分温めてもらわなくてはいけませんね。たとえ外が気温36度でも水温が低すぎては楽しめません。また、水温が低いからとカンカン照りの下にプールを出して、そこで長時間遊ばせるのも子どもの肌に良くないのでやめましょう! パラソルや日除けで必ず日陰を作って遊ばせることをおすすめします』(30代/6歳女の子の母)

ビニールプールはとても手軽に水遊びができて楽しいものです。しかし、その楽しさを最大限に生かせるようにするには多少の“計画性”も必要かも。

小学校に上がると授業でプールに入りますが、毎朝の気温と水温を細かくチェックして少しでも基準に満たない場合はプールを実施しません。

つまり、水温は安全にプールに入る上で重要な要素なのです。小さいお子さんが入るビニールプールでも同じように水温は大事。

水の量が少ないので、太陽の下に1~2時間置いておけば十分温まります。「今日は暑くなりそうだから、プールを出そうかな」と思ったら、朝一番に水を張っておくことをおすすめします!

また、長く楽しく遊ぶにはパラソルなどで日陰を作ってあげることもお忘れなく。


いかがでしたか?

実際の体験に基づいているのでとても分かりやすかったのではないでしょうか? この夏もビニールプールでお子さんと楽しく遊ぶことができますように!

ライター紹介

あしださき

あしださき

3人の子育てに奮闘中の母。大学では経済学を専攻し、インテリアコーディネーターの資格は29歳の時に取得した。大学在学中からモデルの仕事を始め、結婚、出産、育児を経験。第一子との親子共演CMを最後に活動を休止。特に印象的だった仕事は、NIKEの広告モデル。才能に溢れる多くの人に出会い、クリエイティブな世界に魅了された。活動はCM、化粧品広告、スポーツメーカー広告を多く経験。ファッション、ヘアメイク、インテリア、子育ての経験、さまざま織り交ぜながら、読んで楽しく役に立つコラムを連載していきたい。

ライター紹介

椎葉咲子(苺乃ちゃん、胡桃ちゃん)

椎葉咲子(苺乃ちゃん、胡桃ちゃん)

もうすぐ3姉妹のママになります! いつでも元気!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る