職場の人間関係

新築の家で嘔吐!? 夫の非常識な同僚にイライラした体験談3選

新築の家で嘔吐!? 夫の非常識な同僚にイライラした体験談3選

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

仕事で出世をするためには、ある程度人付き合いがうまい方が有利だと言われています。

そのため、一家の大黒柱として働いてくれている夫が会社の人たちと仲良くしているのは喜ばしいことですが、時には同僚たちの非常識な行動に妻としてイライラしてしまうことも……。

そこで今回は、夫の同僚の非常識ぶりにイライラしたことがあるという方に、お話を聞いてみました!

douryou

(1)新築の家で嘔吐

『おそらく私が一生忘れないであろう出来事があります。半年前、念願のマイホームを建てたのですが、呼んでもいない夫の同僚たちが「新築祝いに来たよ!」と押しかけてきました。はじめは素直にうれしかったのですが、時間が経つにつれ皆お酒に酔ってベロベロ状態に……。

夫たちの宴会は朝まで続いたのですが、翌朝様子を見に行ってみるとビックリ! 一人は廊下の壁に向かって嘔吐していて、もう一人は寝たままお漏らしをしていました。新しい家が汚されたことがとてもショックで、思わずその場で泣いてしまいました。気づいた夫が申し訳なさそうにしてましたが、「二度と連れて来ないで」と激怒しました』(34歳女性/主婦)

何千万円のローンを組んでようやく手に入ったマイホームが、嘔吐やお漏らしで汚されてしまったら誰でも嫌ですよね。しかもそれが他人がやったことならなおさらです。

この方はキレイ好きな性格で、この新築の家をずっと清潔に保とうと思っていた矢先の出来事だったとのこと。

嘔吐された箇所の壁紙にはまだシミが残っており、それを見るたびにため息が止まらないそうです。

(2)連休の真ん中に飲み会を設定する同僚

『夫の独身の同僚にイライラします。普段は人当たりの良い人なのですが、いつもGWや夏期休暇などの連休の真ん中に飲み会を設定して夫を誘ってくるのが本当に嫌です。こっちは娘と旅行に行きたいのに、お人好しで誘いを断れない夫はそのままOKしてしまいます。そのおかげで一昨年も去年もせっかくの連休がパーです。独身で寂しいのは分かるけど、家族がいる夫を連休中に誘うって本当どうかしてると思う。配慮がなさすぎです』(38歳女性/事務)

“独身の同僚”問題は結構深刻ですよね。所帯持ちの人でも平気で遊びに誘ってきて、家族で一緒にいる時間を奪い取っていきます。

独身の時分には家族のいる生活が想像できないのも分かりますが、多少は気を遣ってほしいものですよね。

こういう人はおそらく自分が家庭を持つまでは分かってくれないと思います。

(3)運転手係にされる

『うちの旦那の会社はやたらと飲み会が多い会社で、毎週のようにやってます。私たちには子どももいないのでそれは別に構わないのですが、毎回飲み会の終わりに呼ばれて運転手係にされるのがストレスです。こっちは夫を迎えに行ってるだけなのに、着いたら必ず同僚が3人ほどいて、「俺もいいかな?」と乗り込んできます。タクシー代わりに使うな! とイライラしますが、キレてしまうと夫が職場で気まずくなると思うので我慢しています。せめてガソリン代くらい払ってほしい』(42歳女性/販売)

これも地味にストレスを感じるエピソードですね。

夫としては「うちの妻が送るから」と大見得を切っているのでしょうが、実際に運転させられる妻からしたら複雑な気持ちになりますよね。

せめて気持ち程度にガソリン代がもらえればいいのですが、それもナシではイライラしてもしょうがないでしょう。

非常識な夫の同僚への対処法

非常識な夫の同僚にはどう対処すればいいのでしょうか。

まずは“夫に正直に伝える”ことが大切です。「夫が仕事しづらくなるから」と我慢してしまうと、夫も同僚もあなたが何も感じてないように錯覚してしまいます。場合によってはどんどんつけ上がってくる可能性もあります。

同僚の言動によって不快だと感じることがあるなら、夫に正直に伝えてみましょう。まずはそこからです。

もし、夫に伝えても何も対策を取ってくれないようなら、“鬼嫁キャラ”になって冷たい態度で接するのも効果的です。

“笑わない・相づちを打たない・夫を睨む・遠回しに嫌味を言う”などの態度を取ることで、同僚たちに居心地の悪さを感じさせましょう。頻繁に家に来たり飲み会の帰りに運転手をさせられるのは、極端に言うと相手側の“甘え”です。

「この人ならある程度のことをしても怒らないだろう」と無意識のうちに思っているはずです。その意識を「おっかない鬼嫁」に変えることで、再発防止につなげることができます。


いかがでしたか?

夫の同僚との関係性は微妙なところがありますから、不快に思うことでも我慢してしまう人は多いでしょう。

しかし、それで家族の絆が壊れたり、自分自身にストレスがかかったりするようなら、何らかの対処を取る必要があります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

●文/パピマミ編集部

ライター紹介

大上留依(莉瑚ちゃん)

大上留依(莉瑚ちゃん)

2児のママです。自分の時間も大切にしつつ、パワフルファンキーママで頑張っています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る