スキンケア

マイナス5歳は確実? 年齢を感じさせない“若見えママ”の特徴

マイナス5歳は確実? 年齢を感じさせない“若見えママ”の特徴

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ママライターのamuです。

肝っ玉母ちゃんや、ちびまる子ちゃんのお母さんが日本のお母さん像だったのは、今や昔。最近は「子どもがいるように見えない!」と言われるママが多いですよね。

年齢を聞いてびっくりすることもしばしば。そこで、まわりで話題に出るくらい若く見られる人の特徴に注目してみることにしました。

170727amu

娘が通っていた幼稚園の副園長先生は、いつも美容院に行ったばかりのように髪型がばっちり決まっていて、お孫さんがいるようにはまるで見えませんでした。

やっぱり、きちんと手入れされているか一目でわかる髪の印象は大きいですよね。

『艶やかでボリュームがあること、毛先がパサパサじゃないことが大切』(30代/小5女の子のママ)

『つい後ろでひとつに結んでしまいがちだけど、編み込んだりひと手間加えたりしている人は素敵だなと思う』(30代/小5男の子のママ)

『ある程度年齢がいくと、ロングよりショートやボブのほうが清潔感があって若く見えることも』(30代/小5女の子のママ)

これは、吉瀬美智子さんや石田ゆり子さんなどの芸能人を見てもうなずけます。

それから私の統計では、毛先を内巻きにしているママは若く見える気がします。コテより、ヘアアイロンで伸ばすように内に巻くのが楽だしおすすめです。

それから、こまめにチェックしたいのが、白髪の存在。

どんなにおしゃれをしても白髪が一本見えるだけで一気に年齢を感じてしまうので、根元で切るなど対策したいところです。子どもに頼むと、案外楽しんでくれていいですよ。

若いときは、高価な化粧品を使っても効果がわからないくらい、肌は潤ってピンと張っていましたよね。それが、毛穴やテカリや乾燥やシワやシミ……。

何度も曲がり角を曲がって、鏡を見るのが憂鬱になったというママも多いです。だからこそ、きれいな肌は目立つのです。

『顔がたるんでいない、ほうれい線がほとんどないと、やっぱり若く見える』(40代/小5女の子のママ)

いつも笑顔でいることで口角が上がり、リフトアップ効果があるそうです。また、顔を洗うときに耳の下のリンパに向けて流すようにマッサージするのもおすすめです。

『色白で透明感があるママは、日傘や日焼け止めで日焼け対策をしていて見習いたいと思った』(30代/小5男の子のママ)

昔は日傘といえば黒か白、また年配の方が持つイメージでしたが、最近はかわいいものも増え若いママもさしていますよね。

私もその影響を受けて、ネイビーで柄がゴールドでコロンと丸いフォルムのかわいい日傘を買いましたが、上からの日差しを遮るだけでかなり涼しくて驚きました。

それから、化粧が濃いより薄いほうが若く見えるという声も。

若いときのような極太アイラインや、時代に合わない細眉、パール乗せすぎアイシャドウなどではなく、ナチュラルな艶感を大事に。

ただ、唇の色などは悪くなりがちなので、何はともあれ口紅だけは必ず塗るようにするといいと思います。

私も、口紅を塗らないと体調悪い? と聞かれることがあり、他は手を抜いてもそこだけはしなきゃと思っています。

それから、手の甲がしわしわだったり、首の皮がたるんでいたりすると老けて見えるという声もあったので、ハンドクリームをこまめに塗ったり、化粧水などを首まで伸ばしたりするなどして、ケアをしていきましょう!

スタイル

かわいいダンスの先生が、まさかのアラフォーで驚いたことがあります。

中年太り知らずの均整のとれたスタイルは、やっぱり日々のストレッチの賜物なんだなぁと改めて感じました。

『若いときと違って腰回りに肉がつくから、全体的に厚みが出て、より太ってみえるのが中年太り』(30代/小5女の子のママ)

そうなんですよね……。ここにお肉をつけないためには、ベリーダンスのように腰を回したり振ったりするといいそうです。これなら、歯磨きのときにできそう!

また、背中のお肉が気になるからぴったりした服は避ける、痩せていたときのきついブラをしないというママもいました。

逆にストイックな友達は、食べ過ぎ防止に、体のラインがわかりやすい服を着ていたので、こちらもご参考までに。

『痩せすぎていないことも大事』(30代/小5女の子のママ)

げっそりしているくらいなら、少しふくよかなほうが若く見えるという声もありました。

ファッション

高校生のときは背伸びした大人っぽい服、就職したら社会人らしい服、出産したらママっぽい服と、その時々の年齢に合わせたおしゃれをしてきた人が多いと思いますが、30代後半になると、いよいよどんな服を着たらいいのか本気で悩む人も多いと聞きます。

『ショーパンはきつい。胸元見せるのも』(30代/小5女の子のママ)というように、露出はNGになったり、『流行を追いすぎて若い子と同じ服を着るのも気まずい』(30代/小5男の子のママ)というように、着れる服が少なくなっていくと感じたりするとの声多数。

毎年着られるようなシンプルなものを選ぶようになっていく人が多いです。

アースカラーやグレー、ネイビーなどに差し色を入れるくらいのほうが、清潔感があり、好感度が高いと言えるでしょう。

流行のものを取り入れつつ、全体的にはシンプルにするのが、アラフォーアラフィフに向けてのおしゃれかなと思います。

もちろん、ど派手で超個性派のファッションなどを着こなしている方もとても素敵だと思いますが、エレガントさや落ち着き、安心感を与える質のいいファッションのほうがきれいに見える気がします。

歯並びがきれいで歯が白いと、若々しく見えますよね。年齢を重ね、歯周病になると歯茎が下がって歯が長くなると聞き、私も定期的に歯医者さんに通うようにしています。

歯石をきれいに取ってもらうこと、歯間ブラシをすることが大事だそうです。

それから、ブラッシング指導で驚いたのが、思った以上に弱い力で磨いたほうがいいということ。まるで撫でるように歯茎と歯の境を磨いてもらったのが衝撃でした。

雰囲気

オーラって、大事ですよね。姿勢がいい、動きがきびきびしているなど、元気なイメージは若いイメージにつながります。

『声が高いと若く見える』(30代/小5女の子のママ)

これは、意識的に高い声にすることもできるので、気をつけてみたいところ。電話で話すときの声をキープできたらマイナス5歳確実です。

また、趣味や友達が多くアクティブだったり、お茶目な雰囲気だったりする人も若く見えます。そのために必要なのは、笑顔!

口角が下がっていると、疲れているように見えてしまいますもんね。


以上、いかがでしたでしょうか? パッと見たときの全体の雰囲気が明るい印象になるよう、いつも笑顔で姿勢よく、はつらつとしていたいですよね。

ライター紹介

amu

amu

内気な文学少女が、ガングロギャルや社会人を経てママに。SNS、オフ会、幼稚園、小学校役員、習い事、ママチアにママバスケ、友達の友達……と輪が広がっていき、気づけばママ友100人できました。春夏秋冬、口実を見つけては飲んでいます。飲酒時は、どこまでもハッスルし伝説を残すため、ママ友にはレジェンドと呼ばれています。小学生の娘には、ピアノ、図工、ダンス、英会話、通信教育を習わせる教育ママ。どんな芽が出てどんな花が咲くのかな? と楽しみにしながら、日々送り迎えに励んでいます。趣味は、愛犬と戯れること、ドライブ、読書、着物、料理、プチ旅行。

ライター紹介

杉村智子(まさとくん)

杉村智子(まさとくん)

笑いの絶えない毎日を目指しています♪ 子育てをしながら、ママも赤ちゃんも楽しめてhappyになれるように頑張ります♡

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 子育てイラストコンテスト記事大募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る