行事用ファッション

こんなハズじゃなかった! 浴衣を着て苦労した女性のエピソード3選

こんなハズじゃなかった! 浴衣を着て苦労した女性のエピソード3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

夏の楽しみのひとつである、お祭りや花火大会。家族や恋人と遊びに出かける予定を立てている人も多いのではないでしょうか。

せっかくのお出かけですから、普段とは違う雰囲気も楽しみたいところですよね。

そのなかでも特にウキウキとした気分にしてくれるのが、女性の浴衣姿。

男性はもちろん、女性本人も気分が変わり、上品な振る舞いになるということもあるかもしれません。

しかし、浴衣は想像以上に大変なことも多く、着ていって後悔したという人も少なくないようです。

今回は、女性が浴衣を着て苦労したエピソードや注意点をご紹介したいと思います。

170724yukata

(1)準備に時間がかかりすぎた

『浴衣を着るのが初めてで、お祭りを楽しみにしていました。ただ、思った以上に時間がかかってしまい待ち合わせに大遅刻。いきなり険悪なムードになってしまいました。その後も、慣れないため歩きにくく迷惑をかけっぱなしで全く楽しめませんでした。

お腹も苦しくて、お祭りのご飯もほとんど食べられず……。最後は「なんでわざわざ浴衣着てきたの?」とまで言われてしまいまい、散々な浴衣デビューとなりました』(20代女性/事務)

男性の中には、浴衣に対して涼しげな印象を持っている人もいるかもしれませんが、慣れていないと着るだけでも一苦労。

さらに浴衣を着る場合には髪型もアップにすることが多く、思った以上に手間がかかるものなのです。

それでも浴衣を着ようと思うのは、やはりいつもとは違うキレイな自分を見てほしいから。パートナーのリアクションひとつで苦労も報われるものです。

男性は冷たい言葉をかけるようなことは避けたいですね。

(2)鼻緒ずれで歩けなくなった

『初めて下駄を履いたら、数十メートル歩いただけで痛みが……。当日におろしたのが失敗でしたね。当然、その日は歩くだけで激痛で、花火を楽しむ余裕は全くありませんでした。しかも、当時一緒に行っていたのが付き合いたての人で、相手に「痛い」「疲れた」と言うことができなくて。詳しい人に少しでも話を聞いておくべきでした』(30代女性/主婦)

浴衣にはつきものの下駄。きちんと着付けて髪型もバッチリという人も、この下駄のことが頭になくて散々な目にあったということもあるようです。

履き慣れていない下駄は、鼻緒の部分がすれて痛みが出てしまうこともあります。

直接触れている指のあいだが痛くなるのはもちろん、固い履き心地が足全体の疲労を生み、歩き方も違うため体にまで負担がかかってしまうのです。

これを防ぐためには、事前に数回履いてみて、履き慣らす作業が必要。もしキツいと感じる部分があれば、鼻緒を手で伸ばすのも有効です。

また、初めて履くという場合には、購入するときにできるだけ鼻緒が柔らかいものを選ぶようにするといいでしょう。

(3)歩行中に帯が緩んでしまった

『きちんと着付けていたつもりですが、想像以上の人ごみで押し合いへし合いという状況になり、途中で帯がゆるんでしまいました。自分で締め直すこともできず動けずにいましたが、キレイに浴衣を着られている年配の女性を呼び止め、なんとか締め直してもらうことができました。一度着終われば安心というものではないんですね』(30代女性/編集)

浴衣は準備に時間がかかってしまうことは述べましたが、慌てて着てしまうと途中で緩んでしまうこともあります。

だらしない着こなしになってしまえばせっかくの浴衣も逆効果。

できれば着付け慣れしている人に頼み、帯だけでも自分で締め直しができるようになっておくと安心です。

応急処置レベルのものであれば、すぐに身に付けることができるでしょう。

また、慣れていないとトイレに行くのも大変です。洋式を選ぶ方が裾などを汚しにくくおすすめです。

大きな鏡がある場合には、後ろなど全体を見て、ゆるみが出ているところがないかこまめに確認するようにしましょう。


いかがでしたか?

普段と違う浴衣は、うまく着こなせば気分良くしてくれる素敵なアイテムとなります。

しかし、油断していると思わぬ苦労に見舞われることに……。楽しい夏にするためにも、しっかりと準備しておきたいものですね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

香南

香南

会社勤めをしながら、ダンスでイベントに出たり、ヨガのインストラクターの勉強をしています。今回、更なる自分の可能性を広げられたらとの思いで、モデルにも初挑戦しました。よろしくお願いします!

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る